倉敷天満屋の販売会、感動の毎日です(T▽T)

おかげさまで、倉敷天満屋での販売会、毎日たくさんの方にお越しいただき感謝です!!


c0089310_0402095.jpg



日々楽しく売場に立たせていただいていますo(^▽^)o

皆さんが嬉しそうに作品をみてくださったり、お話ししてくださるのがとても嬉しいです!

制作していて本当によかったと、販売会のたびに感動しています。

その感動が年々強くなるのは、お客様から良いご報告をどんどんいただくようになったから。

わたしの作品と出会って、いいことがたくさん起こったというお話をお伺いすることが増えました。

なんだかお客様のキラキラ度合いがどんどん上がって行っている気がします(*^^*)

きっとそれは、お客様が「素直に自分が惹かれているもの」を求められた結果、作品と人との相乗効果が起こっているのだと思うのです。


c0089310_0402421.jpg



作品と一緒に売場にいてよく実感するのは、わたしは販売をしているのではなく、作品の持ち主が迎えにくるのを一緒に待っているのだということ。

保育園の保母さんのように、預かった子どもたちのお迎えがくるのを、お世話をしながら待っている感じなのです。

わぁ。持ち主はこの方だったんだ!と思うような、ぴったりの方がお求めになられたとき、
わ〜。 お迎えきてくれた〜(*^^*)
って、心の中で作品と一緒に喜んでいます。

お客様からよく、作品をみていると癒されるとか、パワーがあると言っていただくことがあります。
生きていると言ってくださった方も。

売場に並べると、作品たちは輝きを増し、俄然オーラがでてくるのです。

自分が手がけたものながら、なんだか頼もしく思ったりします。

作品が、みてくださる方に心を開き、語りかけているよう。

そんな時、みてくださる方の心も作品と響きあっているのだと思います。


c0089310_0402677.jpg



自分でつくった作品とはいえ、材料になっているのは、地球がつくった子どもともいえる石やガラスなど。

人間だって地球がつくった子ども。

地球がエールを送りたいと思っている方へ、その思いを作品という形でお届けするのが、きっとわたしの役割なのだと思っています。

皆さんの、未来への希望につながる、
「幸せのかけら」に出会うお手伝い。

毎日毎日奇跡が起きる。

その度に、ああ自分のやっていることは役に立つことなんだって思います。

販売会を重ねるごとに、そう実感する気持ちが強くなっていっています。


c0089310_0402358.jpg



人は、いまのその人に必要なものは、必ず見えているのだと思います。

どんなに似たようなものがたくさんあろうとも、どんなに目立たないところにあろうとも、ほんの一瞬しか見ていなくても。

その人に見えているのは特別なひとつ。

つけていただくと、いままでそこになかったのが不思議なくらいぴったりとはまる。

ジグソーパズルの最後のピースがはまった時のように、ひとつの絵が完成します。

そんな瞬間を目にするたび、胸が熱くなります。

明日はどんな奇跡に出会えるでしょうか。

日々いただく感動に感謝です(^-^)


c0089310_0402769.jpg



毎回用意してくださるPOP、すごく素敵で感動しています。
いつもありがとうございます!\(^O^)/
[PR]
by songsforthejetset | 2012-06-14 23:56 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< 龍と火の鳥に出会う夕暮れ 倉敷天満屋  Lumière ... >>