なんと!天満屋倉敷店さんより、3月の春のファッションフェスティバルに出店依頼をいただきました!! 


なんと!!!

以前のブログで、

つぎは1階のアクセサリー売場で扱っていただけるようにがんばります!!!(T▽T)/

と書いていましたが、

本当になりました!!!!!!


天満屋倉敷店さんより、3月の春のファッションフェスティバル開催期間中に出店依頼をいただきました!! \(T▽T)/

嬉しいです!!ありがとうございます!!!

(他県の方のために書いておくと、天満屋は岡山に本社があるデパートなのです。)


3月12日(金)~14日(日)、1階中央イベントスペースで、展示販売をさせていただくことになりました。
(ちなみに春のファッションフェスティバルは3/12~22です。)

テーマは、"La vie en Rose(薔薇色の人生)”。

先日、東京の国際宝飾展に行った際、知人の方からお誘いをいただき、出版社のパーティーに参加してきました。
そんなところに参加するのははじめてでしたが、ちょうど東京に滞在中ということもあり、なかなかない機会なので、参加させていただいてきました。

300人以上が参加されていた、大きなパーティ。
最初どうしようかと思いましたが、皆さん気軽に声を掛け合ってお話なさっていて、わたしもどんどんお話させていただいて、とても楽しかった♪

出版社の方、作家さん、デザイナーの方、コンサルタントの方、お医者さん、コーチングの先生、セラピストの先生、イラストレーター、ミュージシャン。。
10代から60代くらいまでの、幅広い年代、さまざまな職業の方とお話させていただきました。

いちばん感動的だったのは、その出版社と深いかかわりのあるご年配の著者の方が、現在闘病中の病院からお越しになって、壇上にお立ちになってスピーチを述べられたことでした。

もしかしたら、もう人前に立つのは最後かもしれない。

そんな大切な、人生の一瞬に立ち会えました。

こうしてたくさんの出会いをいただいて、色々な人生があって、お会いした皆さんがすべて、今を前向きに、世の中を良くするため、それぞれの道で力を発揮されていらっしゃることに心から感動しました。

この時まで、この3月の展示のテーマが決まっていなかったのですが、皆さんとお会いする中で、自然に"薔薇色の人生"という言葉が浮かびあがってきました。

薔薇色の人生というと、恵まれた人生を表すように思いますが、わたしは、人生は自分で薔薇色にするものだと思うのです。

そういう人生を生きていらっしゃる方々と、たくさん出会うことができて、そのことを強く感じました。
そんな経験ができて、本当に嬉しかったです。
お声かけいただいた出版社のYさん、お話させていただいた皆さま、本当にありがとうございました!!

"薔薇色の人生"を象徴すると言われている石、インカローズ。
4階のi・Dさんで展示をさせていただいた際に、インカローズをお探しになっていらっしゃる方や、一目で気に入られる方が本当に多いと感じていたので、ちょうどたくさんつくりたいと思っていたところでした。

わたしも大好きだし、春にもぴったりです♪
こんな感じです^^


c0089310_11534652.jpg左から時計回りに、

*「備前のクレオパトラ」
インカローズ・淡水真珠・水晶

*「薔薇色の人生」
インカローズ(コロラド州スウィートホーム鉱山産)・淡水真珠

*「マリー・アントワネットのどんぐり」
淡水真珠

*「モンテカルロのきらめき」
水晶・インカローズ・スワロフスキークリスタライズ

*「薔薇色の日々」
コンクパールシェル・あこや真珠・淡水真珠

*「Love Unlimited」
インカローズ・スワロフスキークリスタライズ

*「Maria Rosa 薔薇の聖母」
インカローズ・水晶・スワロフスキークリスタライズ


「備前のクレオパトラ」は、ご先祖つながりの宇喜多秀家のお母さん、おふく様をイメージしてつくりました。
何かつくりたいとずっと思っていたのですが、今回はじめて制作してみました^^

そして!!
インカローズの最高品質といわれている、コロラド州スィートホーム鉱山のインカローズのペンダントトップを仕入れることができたので、淡水パールと合わせてネックレスをつくりました。

この鉱山は現在完全に閉鎖されてしまっているので、もう採掘されることはなく、現在市場に出回っているものしかありません。
だからお値段もとても高額なのですが、本当に貴重なお品です。

それをつかって作品がつくれるなんて、嬉しいです~\(T▽T)/。。

3/12(金)~14(日)の3日間、天満屋倉敷店1階中央イベントスペースにて展示販売させていただきます。
天満屋倉敷店HP http://www.tenmaya.co.jp/kurashiki/

“La vie en Rose(薔薇色の人生)”

自分の心と生き方次第で、人生は薔薇色になる。

そう感じていただける作品をつくっていこうと思います。


そしてなんと!!今回、展示スペースがわたし史上最大だったi・Dさんの、2倍になりました。。(T▽T)。。

なのでがんばってつくっています。


皆さんお気軽に遊びにきてくださいね♪
[PR]
by songsforthejetset | 2010-02-09 12:17 | アクセサリー・Lumiere | Comments(8)
Commented by lintu at 2010-02-09 16:49
凄いですね〜出版社のパーティー。さすが、東京。
天満屋のイベントも1Fの中央スペース、それも前の2倍の展示スペース!!反響がよいのですね!さすがmakiさん!!
後1ヶ月ありますが、手作りは色々大変だけど、頑張って下さい!
Commented by songsforthejetset at 2010-02-09 22:38
ありがとうございます!!
出版社のパーティーも、天満屋も、東京で行った国際宝飾展も、自分にほんとうによいご縁をいただいたと思っているので、その全部を大切にした作品つくりができそうで、とても嬉しいです。
あとは喜んでくださる方のために、形にする作業。
がんばります!!

Lintuさんも素敵なHP完成、おめでとうございます!(^0^)/
Commented by Maコロン at 2010-02-10 00:12 x
おめでとうございます。わたしもうれしいで~す。
ぜひ、また天満屋さんに行って作品を見せていただきたいです。
インカローズが大好きなので、楽しみにしています。

それから、出版社のパーティーに参加されたなんて、本出版の夢が、
どんどん形になりそうな気がしています。うん、マジにそう思います。
いつもブログから、Happyが伝わってきてますよ~~~♪
ありがとうございます☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
Commented by songsforthejetset at 2010-02-10 01:16
ありがとうございます!!
インカローズは、探されていらっしゃる方も多いし、女性が本能的に好きな石なんだと思うのです。
だから名前を知らなくても、色が気に入ってお求めになる方が多い気がします。
がんばってつくりますね^^

出版社は、東京で知り合った方が偶然出版関係の方だったんです。
自分でも、本を書きたいっていう気持ちをどこかに持ちながら、でも今はとにかく目の前のことに一生懸命になっている毎日です(笑)。
応援してくださって、嬉しいです。ありがとうございます!!

そして龍馬のハガキ!!
ありがとうございました!!
くじけそうになったらこれをみてがんばります^^
Commented by mimihana2000 at 2010-02-10 09:01
maki@makiさん、おめでとうございます!
私もいただいたインカローズは、
身につけるとき以外はベッドサイドに大事に飾らせていただいています。
女度を上げてくれそうな気がして(笑)。
maki@makiさんのアクセサリーを拝見していていつも思うのですが、
内面から出てくる「艶」を感じます。
それがみなさんを惹きつけるのでしょうね^^
私も、自分らしさが出る作品作りがんばります!
Commented by songsforthejetset at 2010-02-10 19:45
ありがとうございます!!
インカローズの色って、本当に惹かれる色ですよね。
わたしも大好きです。
作品楽しんでくださってありがとうございます!!

「艶」。。ほんとですか!ありがとうございます!!
自分は何も考えずに、つけてくださる方が喜んでくださることと、石がいちばん輝くようにと思ってつくってるんですよ。
なんかその時その時の大きな方向性はあるんですけど。。
たぶん考えてないから、より自分が作品に投影されているのかもしれませんね。

minmiさんのオシャレでシック、ノーブルな作品も、ご本人が出ているのだと思います^^
がんばりましょうね☆
Commented by トモモコ at 2010-02-14 23:54 x
maki@makiさん、天満屋の出店おめでとうございます。薔薇がテーマの作品も素敵ですね。また、時間があえば、ぜひ立ち寄ってみたいです。
Commented by songsforthejetset at 2010-02-15 00:18
ありがとうございます!もしお時間合えばぜひ^^
がんばります☆

いまトモモコさんの日記にコメントしたところだったのでびっくりでした(笑)。
<< ここはヨーロッパ?と思うほどの... 青空に桜咲く、早春の皇居東御苑 >>