ダイヤモンド・プリンセス クルーズの旅 2015.6.24 神戸港出航


6月24日から28日まで、ダイヤモンド・プリンセスのクルーズに参加してきました。
神戸発で、行先は釜山です。

長崎で製造された英国船籍の船で、アメリカのプリンセス・クルーズ社が運営しているそう。
アメリカらしい華やかさを感じる船でした。
ダイヤモンド・プリンセス
All about ダイヤモンド・プリンセスってどんな船?

岡山のイオンモールのオープン記念のお得なプランがあったそうで、母のお供で行ってきました。
本格的なクルーズは初めてだったので、楽しみでした^^

乗船前に、懇親会を兼ねた旅行会社の説明会があったので、朝8時台の新幹線で神戸へ。
お昼過ぎには三宮駅からシャトルバスでホテルオークラへ着いて、母&岡山からのツアーの皆さんと合流。
クルーズの旅だけに年齢層が高く、飛び交う岡山弁に一気になごみました。。

中華をいただきつつ、ダイヤモンド・プリンセスの説明を聞き、タイタニックの2倍の大きさと聞いてびっくり。

同じテーブルに、船内での社交ダンスが旅の目的で来られていた方々がいらっしゃった。
以前、飛鳥Ⅱのワンナイト・クルーズに参加した際にも、社交ダンスをされている方々がとても素敵だったので、いいな~と思いつつお話を聞いていました。

皆さんおなかがいっぱいになったところでバスに乗り、神戸港へ。
わくわく~o(^▽^)o

大きな待合室で乗船手続きを待っている間、外に見えているダイヤモンド・プリンセス。
乗り物好きとしてはわずかな時間でも写真撮影に外へ。。
飛行機や船、すごく好きなのです。

大きい!
そして美しい!!


c0089310_00442798.jpg

ときめく。。

船内で使うクルーズカードの登録や手荷物検査などの出発前の手続きを終え、いよいよ中へ。

わぁo(^▽^)o船だ~o(^▽^)o

素敵な船内、ゆっくり写真でも撮りたいところですが、4時からの救命胴衣の使い方のレクチャーを受けにすぐ集まらないといけないので、速攻で部屋まで行って、オレンジ色の救命胴衣を持って所定の場所へ。
このレクチャーは、2000人の乗客全員が必ず受けることになっているそう。
無事終了^^

レクチャー会場のホイールハウス・バーに座って一息ついて、同じ7階のプロムナード・デッキへ。
出航セレモニーの音楽が演奏されていました。


c0089310_02060024.jpg

出航時刻の5時を過ぎても離岸しなかったので、バンドの皆さんも若干困惑気味だった気が。

なかなか出航しないので、母と部屋まで戻る。

お部屋は12階のアロハ・デッキ。
とても素敵でした!


c0089310_02141456.jpg

客室は、奇数番号(odd number オッド・ナンバー)の部屋が船首に向かって右側、偶数番号(even number イーブン・ナンバー)が左側に配されていました。
最初それがわからなくて迷った。。

わたしたちの部屋は右側で、神戸も釜山も接岸が右舷だったので、出航セレモニーがお部屋のバルコニーから見えたのは、とても嬉しかったです。

そして右舷をスターボード・サイド(STARBOARD SIDE)、左舷をポート・サイド(PORT SIDE)と呼ぶって今はじめて知りました。
日本船舶海洋工学会HP

そういえばその言葉を見て何だろうと思っていたけど、船の用語だったのですね。
勉強になるわ。。

外国船なので、船内の表示などはほとんど英語だった気がします(たしか)。
日本語の船内地図をいただけるので、もしも英語が全く読めなくても、それを見て移動できます。

ふと気がついたら離岸していました。
いよいよ出航!


c0089310_03192844.jpg

皆さんバルコニーに出て手を振られています。
船ってちょっとづつ遠ざかっていくから情緒がありますね。

船旅っていいものです^^

つづく。








[PR]
by songsforthejetset | 2015-07-02 03:31 | | Comments(0)
<< ダイヤモンド・プリンセス クル... 三鷹・しろがねGallery「... >>