聖路加国際病院 第九コンサート&聖路加第二画廊作品展


おかげさまで、聖路加第二画廊での作品展もあと1日となりました。
以前からのお客様や、新しくお越しくださった方々と毎日お会いできて、楽しく在廊させていただいています。

今日23日は祝日で、いらっしゃる方も少ないためお休みにしていたところ、患者様から第九の演奏があるのでぜひとご案内をいただき、楽しみにお伺いしてきました。

場所が1階のスターバックスのある広場ということで、小さい規模のコンサートだと思って行ったところ、なんとフルオーケストラと合唱団という本格的な演奏会でびっくり!!

ソリストの方々以外は、皆さん聖路加のスタッフの方々で、指揮も眼科の先生がなさっていました。
第九を院内のオーケストラで開催されるのが皆さんの念願だったとのことで、今回が初の開催なのだそう。
合唱の看護師さんやボランティアの方など、普段の制服で参加されている方もいらっしゃり、それがとても素敵でした。

第九は歌詞も音楽も、本当にとても素敵なのです。
自分がオケで演奏に参加してから大好きになって、以前のブログにも書いていました。
「歓喜よ、美しい神々の花火よ、天上の楽園からの乙女よ」という歌い出しの言葉が特に好き。
http://songsfor.exblog.jp/4461547/

歌詞の意味が胸に迫るような演奏会だった。
お忙しい中、練習を重ねられたスタッフの皆さんの情熱と、いい演奏を患者様に届けたいという思いが伝わってきました。

広場いっぱいのオーケストラと合唱団から生み出されるハーモニーとエネルギーはとてもすばらしくて、音楽の持つ希望の力が広場いっぱいに広がっているようでした。

1階が満員だったので、吹き抜けになっている2階から拝見したのですが、本当に演奏会と会場全体がすばらしかったです。
感動しすぎてわたしは涙と鼻水でえらいことになっていました。。
今までに聴いた第九の中で、一番感動した心に残る第九の演奏会でした。

テレビカメラの取材が入っていたので、もしかしたらニュースでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

会場には日野原重明先生もいらっしゃり、アンコールでは力強く手拍子をなさったり、演奏会の最後にマイクでご挨拶を述べられたりと、105歳になられてもお元気な姿に皆さん感動なさっていました。

今クリスマス期間なので、院内にはきれいな飾りつけがされていたり、さまざまな行事が行われています。
キリスト教が母体となり、チャペルがある聖路加国際病院ならではの、素敵なクリスマスです。

わたしもツリーなど飾っています^^

c0089310_2295882.jpg


c0089310_22104098.jpg


c0089310_22112887.jpg


聖路加国際病院の創設者であり、宣教師でもあったトイスラー博士は、この病院を、キリスト教の愛の力によって人の悩みを救うための「生きた有機体」とおっしゃっていて、聖路加に来るといつもそれを実感しています。

トイスラー博士が病院に関して最後に遺された言葉は、
"Let the work go on(仕事を続けなさい)"。
その言葉が今も生き続け、歩みを助けているように思うのです。

明日は作品展の最終日。
素敵な場所にご縁をいただけていることを感謝して、1日を過ごしたいと思っています。

c0089310_22324484.jpg

[PR]
by songsforthejetset | 2016-12-23 22:52 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< 聖路加第二画廊 牧 紀子 天然... 11/16-22 マルイファミ... >>