三人展のご報告 その3  作品について


三人展に出品した、お気に入りの作品をいくつかご紹介します。

c0089310_2123589.jpgレディ・グレイの矢車菊

美しいエナメルの矢車菊のトップをみつけて、はじまった作品。

トワイニングの「レディ・グレイ」っていう紅茶をご存知ですか?
アール・グレイの紅茶をベースに、フルーツがブレンドされた、香り高いお茶で、美しいブルーの矢車菊の花びらが入っているのが特徴です。

アール・グレイは、1830年代にイギリスの首相を務めた、チャールズ・グレイ伯爵の名前に由来した紅茶です。

じゃあ、レディ・グレイって奥さんかな??
と思い、調べてみたところ、なんと奥さんはグレイ伯爵との間に16人の子供をもうけたとか!

c0089310_21245055.jpgそんなお話を想像していると、自然に、マザーオブパールとガーネットをつかった、どこか古風な香りのするデザインが生まれました。

真珠色のマザーオブパールは、真珠の母貝。
母のようにやさしい心と大きな愛情をはぐくむという意味を持っています。

ざくろ石という日本語名がついているガーネット。
生命力を高めるという意味を持つ石で、十字軍の兵士がお守りにして持っていたというくらい、古来より大切にされてきた歴史をもっています。
ジェーン・オースティンの小説に出てくるような、静かだけど内面は情熱的な女性のイメージがあります。

どちらも安産のお守りとしてつかわれることがあるので、レディ・グレイにぴったりだと思いました。

イギリスの上流階級のお嬢さんの、お茶の時間の胸元に輝いているような、そんなイメージでつくったネックレスです。


c0089310_21253157.jpgデザインが気に入ったので、ゴールドバージョンもつくりました。

こちらはマザーオブパールと淡水パール。
母貝と真珠。
お母さんと子供^^


c0089310_2126272.jpg



こちらはぐっと華やかなイメージになりました。
芦屋とかに住んでいらっしゃる、現代の良家のお嬢さんのイメージ。

デザインはまったく一緒なんですが、素材と色の選び方で、まったく別の作品みたいですね。

どちらも、とてもお似合いの方に連れて帰っていただけたので、とっても嬉しかったです!



c0089310_21263230.jpgアール・グレイの虎

「アール・グレイ」という紅茶が生まれたエピソードのひとつに、
"マハラジャの子供が虎に襲われているのを、チャールズ・グレイの部下が救ったので、そのお礼につくりかたを教えてもらった"
というお話があって、これは本当ではないそうなのですが、なんだかロマンを感じる話です。。

トップに使ったシトリンの縞もようが、何度みてもトラっぽいので、ご主人版をつくりました。


ガーネットとルチルクォーツを合わせたので、アール・グレイのごとく優雅に出世しそうなイメージの作品になりました。


c0089310_2127839.jpgHeart of Rose

水晶でできた薔薇。
うれしくてペンダントにしました。
合わせたのは、キラキラと輝くカットがはいった水晶と、ちいさな淡水パール。

人間の体には、気の流れをスムーズにするチャクラという"つぼ"のようなポイントが7つあります。
その4番目、愛情を豊かにするハートのチャクラの位置に水晶の薔薇がくるようにつくっています。

薔薇は聖母マリアを象徴する花といわれ、幸福を呼ぶモチーフのひとつです。
水晶は強い浄化能力を持ち、邪気を払い、心をクリアに保つという意味を持っています。

これをもつ方が、毎日を健やかに、美しく、楽しく過ごしてほしいと思ってつくった作品です。


c0089310_21274366.jpg人魚姫の宝物

美しい海に住んでいる人魚姫。
今日も海の中をお散歩に出かけました。

時々、きれいな指で貝をぱかっと開けては、中に入ったいらないものを取りのぞいてあげています。
貝はたまに石とかを飲み込んじゃうので、取ってもらえるととてもうれしい。


c0089310_21291339.jpgごくたまに、長い間貝の中にあった何かのかけらが、美しい真珠色に輝いていることがあります。
人魚姫はそれを大事にとっておいて、じぶん用の素敵なアクセサリーにするのです。

今日もまたいくつか、きれいなかけらを見つけました。
この前からつくっている、ブレスレットのつづきができそうです。


c0089310_2130453.jpg




この前じぶんでつくったネックレスとピアスをしていたら、アカウミガメのお姫さまが、とってもほめてくれて、うれしかった。

今度は、アカウミガメのお姫さまにもなにかつくってあげようと、楽しい気分でお散歩を続ける人魚姫なのでした。



c0089310_21312472.jpg魔法のボトルのネックレス

まだまだ先ですが、人間の王子さまに恋をした人魚姫は、海の魔女にお願いして、尻尾を人間の足に変える魔法の薬をもらいます。

その薬がはいっている瓶は、がーねっと、という人間の世界の宝石でできていて、海の魔女が人間の乗っていた難破船の宝箱からみつけたものです。

神秘的な色合いが、いかにも効きそうな薬のイメージなのです。



c0089310_21322865.jpgOceanus

深い深い海の色をした、フローライトのネックレス。
人魚姫がいる海は、もっと明るい海。
こんな色の深海には、行ったことがありません。
噂に聞く、ダイオウイカのお姫さまや、マッコウクジラのお姫さまに、いつか会ってみたいなって思う人魚姫なのでした。


c0089310_2133537.jpg今回、海を連想する作品をいくつかつくりました。
これは7月に訪れた、モナコの海洋博物館に行った時の印象を作品にしたものです。

現在のモナコの繁栄の基礎をつくったアルベール一世は、海洋学者でもあり、当時の最新設備を備えた海洋博物館をつくりました。

海のロマンにあふれたこの博物館、わたしがモナコで最も好きな場所のひとつです。



c0089310_21334570.jpg朝霧のワインヤード

朝の霧の中にけむる、収穫前の葡萄畑を思ってつくったシリーズです。

透明なアメシストは、森の中の深い湖のような輝きを湛え、豊穣の季節の葡萄の滴のよう。
表面が様々な色に輝く淡水パールは、朝の光に輝く霧のようです。


c0089310_21395938.jpg上はブレスレット、こちらはネックレス。
とても気品ある、エレガントな作品になりました。

今回、チョーカータイプのネックレスをいくつかつくりましたが、後ろのアジャスターを通常のものより長い6~7cmにして、いろいろな長さでつけていただけるようにしています。

タートルネックにも対応していた方がいいですものね^^


c0089310_21444945.jpgLacryma Christi

「キリストの涙」という意味のイタリアのワインの名前をつけました。
ガーネットと淡水パール。
アンティーク調の金色の薔薇を合わせました。

豊潤なワインを思わせる、ガーネットの色合い。
パールと薔薇はともに聖母マリアの象徴です。

深いやさしさを感じる作品になりました。





c0089310_21575443.jpgマリー・アントワネットのどんぐり

大粒の淡水パールをつかって、どんぐりをつくりました。

ロココ調な形と色合いに、マリー・アントワネットの身のまわりの品の装飾にありそう。。と勝手に命名。



c0089310_2222045.jpg

つけたところもとっても可愛くて、ご自分用にも、プレゼントにも大好評でした!

6cmのアジャスターをつけていますので、もうすこし長めでもつけていただけます。
プリティなどんぐりです。




c0089310_22183180.jpg10金のチェーンのちいさなネックレス

今回、はじめて10金のチェーンをつかってつくりました。
いろいろな天然石の、ちいさなちいさなネックレス。

以前から、色がはげてしまう心配がなく、長く使っていただける作品をつくりたいと思っていました
10金だったら、18金よりもお手頃な価格で、それほど変わらない輝きなのです。


c0089310_22133883.jpg

自分が勇気をもらいたいと思う石を、お守りのように、毎日身につけていただけるようにつくりました。

左から、インカローズの薔薇、丸玉のインカローズ、ピンクオパールと淡水パール、さんごと淡水パール、四角いインカローズ。


c0089310_22205214.jpg左から、ルチルクォーツ、水晶、ルビーと淡水パール、淡水パール。

そのほかにも、ローズクォーツ・水晶・ラピスラズリの薔薇、アクアマリン、淡水パール、ハウライトターコイズ、ラピスラズリの一粒のものや、淡水パールと組み合わせたものをつくりました。

こちらもご自分用に、プレゼントにと大好評でした。

c0089310_22484250.jpg通常の40cmの長さと、鎖骨のくぼみにぴったりはまる短めの長さと、2段階に調節できるようになっています。

女性は幸せを吸収するスポットが鎖骨と鎖骨の間にあるそうなので、良い気をいただきたい時には首元を出しておいた方がいいそうです^^




c0089310_2302844.jpgAmarantine 永遠の花

今回いちばん最初につくって、いちばん印象に残った作品。
会期中も大反響でした。

直径3.5cmの、大きなスワロフスキーのお花のリング。
エンヤの"Amarantine"のイメージでつくりました。

スワロフスキーのかわいいお花のデザインの置物があるのですが、アクセサリーにはなっていなかったので、しずく型のスワロフスキーを贅沢に使ってつくってみました^^
素敵なのができてとても嬉しかったです。

大きなリング、最近流行っていますが、これは最上級に目立つことうけあいです。
ジーンズなどのカジュアルなスタイルにも素敵です。


こうやって作品を振り返っていると、とっても楽しい。

今回、来てくださった方とお話していて、天然石、パワーストーンがお好きな方が多いんだなあって実感しました。
わたしも大好きなので、オシャレな感じにつけられるようにと思ってつくっています。

これからも、つけてくださる方に喜んでいただける作品をつくっていきたいです。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-10-26 23:31 | アクセサリー・Lumiere | Comments(4)
Commented by maga-ri at 2009-10-27 17:13
どれも素敵なお名前ですね^^
名前が付くことで、より作品が生きてくるように感じるから不思議です。

先日は倉敷でバッタリお会いできたにも関わらす、ピアスのお礼も、ネックレスのお礼も言えず・・・
その節は本当にありがとうございました!
あのピアスを付けると顔周りが華やぐ感じでとても気に入っています^^
プレゼントのネックレスは、ちょうどあの日の夕方お渡しできました。
箱を開けた時の、「わぁ!(これがいいわって言ったの)聞いてた?」と うれしそうに仰ったお母様のお顔を、makiさんにも見せてあげたかったー
で、長さですが、ぴったりでしたよ!!
「どこにお出かけしよ」「わぁ、どこにお出かけしよ」と繰り返し言われていました。
“朝露のワインヤード”覚えておきますね。
この度は 本当に本当にありがとうございました!
Commented by songsforthejetset at 2009-10-28 01:32
ありがとうございます!
名前、つくってると自然につくのですが、なんか恥ずかしいので昔は書いてなかったんです。。
だけど、書いてみたらすごい好評なので、嬉しいです。

朝霧のワインヤードは、実は「バッカスの神殿」っていう名前だったんですが、わかりにくい気がしてこちらにしました。
ギリシャ神話 バッカスとアメシストのお話
http://jw12.net/shinwa/bacchus.html

ピアスお似合いで、わたしもすごく嬉しかったです!!
マザーオブパールとフローライト、maga-riさんの笑顔によく似合う優しい印象でした^^
ネックレスも喜んでいただけましたか!!
長さもぴったりでしたか。よかった~!

トップのアメシスト(紫水晶)と水晶は、どちらも持つ人を守護し、清浄なパワーで運気を高めるという意味を持っていて、アメシストはよりスピリチュアルな力が強いと言われています。
淡水パールは、愛情を深め、金運をサポートし、女性の運気を高める意味を持っています。
また、キラキラ光るものは、魔除けにもなり、幸運を呼びこむといわれています^^
こちらの意味もぜひご一緒に。
喜んでいただけてなによりです♪
Commented by whey.prote at 2009-12-07 05:55 x
Very extraordinary site.
The content here is genuinely valuable.

I will give it to my friends.

Cheers
Commented by Foreign Ex at 2009-12-20 11:57 x
I somehow dont agree with a few things, but its great anyways.
<< 曹源寺にて 三人展のご報告 その2  あり... >>