倉敷天満屋 Lumiere Noriko Maki リュミエール ノリコ マキ販売会 「Garden of Paradise(楽園の庭)」


c0089310_0381176.jpg


(左上から時計回りに)
1. 王国の秋 (カーネリアン・ライトアメジスト・ゴールドサンゴ・ガーネット)
2. エデンの樹 (ガーネット・ブロンズ・ゴールドフィルド)
3. Daisy, My Love 「華麗なるギャツビー」より (水晶・淡水真珠・カットガラスビーズ)ネックレス、ピアス 
4. 丘を越えて (シトリン・フローライト・水晶)ネックレス、ピアス、ブレスレット
5. 月のしずく (ルナフラッシュ・合成オパール・チェコガラスビーズ)ネックレス、ピアス
6. すみれの花咲く頃 (アメジスト・淡水真珠・ラベンダーアメジスト)ネックレス、ピアス
7. 万物資生 (サーペンティン・カーネリアン・合成オパール・水晶・ブルーメノウ・淡水真珠)ネックレス、ブレスレット、ピアス2点



倉敷天満屋 Lumiere Noriko Maki リュミエール ノリコ マキ 販売会
「Garden of Paradise(楽園の庭)」


*会期 2013年10月26日(土)~10月31日(木)
       午前10時~午後7時30分

*会場 倉敷天満屋 1階アクセサリー売場
      (倉敷市阿知1-7-1 TEL : 086-426-2827)



今回の販売会のタイトルは、「Garden of Paradise(楽園の庭)」。

新しく開いた扉の向こうに広がる、美しい楽園の庭をイメージしています。

光に輝く木々、風にゆれる草花、清らかな水の流れ、おだやかな日々。

色とりどりの天然石、ガラス、スワロフスキーの輝きがお迎えします。

どうぞご高覧下さいませ。



いつも、DMのはがきの写真の左上に、ちいさなメッセージを入れています。

その時の作品展や販売会のイメージを、自分の中で一言にまとめたものです。

キャッチコピーみたいなものかな。

今回は、

「扉の向こうは、楽園でした」。

これは、前回の倉敷天満屋での販売会のDMにのせた、

「さあ、扉を開けて」

の続きになっています。

タイトルも、「Open the door(扉を開けて)」から、「Garden of Paradise(楽園の庭)」へ。

シリーズにしたつもりはなかったのですが、自然に心に浮かぶキーワードがつながっていました。

今回浮かんできたのは、「Paradise(楽園)」、「Garden of Eden(エデンの園)」。

花が咲き乱れる楽園の庭をイメージしています。


この中の、4,6,7の作品は、9月の銀座レトロギャラリーMUSEEでの作品展の際につくったものです。

他の作品も、材料があってつくれるものはつくっていきますので、楽しみにしていてくださいね。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています(^-^)/
[PR]
by songsforthejetset | 2013-10-09 01:17 | アクセサリー・Lumiere | Comments(2)
Commented by keiko at 2013-10-24 21:10 x
お葉書ありがとうございました。
今回は、水晶が多くて、透明感のある作品ですね。
実際に拝見できるのをたのしみにしています。
Commented by songsforthejetset at 2013-10-26 00:29
こんにちは。こちらこそありがとうございます。
秋らしいシックな色のものもありますので、またぜひご覧いただけますと嬉しいです。
ありがとうございます。
<< 銀座三越「倉敷アーツ&アルチザン展」 銀座レトロギャラリーMUSEE... >>