1/27(水) 岡山のアパレルメーカー 株式会社タカラさんのイベントに出展させていただきます♪


作品展が終わって間もないですが、次は岡山のアパレルメーカー、株式会社タカラさんのブランド、Karat(カラット)のイベントに出展させていただきます♪

1月27日(水)の10:00から20:00まで、柳川交差点北にある、株式会社タカラショールームでの開催です。(地図はこちら

昨年10月の三人展に、タカラのご担当の方がお越しくださったことがきっかけで、今回のご依頼をいただきました^^
ありがとうございます!!


c0089310_9355361.jpg先日打ち合わせにお邪魔してきました!
こちらがショールームです。

それまで場所をお伺いしても、いまひとつピンとこなかったのですが、行ってみて、わかった!!
今までしょっちゅう前を通ったことがありました。。

このショールームは昨年の9月にオープンしたばかりなのだそうです。


c0089310_9372675.jpgこちらがショールームのお隣にある本社ビルの玄関です。
株式会社タカラさんは、なんと60年の歴史を誇るアパレルメーカーなのだそうです!

アール・デコ風な、近代建築っぽい建物がとてもオシャレで、前を通るたびに気になっていました。

道を挟んだお向かいにある、中国銀行富田町支店の建物と、よく似合っています。

岡山在住の方なら、必ず一度は前を通ったことがある建物ではないでしょうか。
わたしもpieniに行くときには前を通っています^^



c0089310_941935.jpgこの打ち合わせの時に、はじめて服を見せていただいたのですが、縫製がとても美しいことにびっくり!!

わたしはすこし洋裁を習ったことがあるのですが、一目見て、きっちり仕立ててあることがかりました。
良い縫製の服が持つ、独特の感じ。
ドレープの出方など、とても美しいのです。

ちょうどその時お持ちしていたロザリオを合わせてみました。
上品でストイックな印象の、コクーンシルエットのワンピースにぴったりです。
このワンピースのご紹介はこちら


担当のNさんに、服がとても上質ですねとお伝えしたら、びっくりするようなお話を続々とお伺いすることになりました!

なんと、株式会社タカラさんは、国内のトップブランドの服の縫製を手掛けられている会社で、誰もが知っている一流メゾンのコレクション用の服の制作もなさっているのです!!

そしてなんと、すべてが国内生産!!!

「日本人の着る服は日本人で」
というのが、社長さんがいつもおっしゃっていることだそうで、ずっと国内生産を続けてこられたのだそうです。

もともとは小豆島発祥の会社でいらっしゃるそうで、現在も小豆島にタカラモードカレッジという洋裁学校を持たれていて、そちらを卒業された方々がパターンを起こしたり、縫製をされたりしているそうです。
基礎をしっかり勉強した生徒さんが、20歳くらいから即戦力として服作りに携わられているのだそうです。

そうした社員の方は、技能五輪でも優秀な成績を納められていて、日本大会では長年にわたり上位に入賞されていたり、世界大会で銀メダルを受賞なさったこともあるそうです。
また、技能検定試験にも多くの方が合格者なさっていて、国内随一の実績を残されていろそうです。


c0089310_9424395.jpgなんとこの本社ビルの2階も縫製工場になっています!

こんな街中に、そんな工場があって、そこから超有名ブランドの最新流行の服が生まれているって、皆さんご存知でした?!

わたしは全然知らなくて、ものすごいびっくりしました。。
自分の地元にも、まだまだ知らないすごいことがいっぱいありますね。。


c0089310_9433038.jpgこれはショールームに飾ってあった、イタリア・ミラノのインスティテュート・カルロ・セコリ校の美しい認定書。

この世界随一のモデリスト養成機関と提携し、セコリ式パターンメイキングという方式も導入されているそうです。

長年にわたって、有名ブランドやデパートで販売される服作りを手掛けてこられたこちらの会社が、独自のブランドとして立ち上げたのが、Karat(カラット)。

昨年初めて、一般のお客様向けに販売を開始されたばかりなのだそうです。


このショールームも、もともとはメーカーの方との打ち合わせに使われていた場所だったそうですが、社長さんが若い社員の方の意見を取り入れられて、一般の方に入っていただけるショールームとしてオープンすることになったのだそうです。

ショールームがオープンしてまだ半年足らずなので、岡山でもまだほとんど知られていないのですが、確かな技術に裏打ちされた地元ブランドとして、きっとこれから注目されていきそうな気がします。


c0089310_953671.jpgプリンセスラインのワンピースドレスに、小さな淡水パールのロザリオを合わせてみました。
美しいですね♪

上質で上品なもの、シンプルでその人の個性が出しやすいもの。
そういったコンセプトのもとに、ワンピース、スカート、ジャケット、ブラウスなどを制作されています。

価格も3000円から20000円までとお手頃で、色も黒、紺、グレー、白などのベーシックカラーが主だそうです^^

あと、この大きな花柄のワンピースかわいい!!



c0089310_16264085.jpgどなたでも来ていただけますので、ぜひお気軽にお越しください^^

Karat販売会
1月27日(水)10:00~20:00
・ベーシックなテーラードジャケットやプリンセスラインのワンピース、細身のパンツやチュニックワンピースの販売
・春物商品の受注会
・Re Disign(リフォーム・リメイク)商品の紹介



c0089310_1022471.jpg2008年にCassinaというブランドを立ち上げた、岡山の帽子作家のeikoさんもオリジナルの帽子を出展されます。

※eikoさんは、1/31まで、岡山国際交流センター1Fのcafe fossetteにて、「WARM~冬のあったか帽展」を開催中です。

こちらはかわいいアップリケのついたベレー帽♪


わたしも、27日には新作もいくつか用意していこうと思います。
その日は終日お邪魔していますので、お近くまでいらした際にはぜひお立ち寄りください^^

お問い合わせはこちらまで
Karat
〒700-0818  岡山県岡山市北区蕃山町4-5 地図
TEL (086)232-7277  FAX (086)226-0214
HP http://www.e-karat.jp
e‐mail  info@e-karat.jp



こちらのショールームでは、服の販売の他にも、講演会やエステなどのいろいろなイベントをなさっています。
ご興味ある方はこちらもぜひ!
ブログ Un journal de karat

pieniもそうなんですけど、以前から好きで気になっていた建物とご縁ができる気がして、嬉しいです。
今回も岡山にある、気になっていた建築の一つでした。

また、こちらの会社は、並木町にGARBOというオーダーメイドとリフォームのお店も持たれています。
ここはおばあちゃんが入院していた病院の前にあって、わたしも以前から存じ上げていたので、偶然とはいえご縁がつながってうれしいです♪

ショールームのある建物には、岡山繊維会館という表示がありました。
岡山って、ジーンズや学生服の生産で有名で、実は繊維産業が昔からとっても盛んなのです。

わたしが子供のころ育った駅前の本町は、洋服の問屋さんがいっぱいあって、いまオペラ通りと呼ばれている場所も繊維街っていう名前でした。
そういったお店は、卸センターのある問屋町に引越していって、いまは当時の面影は全くありませんが。。
市の中心でずっとがんばっていらっしゃるなんて、嬉しいですね。


c0089310_1094668.jpg


ショールームの表には、パターン図が飾ってあったり、アンティークのミシンがディスプレイされていますので、目印にしてくださいね☆





c0089310_10102063.jpg


株式会社タカラ
http://www.takaragroup.co.jp/
[PR]
by songsforthejetset | 2010-01-19 16:56 | アクセサリー・Lumiere | Comments(2)
Commented at 2010-01-22 22:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by songsforthejetset at 2010-01-23 23:09
ありがとうございます!!
そんなに楽しみにしていてくださったなんて、すごく嬉しいです!

洋裁にもご興味がおありでしたら、服や帽子もすごく素敵なので、きっと楽しいと思います♪
お会いするのを楽しみにしていますね^^
<< 歴史秘話ヒストリア 『愛したの... 岡山の帽子作家eikoさんの「... >>