努力する人・しない人

今までずっと仕事をしてきて、いろんな人を見て思うこと。
世の中には努力しない人と、努力する人の2つのタイプがあろと思います。


努力しない人は、人のことばっかり伺っています。
他人が何をやっているか、どう扱われているかばかり気にして、自分で努力することをしません。

さぼるのが大好き。
話題は自分の身の回りのことだけ。
他人の噂話と、悪口と、その場限りの流行のことが主体です。

努力している他人を理解できないし、認められないので、「そんなことして何になる」っていう言葉が大好きです。

そういう人たちは仲間同士で固まる傾向にあります。
「仲間」以外の人間はみんな「よそ者」です。
自分に理解できないことに努力している人を批判するのが大好きです。

職業、役職、社会的地位、学歴、年齢、収入、
立場の上下でしか人を判断できません。

自分自身の人生の目的、夢、価値観がありません。
「みんながこれを欲しがっている」と思えるものを欲しがります。

そういうものをたくさん手に入れるのが「幸せ」だと思っています。


努力する人は、他人が何をやっているか気にしません。
自分ががんばっていることにいっしょうけんめいだから。

無意味な時間の過ごし方はしないし、目的に向かっていつも走っている。
こつこつとストイックに自分の道を極めようとします。

努力している人は、たとえ分野が違っていても、同じように努力している人のことがわかります。
広い分野に興味を持っていて、話題が豊富です。

概して一匹狼です。
でも心は外の世界に向かって開かれていて、誰とでもわけへだてなく接することができます。
全く異なる他人の価値観を、その人の個性として楽しむことができます。

職業、役職、社会的地位、学歴、年齢、収入、
あまり気にしません。
中身でしか人を見ません。
その人自身の個性を見て判断します。

自分自身の人生の目的、夢、価値観のために生きています。
だから他人の価値観も尊重できます。

目に見えないものの中に、人生の本当の価値があり、「幸せ」もあるということに気づいています。
でも物質的な「幸せ」しかわからない人のことも理解できます。


努力しない人とする人の割合は、10:1くらいなんじゃないかと思います。
概して、努力しない人は、努力する人の足を引っ張ろうとします。

自分自身の人生の目的をはっきり見つけているのかどうか、そのへんに分かれ目がありそうな気がします。
充実した毎日を送っているのは、間違いなく後者です。

こんな風に思うのは、自分も常になにかこつこつ努力していくっていうスタンスが好きだからかもしれません。
せっかくの人生ですから、がんばりましょう。
[PR]
by songsforthejetset | 2006-04-21 22:11 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(4)
Commented at 2013-07-05 01:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by songsforthejetset at 2013-07-08 02:02
>鍵コメントくださった方へ
こちらこそ、ありがとうございます^^
Commented by 菊乃 at 2013-07-11 01:31 x
同感です。一見、成功しているような人って成功確率の低い挑戦を何回も繰り返してますよね。
ある方が「何でも挑戦しよう。やらない後悔より、やった後悔」
って言ったら
「挑戦しろとか勝手なコトいうなよ、責任とれるのか」
という人がいました。責任を自分でとるのが挑戦なのに・・・その人の目には乗り越えたときに得る経験や自分の成長が1ミリも目に見えないんでしょうね。
Commented by songsforthejetset at 2013-07-25 01:22
>菊乃さん
お返事遅くなって申し訳ありませんでした!
コメントありがとうございます。
ずいぶん昔に書いた記事なのですが、こうやって読んでくださる方がいらっしゃること、とても嬉しいです。
お役に立ちましたら幸いです。
<< インプラントの講演会 Frank Lloyd Wri... >>