中野由紀子さんとのコラボレーション 3                  Storytelling&Modern 編


c0089310_95109.jpgそれぞれにストーリーがある、中野由紀子さんのガラス。

透明なガラスの中に、物語の世界が広がります。

これは、約2×2cmの小さなガラスの中に、夕陽と飛ぶ鳥が描かれています。
お家に帰るところでしょうか。


c0089310_9542751.jpg
ガラスがそのまま1枚の絵になっているので、額を下げるように両端からネックレス部分をのばしてみました。

つかっているのは、やさしい色合いのシェル(貝)のビーズ。
夕陽のような色合いのカーネリアンを、後ろのアジャスター部分に飾っています。

すこし長めにして、タートルネックの首元にも映えるようにと思いつくりました。



c0089310_1064394.jpgグリム童話の「ブレーメンの音楽隊」が気泡で描かれたガラス。

年をとったり、役に立たないといわれて、それぞれご主人さまの家から追い出されたロバ、犬、ネコ、オンドリは、ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと旅をします。

その途中に出会った泥棒を、4匹が知恵をしぼって撃退している場面です。

c0089310_10495412.jpg森のような深い深い緑のガラス。
その上には、金色に輝くヴェネツィアンガラスのお月さまを添えています。

ワイン色の石はガーネット。
"困難を前向きに乗り越えるようサポートし、勇気を与え、実りをもたらす"という意味を持っています。

緑の石はモスアゲート。
"勇気と行動力を身につけ、失敗や不幸にも負けず前進する力を与える"という意味があります。


わたしはいつも意味を考えて石を選んでいるわけではないのですが、質感や色などが合っていると思うものを選ぶと、不思議と作品のテーマにぴったりなことがよくあるのです。
クリスマスっぽい色合いも、今の季節の気分です♪


c0089310_1053680.jpg
群青色のちいさなガラス。
中に一粒のちいさな気泡が浮かんでいます。

これから水面に向かって暗い海の中を上昇していくような、そんなストーリーを感じる強い印象のガラス。


c0089310_10595183.jpg


ちいさくてもジュエリーのようなインパクトがあるので、シンプルなボールチェーンを合わせました。

波のように揺れる3重のボールチェーンが、とてもエレガントなペンダントです。

トップは着脱可能になっているので、お手持ちのチェーンや革ひもなどとも合わせていただけます。




c0089310_1144631.jpg

早春の野原の輝きを思わせる、ピンクと薄緑のガラス。

ほのかな光を湛えるシェルのビーズを合わせています。



c0089310_11104914.jpg


鎖を長めにしているので、いろいろな服と合わせていただけます。
エレガントなスタイルにも、Tシャツにも似合うようにと思ってつくりました。

シェルがポイントになって、上品な輝きです。
春に向かう季節に似合いそう。






c0089310_12193036.jpg

こちらのイメージは、赤と白のスイス国旗!

さんごをつかって、モダンな感じに仕上げてみました。





c0089310_12254926.jpg



シルバーと赤のさんごって、あまり見たことがない組み合わせですが、合わせてみたらとっても素敵だった。

白のタートルネックや白いTシャツに映えそう。
コーディネートのポイントにどうぞ。



c0089310_1233486.jpg

こちらはシンプルでモダンなスタイル。

c0089310_1233463.jpg







薄いグリーンの色がついたスクエアなガラスに、穏やかで上品な輝きの淡水パールを合わせています。
この作品わたしもお気に入り。





c0089310_12401388.jpg流線形のガラスに、淡水パールをひと粒合わせました。

貝のような、いまにも落ちようとしている雫のような、ザハ・ハディッドの流線形のデザインのような、たくさんのインスピレーションをもらえます。

そして、裏の色はショッキング・ピンク!


c0089310_12451889.jpg
実はこのガラス、お預かりした時に、いったいどんなふうにつくろう。。といちばん悩んだガラスでした。

シンプルなペンダントにしたら、こんなにエレガントになって、ほんとうに驚いた。


そして、あまりに気に入ったので、私がお買い上げさせていただきました。
街でこれつけてる人がいたら、私です(笑)。





c0089310_1333679.jpgお預かりしたガラスのトップたちは、すべてが中野さんの手による、完全なオリジナル。

天然石も、ひとつひとつ違った色と質感を持っていて、同じものはありません。

「いま、このとき」の私たちも、過去にも未来にも存在しません。


c0089310_1319127.jpg
そんな個性たちが偶然に出会った。

「いま、このとき」の材料と人の、流れとめぐり合わせによって、今回のコラボレーションが誕生しました。

たくさんの偶然を経て、自分の手を通ることになった作品たち。
そんな作品たちが、それをつけてくださる方に、日々の生活を楽しく過ごすお手伝いができますように。



今回の中野由紀子さんの個展のDMに書かれている言葉、とっても素敵だと思いました!
 "テーブルの上に、小さな光を少し
 感じていただけたら幸いです。"


わたしも、自分がつくるアクセサリーが、つけてくださる方にとって、毎日の生活の中での輝きになるようにと思ってつくっています。
それで自分のアクセサリーのブランド名をLumiere(リュミエール)とつけました。


c0089310_13225352.jpgリュミエールはフランス語で"光"の意味です。

ポジティブな意味を持つ天然石をつかったアクセサリーの輝きが、つけてくださる方の毎日の生活の中の"光"になれば、とっても嬉しい。

光は希望の象徴。
中野さんとわたしとの活動が、たくさんの人の幸せにつながればと思っています。


今回のコラボレーションのお話をくださった中野由紀子さん、
本当にありがとうございました!!
中野さんのつくった物語と過ごした時間、とっても楽しかったです。
お手伝いさせていただいて、ほんとに嬉しかったです。
お会いできてよかった。


中野さんの個展は明日まで。
お近くをお通りの方は、ぜひお立ち寄りください。

中野由紀子さんの紹介はこちら


Yukiko Nakano
glass works


2008.12.9(火)~12.14(日) open 10:00 close 18:00
最終日は17:00まで

クラフト&ギャラリー 幹
〒710-0046 倉敷市中央1-6-8 tel&fax 086-422-7406
[PR]
by songsforthejetset | 2008-12-13 13:44 | アクセサリー・Lumiere | Comments(2)
Commented by アトリエ at 2008-12-14 18:53 x
素敵なコラボでしたね~
本物をみせていただきましたが、画面で見るよりさらに素敵。
身につけると、息をして変身するんでしょうね。
Commented by songsforthejetset at 2008-12-14 21:32
今日来てくださってありがとうございました!!
お会いできてよかった♪

わたしもギャラリーに飾っていただいているのをみて、きれいに見えて感動で、ゆきんこさんがつけていらっしゃるのを見て、さらに感動でした。
アクセサリーは人がつけてはじめて生きるという気がします。
<< 中野由紀子 glass wor... 中野由紀子さんとのコラボレーシ... >>