聖路加国際病院・聖路加第二画廊 牧 紀子作品展「A Day By The Sea 海辺の一日」


c0089310_2222215.jpg


(左上から時計回りに)
1. 白鳥の散歩道 Allee des Cygnes(淡水真珠)
2. 青空のしずく(スワロフスキー・チェコガラスビーズ・カットガラスビーズ)
3. 地球の子供 Enfant de la terre(フローライト)
4. 永遠の一瞬 Senza Fine(スワロフスキー・水晶・チェコガラスビーズ)
5. インディゴの夢 Indigo le reve (カットガラスビーズ)
6. 永遠の一瞬 Senza Fine(スワロフスキー・水晶)ピアス


牧 紀子 作品展 「A Day By The Sea 海辺の一日」

*2015.7.11(月)-7.16 (土)
 10:00-17:00(11日は12時から、16日は16時まで)
  
聖路加第二画廊  ※旧館2階 形成外科のお隣です
 (東京都中央区明石町9-1 聖路加国際病院 2F)
  東京メトロ 日比谷線「築地駅」3,4番出口より徒歩7分
        有楽町線「新富町駅」6番出口より徒歩8分



今回のテーマは、「A Day by the Sea 海辺の一日」。 
天然石やスワロフスキー、ガラスビーズなどをつかって、海辺で過ごす夏の日をイメージした作品を制作いたします。
透明感と輝きを楽しんでいただけますと幸いです。
どうぞご高覧くださいませ。



大好きな場所、聖路加第二画廊にまたお伺いさせていただきます^^

今回のテーマ、「A Day By The Sea」は、夏を感じる好きな言葉。
静かな夏の浜辺が思い浮かぶ。
7月の作品展と考えた時に、自然に浮かんできたこの言葉がテーマになりました。

写真は携帯のカメラで撮ったものですが、曇りだったので、明るくしようと思ってライトを当てて撮ったら、夕暮れの浜辺みたいな素敵な感じになりました。

作品の説明をすこし。

1. 「白鳥の散歩道 Allee des Cygnes」は、パリにある遊歩道の名前をいただきました。
でも実際に自分の中に浮かんでいたのは、青い海辺を背景にして、避暑地の遊歩道をよちよちと歩く白鳥のイメージ。
いつか行ってみたい街・南仏のマントンか、ニースの遊歩道が浮かんでいました。

2. 「青空のしずく」は、青く輝くスワロフスキーから、チェコガラスビーズのしずくが降りている作品。
空の青の結晶が、しずくになっているイメージです。

3. 「地球の子供 Enfant de la terre」は、いろんな石をつかってつくっている作品で、これはフローライト。
1個の石をつかったプチネックレスで、石が小さいものを「プティ・シェリー petit cherie」、石が大きめのものを「地球の子供」と名前をつけています。

4. 「永遠の一瞬 Senza Fine」は、イタリアの国民的歌手、ジーノ・パオリの曲、センツァ・フィーネから。
映画に使われたり、たくさんの方にカバーされている名曲。

ジーノ・パオリは、恋のもつれから、自分の心臓に向けてピストルを発射し、危うく命拾いしたものの、手術で取れない弾丸がいまだ残っているというすごい経歴があるのだそう(^^;
さすがイタリア。。

この歌を提供した、オルネラ・ヴァノーニとの共演の映像。
演奏と歌、ふたりの雰囲気がとても好き。
Gino Paoli & Ornella Vanoni - Senza Fine

このスワロフスキーの色が大好きで、自然にSenza Fineのイメージの作品ができました。
メロディーも歌詞もとても素敵なこの曲。
英語の歌詞を、なんとなく雰囲気で訳してみました。

Senza Fine 永遠の一瞬

永遠に続く
あなたとわたしの人生
息をつく暇もなく
夢を見たり
思い出にひたる間もなく
続いていく人生

永遠に続く
あなたは終わりのない一瞬
昨日でもなく
明日でもない
すべてはあなたの手の中に
わたしを永遠へといざなうその手

月なんていらない
星なんていらない
あなたがわたしの月と星
あなたがわたしの太陽と空
あなたがわたしのすべて
わたしがほしいものすべて

終わりなく
永遠に続く


5. インディゴの夢 Indigo le reveは、Indigo La Endの曲が大好きで、そのイメージからできたもの。
水中から、陽光に輝いている水面を眺めているような映像が、自分の中に浮かんできてつくりました。
たゆたうような、夢を見ているような色合いのカットガラスビーズをつかっています。


というわけで、鋭意制作中です^^

聖路加第二画廊は、聖路加国際病院の旧館チャペルに続く廊下にある、静かで大好きな場所。
ここで作品展をさせていただくのが、いつもとても嬉しいです。

c0089310_0341863.jpg聖路加国際病院の旧館は、歴史あるとても美しい建築。

旧館2階にあるチャペルはとても素敵で、どなたでも自由に見学できます。
(※お祈りされている方がいらっしゃる際にはお静かに)

わたしも大好きな場所です。

聖ルカ礼拝堂


会期中はずっと在廊しています。
お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください^^
[PR]
by songsforthejetset | 2016-07-09 01:02 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< 2016年8月・9月の予定 2016年6月・7月の予定 >>