倉敷天満屋  Lumière Noriko Maki 販売会 「La Mer(ラ・メール)」


c0089310_23511911.jpg


(上から順に)
1. イズミールの渚 (シェル・カットガラスビーズ)
2. Le Coeur de la Mer 碧洋のハート (水晶・淡水真珠・スワロフスキー)
3. 葡萄酒いろのミストラル (シトリン・ライトアメジスト・水晶・淡水真珠・ペリドット・スワロフスキー)
4. トリトンの瞳 (淡水真珠・水晶・スワロフスキー)
5. tamatebako (珊瑚・水晶・マスカットフェルスパー・ライトアメジスト)


Lumiere Noriko Maki リュミエール ノリコ マキ 販売会
「La Mer (ラ・メール)」


*会期 2012年6月12日(火)~6月17日(日) 午前10時~午後7時30分

*会場 倉敷天満屋 1階アクセサリー売場
  (倉敷市阿知1-7-1 TEL : 086-426-2827)

Elle est retrouvee.
Quoi ? - L'Eternite.
C'est la mer allee
Avec le soleil.

今回の販売会のタイトルは、「La Mer(ラ・メール)」。

母なる海をテーマに、貝や真珠、珊瑚などの素材を使用した作品たち。

バカンスの季節を前に、きらめく海への憧れを表現しています。

どうぞご高覧下さいませ。



いつもお世話になっている、倉敷天満屋の皆さま。
またご依頼をいただき、本当に感謝です。

3月に開催させていただいた販売会の際にも、たくさんのお客様にお越しいただきました。
皆さまのご愛顧にも本当に感謝です。

今回の販売会のお話をいただいた際に、迷いなく「La Mer」のタイトルが浮かびました。

なんだか最近海が好き。

銀座は海に近いので、空気の中に海のフレーバーをたくさん感じます。

時々船の汽笛も聞こえます。

夏が近づくにつれ、どんどん海の気配を感じるようになってきました。

買い物に行くのに隅田川を渡るとき、もう河口に近いから、たっぷりの水は海の顔をしています。

とぷんとぷんと岸辺に打ち寄せる波。

木の杭についた貝殻が、波から出たりかくれたりしています。

たくさんの水をみると、とても心が癒される。

お風呂に入るとき、洗い物をするとき、川や海をみたとき、いつも思うのは、水は地球の体液なのだっていうこと。

水は地球の思いを、そのままわたしたちに伝えています。

だからわたしたちは、水に癒しを感じるのだと思うのです。

光と水の季節、夏。

何度過ごしても、限りないときめきを感じる季節です。

大好きなシャンソン、「La Mer」を今回のタイトルにいただきました。





フランス語の詩は、ランボーの詩集と、ゴダールの「気狂いピエロ」から。

見つけた
何を?永遠を
海と溶け合う太陽を


遠い夏の、懐かしい思い出。


お近くにいらっしゃる際にはぜひお立ち寄りください(^-^)/
[PR]
by songsforthejetset | 2012-06-03 02:13 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< 倉敷天満屋の販売会、感動の毎日... 家庭画報読者ブログ 「『今日の... >>