「うごく Pieni.. GALLERY in 直島」に参加のお知らせ

c0089310_23230857.jpg

8月2日・3日に、香川県の直島で開催される、
「うごく Pieni.. GALLERY in 直島」に参加させていただくことになりました^^

pieni..は、岡山市の後楽園近くの出石町にあるカフェスクール。
語学や手芸、ダンスなど、様々な教室が開講されている楽しいカフェです。
岡山に住んでいた時に、わたしも教室や個展をさせていただいていました。
pieni.. ecole+cafe ピエニ 小さな学校とカフェ

そのpieniが、この夏、海を渡って直島へ。

5日間にわたって、直島の4か所でゆかりの作家の展示や、ワークショップ、夏合宿などが開催されます。
「うごく Pieni.. GALLERY in 直島」

わたしは本村港近くのcafe restaurant garden(カフェ レストラン ガーデン)で、8月2日・3日の2日間、作品の展示とワークショップをさせていただく予定です。

cafe restaurant garden
香川県直島町843-1 tel. 087-892-3301
open 11:30-16:30

ワークショップは、クールオカヤマフェスと同じ、天然水晶でつくるブレスレットです。
8月2日(土)、3日(日)
 14:00から、随時開講(制作時間は約20分)
参加費 ¥2000~(材料費込) ※要1ドリンクオーダー

はじめての直島での作品展示とワークショップ。
とても楽しみです!


直島は、ベネッセミュージアムや地中美術館など、現代アートで有名な瀬戸内海の島。
昔ながらの島の家並みの中に、アート作品が共存しています。
ART Setouchi 直島
直島町観光協会 素顔の直島

はじめて直島を訪れたのは、多分15年くらい前になるのですが、その当時は本当に普通の瀬戸内の島で、今のように世界中から人が訪れたり、瀬戸内国際芸術祭が開催されたりという盛り上がりは、全く想像もつきませんでした。。

地中美術館がオープンした後にも何度か訪ねたのですが、港にクールな建物ができていたり、カフェがたくさんできていたり、外国の観光客の多かったりと、本当に驚いたのを覚えています。

もうそれから10年くらい経っているので、今度はきっともっと驚くことが増えているのではと思っています。

瀬戸内国際芸術祭が盛り上がって、東京でも、直島に行ってくると言うだけで「素敵!」という言葉が返ってくる。
昔、はじめて直島を訪れた時には、そんなこと想像もつかなかったのです。

文化も、自然を育てるのと同じように、育てていくものなのだと思う。
急速な変化はなくても、続けていれば進んでいくもの。

新しい文化が入ってくることに、きっと最初は反対もあっただろうけど、外からやってきた人たちが新しい価値をつくりだすことで、地元の人にとっても、「島」という場所の意味がどんどん変化していったのだと思う。

外からのまなざしは、地元の人の意識も変える。
何でもないと思っていたものが、宝物だと気づく。

直島は、そういった試みが成功したモデルケースのように思うのです。

直島でわたしが好きなのは、家プロジェクトの南寺と護王神社、地中美術館のモネの部屋とジェームズ・タレルの「オープン・スカイ」。
そして昔ながらの瀬戸内の島らしさ。

とても楽しみです!
お時間ございましたらぜひお越しください♪










[PR]
by songsforthejetset | 2014-07-18 01:11 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< クールオカヤマフェス&うごくP... クールオカヤマフェスで制作する... >>