国立・ギャラリー悠  牧 紀子 作品展「春のシンフォニー」 


明日4/2から、国立のギャラリー悠にて、作品展を開催させていただきます^^

テーマは、先日の聖路加第一画廊から引き続いて、「春のシンフォニー」。
2015年春のシーズンはこのテーマでいこうと思っています。


c0089310_00164499.jpg


(左上から時計回りに)
1. 金の羊の夢(コットンパール・カットガラスビーズ)
2. Serenissima セレニッシマ(ヴェネツィアンビーズ)
3. Flora 春の女神(スワロフスキー・淡水真珠)


牧 紀子 作品展 「春のシンフォニー」
*2015.4.2(木)-4.7(火)
  11:00-18:00(最終日は17時まで)

ギャラリー悠 
 (東京都国立市中1-9-38 tel. 042-575-2051

国立駅南口を出て、右側の三井住友銀行の前を通り、桜並木のある「大学通り」へ。最初の角に金文堂という文具店があるので、そこを曲がって、ロージナ茶房の前を通り、「ブランコ通り」と交差する角にあります。

今回のテーマは、「春のシンフォニー」。
美しい春の訪れを、天然石やスワロフスキー、ガラスビーズなど、さまざまな色合いと輝きの素材をつかって作品に表現しました。
どうぞご高覧くださいませ。


もう今日が搬入になってしまった。。

こちらのギャラリー悠での作品展は、知人の画家の先生からご紹介をいただいて決まりました。
国立は駅前から延びる桜並木がとても有名で、一年でいちばんいい時なのです。
ご紹介とご推薦をいただき、本当に感謝です。

実はこの国立の桜並木、昨年の4月にNHKの「小さな旅」で偶然拝見して、行ってみたいなと思っていた場所でした。

今回偶然に、その場所で作品展を開催させていただけることになって、本当に嬉しいです。

地域の方たちが大切に育ててきた桜。
桜を通じてつながっていく、あたたかな絆が紹介された番組で、とても素敵でした。

このページで少しだけ予告が見られます^^
小さな旅 さくら道で ~東京都 国立市~

番組の中で登場していた白十字という洋菓子店に行きたいと思っていたら、なんとギャラリー悠のすぐ近くでした。
お店でお茶とケーキをいただけて、すごく嬉しかったです。

このお店は、国立を代表する名店の一つなのだそうで、アニメーション映画の「おおかみこどもの雨と雪」にも登場しているそうです。

そして、ギャラリー悠の数件お隣にある、
ロージナ茶房というお店も、国立を代表する名店の一つで、作家の山口瞳さんや忌野清志郎さんゆかりのお店なのだそう。

風格を感じるお店の佇まいに、どこか懐かしい、店内の空気。
ドリアがすごく美味しかったです(>▽<)

文教都市の香りと歴史、地域の人々のぬくもりを感じる街です。
お近くにいらっしゃる際にはぜひお立ち寄りください^^







[PR]
by songsforthejetset | 2015-04-01 01:23 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< 聖路加第二画廊と倉敷天満屋にお... はる るるる♪ >>