聖路加第二画廊での作品展「Joy to the World 世界に光を」ありがとうございました!


おかげさまで、聖路加第二画廊での作品展、無事終了しました!
たくさんの方にご好評をいただき、本当に嬉しかったです。

作品展のご報告^^

聖路加国際病院は、チャペルのある旧館と、新館の建物があります。
こちらは旧館で、第二画廊はこの2階にあるチャペルから廊下でつながってすぐの場所にあります。

作品展期間中はずっとお天気でした。

c0089310_01420316.jpg


新館のスターバックスが入っているホール。
クリスマスの飾りつけがとても綺麗でした。

今回から電光ボードが登場していて、わたしの作品展のお知らせも表示してくださっていました。
ありがとうございます!


c0089310_01492260.jpg

新館側から渡り廊下を渡って来るとこんな感じ。


c0089310_01521111.jpg

何年か前に、いつか展示に使うかも!と思ってクリスマスのディスプレイをたくさん買っておいたのが、今回役に立って嬉しかったです。


c0089310_01560019.jpg

廊下の奥には、形成外科や緩和ケア科などがあり、チャペルにもつながっています。
1階には子供や赤ちゃんの医療センターがあって、院内学級のお子さんたちもよく行き来しています。

この場所をお通りになる方が、ご覧になってすこし気分がやわらぐように、そんな風に考えて展示をしました。


c0089310_02061310.jpg

ずっとお天気が良かったので、南向きの第二画廊は春(初夏?)のような陽気で、ブラインドを降ろしていても、毎日日焼け止めを欠かさず塗っていたほどでした。
寒いかと思っていたので、あったかくてよかったです。。


c0089310_02111081.jpg

今回はクリスマス期間だったこともあって、特に喜んでいただけた気がしています。
院内学級の子が、お母さんへのクリスマスプレゼントにしてくれたの、とっても嬉しかった。


c0089310_02204081.jpg

本当に、この聖路加第二画廊での展示は、わたしの理想的な形なんだって、今回とても実感しました。

外光がたっぷり入って明るいことや、大きさ、ボードを置いて展示ができることや、人通りはあっても静か、通りすがりに見ていただけることなど、どれも理想的なのです。

あと、たぶん作品と場所との相性がいいことと、わたしの作品を気に入って下さる方が多い気がします。


c0089310_02340347.jpg


こんな風に、作品とストーリーを一緒にボード展示できるのが、わたしの理想の展示方法です。
デパートやお店だとスペースがないので、画廊などで展示する時でないとできませんが。。

これは「銀座の柳」という作品。
本当は、すべての作品にストーリーがあるので、全部こうして展示したいところです。

それに、こうやって展示していると、じっくり読んでくださる方も多く、ストーリーでご紹介していることについて、知っていただけることも嬉しいのです。


c0089310_02414842.jpg

ご家族の手術が終わるのを待たれていらっしゃる方や、検査の順番をお待ちの方などが、作品を見ているとほっとすると言ってくださることがあって、そういった時に、本当にここで展示させていただいてよかったと思います。

病院は、患者さまも、ご家族も、スタッフの方も、皆さん不安な気持ちや、大変なことを抱えている場所。
そういった場所で、わたしの作品が、ひとときほっとする癒しになれれば。
それが一番嬉しいことです。


c0089310_02513140.jpg

寄り添うようにご覧になってくださるお年を召したご夫婦。
車いすでいらっしゃる方。
病室からスリッパに肩掛けで来てくださる方。
お友達のお見舞いに来られた方。
ご家族がいま手術中の方。
検査の結果を待っていらっしゃる方。
院内学級のお子さんたち。
先生や看護師さん、検査技師さん、ボランティアの方たち。

たくさんの方に、笑顔になっていただけて、本当に毎日嬉しくてウルウルしていました(作品展や販売会の時はいつもですが)。

自分の作品が人の役に立つこと、喜んでいただけること、それが作品をつくっている理由です。

c0089310_03025787.jpg

そして、お客様もたくさん来てくださって、本当に嬉しかったです^^

岡山の友人が突然登場したのには本当にびっくりでした!
ありがとう!!

ある日食料を忘れてしまって、思わずツイッターでつぶやいたら、ちょうど来てくださるところだった町会の方が、差し入れを持ってきてくださったり。
ありがとうございました!!

こちらで知り合った、たくさんの方にお越しいただいて、とても嬉しかったです。
皆さんありがとうございました!!

自分がつくる作品が、自分が思うよりもはるかに人の役に立っているということを、気づかせていただけた今回の作品展でした。
だからがんばらなきゃと思った。

そして今回、とても多くのリクエストをいただいて、毎月作品展をやってほしいという方も何人かいらっしゃったので、いま予定を考え中です。

また次回の日程が決まりましたら、発表します^^


c0089310_03084501.jpg

今回の「Joy to the World 世界に光を」、
たくさんの光をいただいたのは、わたしの方でした。
皆さまからいただいたたくさんの光を、また次の作品へと活かします。
心からの感謝をこめて。







[PR]
by songsforthejetset | 2015-01-03 03:31 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< 聖路加国際病院旧館ホールの見事な装飾 謹賀新年2015 >>