カテゴリ:アクセサリー・Lumiere( 258 )

天満屋倉敷店 インテリア・アートスペース i・Dさんに作品展示していただいてます♪


c0089310_10254719.jpg天満屋倉敷店4階の、
インテリア・アートスペースi・Dさん。
7/12まで、中野由紀子さんの作品が展示されています。


c0089310_1028347.jpg





c0089310_1040555.jpg










c0089310_10413679.jpg

お店の中央のテーブルに、中野さんのコーナーができています。


c0089310_1044464.jpg





中野さんのトップに、わたしがネックレス部分をつくらせていただいたもの、いま3点展示してくださっています。
この他に、お客様からご注文いただいた作品を制作中。。
嬉しいです♪



中野さんとは、昨年の作品展に制作をさせていただいたのがきっかけで、その後もいっしょに制作をさせていただいています。
 昨年の作品のブログ http://songsfor.exblog.jp/10310212/

先日、水口智貴さんのガラスの作品が、天満屋岡山店のギャラリー前スペースで展示されていました。

いいな~。わたしの作品もこんなふうにデパートで展示していただけたらなぁ。。
って思ったところだったので、中野さんから展示しているというご連絡をいただいた際には、すごくびっくりして、うれしかったです!!
中野さん、ありがとうございます(^-^)。


c0089310_10592313.jpg
中野さんの可愛い作品がいっぱい並んでいますので、お近くにいらした方はぜひお立ち寄りください。

c0089310_1104149.jpg






この花瓶すごい好きです。。→



c0089310_114082.jpg



こちらのギャラリーは、素敵なアンティークがたくさん置いてあります。
しかも価格がどれもお手頃なのにびっくり!


c0089310_116406.jpg





素敵なカメラ。
1949年製のKARORONという、日本のカメラだそうです。
残念ながらフィルムがもう製造されていないそうですが、とても珍しいカメラだとのことでした。
なんと8000円です。
コレクターの方はぜひ(笑)。


c0089310_11172257.jpg
最近人気の鍵たち。
とってもかわいいです。。

c0089310_11192643.jpg







1940年代、アメリカのアンダーウッド社のタイプライター。
とても程度の良い完動品とのことです。


c0089310_1112402.jpg



木目が美しい、イギリス製のレターケース。
観音開きは珍しいそうです。
かわいいですね♪


c0089310_11233381.jpg



これはすごく素敵だと思った、古鉄と陶器の灯火器。
"大変珍しい形の掛け燭"と説明にありました。
一輪ざしにしても、とお店の方がおっしゃっていました。




c0089310_11313858.jpg


また、こちらはフランスのアーティストの書いた絵も扱われています。
本物の絵なのですが、こちらも2~3万円台からとお手頃です。
この2枚好き。

c0089310_11341988.jpg





紹介しきれませんが、他にも素敵なものがいっぱいでした!
とんぼ玉のアクセサリーとか、銅とガラスのショーケースとか、昔の小学校の実験のガスバーナーなんていう珍しいものもありました。

お店の方もとても親切で、いろいろ教えてくださるので、アンティーク好きな方におすすめです。
倉敷天満屋4階の、LOFTの横のスペースです♪

インテリア・アートスペース i・D
倉敷市阿知1-7-1 天満屋倉敷店4F
tel 086-476-0150
fax 086-422-1457



c0089310_11441841.jpg
天満屋倉敷店のお化粧室に寄ったら、洗面台の横に荷物をかけられるフックがあって感動!!
こういうのって、女の子は嬉しいですよね。
意外とあるようでないのです。
ついパチリ☆

c0089310_11514938.jpg



ちなみに今日は2階のスタバでキャンドルナイトがあるそうです☆

三越が撤退して以来、倉敷の駅前が暗かったけど、天満屋ができてすごく雰囲気が良くなりました。

人が集まる、人の流れがあるということは、その場所に灯りをともすことなのだと思う。
そこからまた、たくさんのはじまりが生まれていく。

反対側のチボリ跡地も、何か素敵なことに活用されたらいいですね♪
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-21 11:58 | アクセサリー・Lumiere | Comments(4)

中野由紀子 glass works  "天より垂るは、"


c0089310_2112239.jpg

12/8~12/14まで開催された、中野由紀子さんの個展の模様です。
中野由紀子さんの紹介



c0089310_21191882.jpg



c0089310_2113333.jpg


場所は、倉敷美観地区の大原美術館の南にある、ギャラリー幹(みき)。
c0089310_21135878.jpg




すごく素敵な個展用のスペースです。


c0089310_21521487.jpg

一瞬の水滴がそのままかたちになったような、
ゆきんこさんの透明なガラスの花器。



c0089310_2156248.jpg






  ガラスを制作する事になったきっかけは、

c0089310_21581912.jpg








"小さい頃、お風呂場で水を宙に放りなげてよく遊んでいて、その水の踊るかたちの様なものを残したいと思っていた"

c0089310_23375793.jpg


そんな子供のころの想いが作品になりました。
ガラスの花器とゆきんこさん。








c0089310_23433838.jpg


素敵だったガラスのオブジェ。
気泡でブレーメンの音楽隊が描かれています。


c0089310_23444222.jpg

こちらは大きく枝を張った木が描かれています。






c0089310_014083.jpg




ちいさな作品たち。
手に取ると、何層にも重なったガラスが、天然石のような重厚感を持っています。






c0089310_003251.jpg



こちらは木工作家さんとのコラボレーション。





c0089310_06152.jpg


超ラブリーなライトです。

フェルトのカバーがついたグラスといっしょに。




c0089310_01134100.jpg



これユニークな形でおもしろかったです!
キャンドルホルダーかな??






c0089310_0212488.jpg



ガラスのペンダントトップたち。






c0089310_0293798.jpg



ペンダントトップを買われた方には、ゆきんこさんが紐をつけて、その場でペンダントにしてくださいます。





c0089310_0195572.jpg


わたしのアクセサリーも、こんな感じで並べていただいてました!
嬉しい~♪

c0089310_0243244.jpg










c0089310_0173949.jpg



モチモチの木シリーズは、"night fruit"と名づけられていました。

赤めのうのネックレスをゆきんこさんがつけてくださっていて、とても似合っていました。

愛用のカメラと。



隣の市だったので、あまり知り合いの方はいらっしゃらないかと思っていたのですが、思いがけずたくさんの方に来ていただけました!
おいで下さった方々、ありがとうございます!!

それに、このブログを見て、わたしの作品をお求めくださった方が何人かいらっしゃったので、本当に嬉しいです!\(T▽T)/
ありがとうございます!!

会期が1週間と短かったので、心配だったのですが、無事わたしのつくった作品の半数が旅立っていきました。
遠くは福岡の方がお求めくださったそうで、いろんな方が持っていて下さると思うと、感無量です。
作品たち元気でね~(;▽;)/^


今回、ゆきんこさんの作品をたくさん拝見して、とても感動しました。
美しさと繊細さ、ストーリー性をすごく感じる作品たちでした。

c0089310_2314785.jpg


水のような素直さ



c0089310_23254353.jpg







     結晶した時の美しさ


c0089310_23261336.jpg

積もる雪の暖かさ



c0089310_23281437.jpg








     深い雪の下の透明な氷


c0089310_23285231.jpg



春を待つ雪解けのつらら






    形を変える水のような、ゆきんこさんの作品





c0089310_1133741.jpg


今回のお話をくださったゆきんこさん、
ありがとうございました!

おいで下さった皆様、ありがとうございました!

また素敵なご縁ができますように☆
[PR]
by songsforthejetset | 2008-12-16 00:52 | アクセサリー・Lumiere | Comments(11)

中野由紀子さんとのコラボレーション 3                  Storytelling&Modern 編


c0089310_95109.jpgそれぞれにストーリーがある、中野由紀子さんのガラス。

透明なガラスの中に、物語の世界が広がります。

これは、約2×2cmの小さなガラスの中に、夕陽と飛ぶ鳥が描かれています。
お家に帰るところでしょうか。


c0089310_9542751.jpg
ガラスがそのまま1枚の絵になっているので、額を下げるように両端からネックレス部分をのばしてみました。

つかっているのは、やさしい色合いのシェル(貝)のビーズ。
夕陽のような色合いのカーネリアンを、後ろのアジャスター部分に飾っています。

すこし長めにして、タートルネックの首元にも映えるようにと思いつくりました。



c0089310_1064394.jpgグリム童話の「ブレーメンの音楽隊」が気泡で描かれたガラス。

年をとったり、役に立たないといわれて、それぞれご主人さまの家から追い出されたロバ、犬、ネコ、オンドリは、ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと旅をします。

その途中に出会った泥棒を、4匹が知恵をしぼって撃退している場面です。

c0089310_10495412.jpg森のような深い深い緑のガラス。
その上には、金色に輝くヴェネツィアンガラスのお月さまを添えています。

ワイン色の石はガーネット。
"困難を前向きに乗り越えるようサポートし、勇気を与え、実りをもたらす"という意味を持っています。

緑の石はモスアゲート。
"勇気と行動力を身につけ、失敗や不幸にも負けず前進する力を与える"という意味があります。


わたしはいつも意味を考えて石を選んでいるわけではないのですが、質感や色などが合っていると思うものを選ぶと、不思議と作品のテーマにぴったりなことがよくあるのです。
クリスマスっぽい色合いも、今の季節の気分です♪


c0089310_1053680.jpg
群青色のちいさなガラス。
中に一粒のちいさな気泡が浮かんでいます。

これから水面に向かって暗い海の中を上昇していくような、そんなストーリーを感じる強い印象のガラス。


c0089310_10595183.jpg


ちいさくてもジュエリーのようなインパクトがあるので、シンプルなボールチェーンを合わせました。

波のように揺れる3重のボールチェーンが、とてもエレガントなペンダントです。

トップは着脱可能になっているので、お手持ちのチェーンや革ひもなどとも合わせていただけます。




c0089310_1144631.jpg

早春の野原の輝きを思わせる、ピンクと薄緑のガラス。

ほのかな光を湛えるシェルのビーズを合わせています。



c0089310_11104914.jpg


鎖を長めにしているので、いろいろな服と合わせていただけます。
エレガントなスタイルにも、Tシャツにも似合うようにと思ってつくりました。

シェルがポイントになって、上品な輝きです。
春に向かう季節に似合いそう。






c0089310_12193036.jpg

こちらのイメージは、赤と白のスイス国旗!

さんごをつかって、モダンな感じに仕上げてみました。





c0089310_12254926.jpg



シルバーと赤のさんごって、あまり見たことがない組み合わせですが、合わせてみたらとっても素敵だった。

白のタートルネックや白いTシャツに映えそう。
コーディネートのポイントにどうぞ。



c0089310_1233486.jpg

こちらはシンプルでモダンなスタイル。

c0089310_1233463.jpg







薄いグリーンの色がついたスクエアなガラスに、穏やかで上品な輝きの淡水パールを合わせています。
この作品わたしもお気に入り。





c0089310_12401388.jpg流線形のガラスに、淡水パールをひと粒合わせました。

貝のような、いまにも落ちようとしている雫のような、ザハ・ハディッドの流線形のデザインのような、たくさんのインスピレーションをもらえます。

そして、裏の色はショッキング・ピンク!


c0089310_12451889.jpg
実はこのガラス、お預かりした時に、いったいどんなふうにつくろう。。といちばん悩んだガラスでした。

シンプルなペンダントにしたら、こんなにエレガントになって、ほんとうに驚いた。


そして、あまりに気に入ったので、私がお買い上げさせていただきました。
街でこれつけてる人がいたら、私です(笑)。





c0089310_1333679.jpgお預かりしたガラスのトップたちは、すべてが中野さんの手による、完全なオリジナル。

天然石も、ひとつひとつ違った色と質感を持っていて、同じものはありません。

「いま、このとき」の私たちも、過去にも未来にも存在しません。


c0089310_1319127.jpg
そんな個性たちが偶然に出会った。

「いま、このとき」の材料と人の、流れとめぐり合わせによって、今回のコラボレーションが誕生しました。

たくさんの偶然を経て、自分の手を通ることになった作品たち。
そんな作品たちが、それをつけてくださる方に、日々の生活を楽しく過ごすお手伝いができますように。



今回の中野由紀子さんの個展のDMに書かれている言葉、とっても素敵だと思いました!
 "テーブルの上に、小さな光を少し
 感じていただけたら幸いです。"


わたしも、自分がつくるアクセサリーが、つけてくださる方にとって、毎日の生活の中での輝きになるようにと思ってつくっています。
それで自分のアクセサリーのブランド名をLumiere(リュミエール)とつけました。


c0089310_13225352.jpgリュミエールはフランス語で"光"の意味です。

ポジティブな意味を持つ天然石をつかったアクセサリーの輝きが、つけてくださる方の毎日の生活の中の"光"になれば、とっても嬉しい。

光は希望の象徴。
中野さんとわたしとの活動が、たくさんの人の幸せにつながればと思っています。


今回のコラボレーションのお話をくださった中野由紀子さん、
本当にありがとうございました!!
中野さんのつくった物語と過ごした時間、とっても楽しかったです。
お手伝いさせていただいて、ほんとに嬉しかったです。
お会いできてよかった。


中野さんの個展は明日まで。
お近くをお通りの方は、ぜひお立ち寄りください。

中野由紀子さんの紹介はこちら


Yukiko Nakano
glass works


2008.12.9(火)~12.14(日) open 10:00 close 18:00
最終日は17:00まで

クラフト&ギャラリー 幹
〒710-0046 倉敷市中央1-6-8 tel&fax 086-422-7406
[PR]
by songsforthejetset | 2008-12-13 13:44 | アクセサリー・Lumiere | Comments(2)

中野由紀子さんとのコラボレーション 2  ノスタルジック編


c0089310_5175759.jpg中野由紀子(ゆきんこ)さんの作品には、どこか懐かしくて、昭和の時代を思わせる印象のものもあります。
今回のもう一つのテーマは
"ノスタルジック"。

「ALWAYS 三丁目の夕日」や
久石譲、木蓮の花がお好きという
ゆきんこさんの作品が持つ、少しクラシックで懐かしい感じをたいせつにしました。

c0089310_5222230.jpgさんご、シェル(貝)といった素材がよく似合います。
「三丁目の夕日」の小雪がつけていそうなイメージでつくりました。
http://jp.youtube.com/watch?v=ngjPeW9gEGs

c0089310_5241697.jpg






北原三枝さんが美しい、昭和30年代の名作「陽のあたる坂道」も好き。
http://jp.youtube.com/watch?v=tpzENctI07E





c0089310_5545919.jpgこれは、ゆきんこさんが絵本「モチモチの木」をイメージしてつくったシリーズです。

c0089310_5553846.jpg






色ガラスをはさんで、切絵の世界を表現しています。

c0089310_558069.jpgじさまと2人で暮らす弱虫の豆太には、モチモチの木は、夜になると恐ろしいお化けのように見えてしまいます。

年に一度、山の神様のお祭りの日に、モチモチの木には灯りがともります。
でも、それを見ることができるのは、勇気ある
1人の子供だけ。


c0089310_692663.jpgこのシリーズは、ブルーサンドという石を使ってロザリオっぽくつくりました。

c0089310_6114428.jpg







秋になると、モチモチの木は、たくさんの茶色い実を落としてくれます。
その実をじさまが臼で挽いて、お餅にするととても
おいしい。
センターに、モチモチの木の実のような、茶色いインディアンアゲートをつかっています。


c0089310_636369.jpgこのブルーサンドは、ラメが入っている人工石。
モチモチの木に灯りがともる夜の、星がきらめく夜空のようにキラキラと輝きます。

c0089310_6423451.jpg






このトップの内側の赤い灯が美しいので、センターに赤めのうを使いました。


c0089310_643111.jpg



赤さんご、淡水パールをあしらったピアス。
色ガラスが透けて見えて美しい。
小さな石がかわいらしく揺れます。


c0089310_643242.jpg



こちらもロザリオ風。
ゴシックっぽいイメージにもなりますね。

シルバー×ブラックで、スタイリッシュな印象。
つけると意外に華やかなのです。





c0089310_7011100.jpgどことなくクラシックな印象のペンダントトップに、紫色のフローライトを合わせました。
トップと合わせたイメージが花のあやめっぽいと思い、この色の組み合わせにしました。

c0089310_773534.jpg





フローライトをグラデーションになるように配しています。
色のせいか、すこし神秘的なイメージの作品になりました。






コラボレーション作品、パート3につづきます!
中野由紀子さんの紹介はこちら


Yukiko Nakano
glass works


2008.12.9(火)~12.14(日) open 10:00 close 18:00
最終日は17:00まで

クラフト&ギャラリー 幹
〒710-0046 倉敷市中央1-6-8 tel&fax 086-422-7406
[PR]
by songsforthejetset | 2008-12-12 07:15 | アクセサリー・Lumiere | Comments(4)

中野由紀子さんとのコラボレーション 1  Water編


c0089310_1183277.jpg中野由紀子さん(ゆきんこさん)の個展用のコラボ作品、無事できあがりました!!

14日まで、倉敷美観地区のギャラリー幹にて展示されています。
個展の詳細はこちら
中村由紀子 glass works

中村さん(ゆきんこさん)は京都在住のプロのガラス作家さん。
http://www.standardnet.jp/creators_/n_nakano_comment.html

岡山でもたびたび個展を開催されていらっしゃる、人気の作家さんです。


夏にグループ展をされていた際に、偶然お会いしたのがきっかけで、作品をつくらせていただくことになりました。

ゆきんこさんのガラスのペンダントは、ふだんは紐だけで下げたシンプルなスタイルで、とてもかわいいのです。
アクセサリーにするのを、他の方に本格的に依頼されるのは初めてとお伺いして、責任重大!!と思いがんばりました。


c0089310_1244479.jpgゆきんこさんからお預かりしたガラスのトップは約20点。
ひとつひとつの作品が語る「お話」と、対話する日々がはじまりました。

一番大事なのは、作品の世界が広がっていくようにつくること。
そして、つけた人が綺麗に見えること。


作品が語る「お話」に沿ったアクセサリーをつくることを念頭に置いて、材料を探しました。


c0089310_1275149.jpg繊細な模様が気泡で描かれている、薄い緑色のガラス。
わたしがよく使う、透明な水晶やスワロフスキーなどは、光が強すぎて浮いてしまいます。
パールもポイントに使うくらいでちょうどいい。


c0089310_1321222.jpg




ゆきんこさんがpieni学園祭の私の作品をみて、しずく型のフローライトの作品を気にいって下さったので、同じイメージでつくった作品です。

"天より垂るは、" (あめよりたるは)
という個展のタイトルからもイメージをいただきました。
天から降る雨のように、しずく型のフローライトがきらきらと輝きます。


c0089310_1441672.jpg
今回たくさんつかったのは、このフローライト。
別名蛍石ともいう、いろんな色が層になっている石です。

売っているときにはこのように全色混ざった状態で売っているので、この中から使える色を選んで、配置を考えていきます。


c0089310_1454797.jpgフローライトは、ゆきんこさんのガラスと相性がすごくいいのです。
淡い光、淡い色。
清浄な水を感じさせる石です。

語源も、ラテン語の"fluere"(流れる)。
"子供のころの自分に戻ったように、自分が水のように自由に流れることができるようサポートしてくれる"意味を持つ石です。

色がとても微妙なので、ほんの少しのトーンが大切です。
太陽光でみると、とても綺麗。


c0089310_1463779.jpgこれは、4つの風景の作品をひとつにしたペンダント
クリスマスの風景のようなので、"Winter Holliday"とつけました。

c0089310_2433499.jpg





フローライトにつながれた、ちいさなタペストリーのように世界が広がる。
存在感のある、豪華なペンダントです。

後ろをはずせばブレスレットになっているので、短くしても使えます。



c0089310_1495320.jpg
ゆきんこさんの作品は、"水"がテーマになっているのだそうです。
ナチュラルな感じ。

わたしもきれいな水がすごく好き。
水の流れのような作品をと思い、今回この作品をつくりました。

透明な水の流れを感じさせる、透明-うす緑-ブルーグレーのフローライトでつくったロザリオ型のネックレス、
"透明な水のロザリオ"。
大好きな作品です。


イメージは、エンヤの"Wild Child"。
http://jp.youtube.com/watch?v=EhhZSbSF2cE

エンヤはゆきんこさんも好きなアーティスト。
歌詞もぴったりな気がするので、雰囲気で訳してみました。


c0089310_1553981.jpg眼を閉じ
立ち止まり 耳を澄まして
生きているのを感じる

あなたは何も無くしてはいない

理由なんていらない
一日を流れのままに過ごしましょう

雨は降らせればいい
あなたのまわりにたくさん

その中に自分をゆだね      
c0089310_224389.jpg流れに身を置いてみる    

理由なんていらない
雨は天から降るにまかせましょう

やりすごすのが大変な日だってある
心のまま 生きている私たちには

時がたてば
めちゃくちゃな状態は過ぎ去る

毎日 あなたは見つける
この世界に法則があることを

理由なんていらない
一日を流れのままに送りましょう

c0089310_234526.jpg夏の太陽
冬の夜
めぐりくる春
去っていく秋

理由なんていらない
すべては流れのままに

やりすごすのが
大変な日だってある
心のまま 生きている私たちには




c0089310_242236.jpg鳥と木立が繊細に彫られているペンダントトップ。

ゆきんこさんがお好きな、「海の上のピアニスト」の"愛を奏でて"のイメージでネックレス部分をつくりました。
http://jp.youtube.com/watch?v=7zxfF4EU8GY


c0089310_25995.jpg淡い恋のときめきと透明感。
海の泡のようなクラッククオーツ。
夢で見たような繊細な色彩。

c0089310_374754.jpg








なかなかロマンティックな感じに仕上がりました。
うれしい。


c0089310_381356.jpgコラボレーションのパート1、
"water"編でした。

つぎはまた雰囲気がかわって、
"ノスタルジック"編です。




Yukiko Nakano
glass works


2008.12.9(火)~12.14(日) open 10:00 close 18:00
最終日は17:00まで

クラフト&ギャラリー 幹
〒710-0046 倉敷市中央1-6-8 tel&fax 086-422-7406
[PR]
by songsforthejetset | 2008-12-11 03:21 | アクセサリー・Lumiere | Comments(4)

ガラス作家・中野由紀子(ゆきんこ)さんとコラボレーションします!


かわいらしく透明感のある作品で、ファンが多いガラス作家のゆきんこさん。

Pieniでも個展を開催されたことがあり、わたしも作品は拝見していたのですが、なかなかご本人にお会いする機会がありませんでした。

あるご縁がきっかけでお会いすることができ、ご本人も作品通りの素敵な方で、お話できてとても嬉しかった!!

そうしたらなんと!
12月の中野さんの個展で、ペンダントの制作をさせていただけることになりました!!


c0089310_7455739.jpgYukiko Nakano
glass works


2008.12.9(火)~12.14(日)
open 10:00 close 18:00
最終日は17:00まで


クラフト&ギャラリー 幹

〒710-0046
倉敷市中央1-6-8
tel&fax 086-422-7406
http://kankou-kurashiki.jp/gallery/popup.cgi?p=01%2f0102002


幹は倉敷の美観地区にあり、ギャラリーと雑貨の有名なお店。
わたしも何度もお伺いして、作家さんの作品展を観にいかせていただきました。

いつもとてもクオリティの高い作品を展示されていらっしゃるので、がんばって制作せねば!!
といま鋭意制作中です。

この写真のような、ゆきんこさんがつくられたガラスのトップをいくつかお預かりしています。
それをいま、ペンダントとピアスに制作しているところです。
乞うご期待!

ゆきんこさんもギャラリー幹も、まさか自分が制作で関わらせていただけるなんて、想像もしていませんでした。
だからとっても嬉しいです!

わたしがつくらせていただくのはアクセサリーですが、グラスやうつわ、花瓶など、ゆきんこさんのほかの作品もとっても可愛いですよ。
わたしも大好きです。

お近くをお通りの際にはぜひお立ち寄りください♪
[PR]
by songsforthejetset | 2008-11-30 08:22 | アクセサリー・Lumiere | Comments(7)

pieni..学園祭 展示初日レポート


11/3から学園祭の展示がはじまりました!
わたしもお昼過ぎに搬入へ。

ちょうど東アフリカ文化のお料理教室の最中で、先生が持ってきてくださったカラフルなアフリカの布をエプロン代わりにまとった皆さんが、楽しそうにテーブルコーディネートをされているところでした。

pieniの店内が、スパイシーな異国の香りがしていました。
わたしもお豆を煮たのをいただきました。おいし~。

その日まで展示をなさっていた、シルバーアクセサリー作家の岡本里子さんと入れ替わりで、わたしの展示をさせていただきました。
岡本さんの作品、pieniっぽくてとってもかわいかった。

c0089310_18465033.jpgいつもながら、pieniに置かせていただくと作品がものすごく綺麗に見えます!!
作品が輝きを増すというか。

場所と作品の相乗効果ってあると思うのですが、ここは特別。
なんか石が喜んでいるみたい。
そしてpieniの場所も歓迎してくれているみたい。
毎回そう思います。

ちなみにこのドロップ型のフローライトのネックレス、pieniドロップスと命名しました。
色合いがpieniっぽいので。。

c0089310_18503776.jpgc0089310_185108.jpg

つけたらこんな感じです。

かわいいでしょ?




c0089310_18581921.jpg

ロマンチック路線でまとめてみました。

名づけて
"ルネッサーンス!"
コーナー。(笑)

髭男爵好きです。


c0089310_1911967.jpgこのリングたちも、だ円のは
"renaissance"、
四角いのは
"Bonjour"
と勝手に命名させていただきました(笑)。

リング台にスワロフスキーをセットしただけなので、作品と呼ぶのははばかられるのですが。。
キラキラな感じが縁起物っぽくて、展示してかわいかった。


c0089310_19104668.jpg

今の展示はこんな感じです。
トルコ石のロザリオも好評です。
がんばってよかった。。

もうちょっと展示を増やす予定です。
がんばります!


c0089310_19205459.jpgわたしが展示をしている横では、pieniのマトリョミン教室の先生、マイミクおばおばさんが新聞の取材を受けられていました。
記者の方のノリのよさと上達の速さに驚愕(笑)。

そしておばおばさんが、何曲か演奏してくださいました。
ラフマニノフのヴォカリーズの美しさにうっとり。。

マトリョミンもいいけど、やっぱテルミンの音ってすごくきれい。
もちろん演奏している方が上手だからですが。

9日14時からは、マトリョミン演奏も間近で聴ける「pieni..音楽発表会」があります!
http://felicite.exblog.jp/10059259/
ご興味ある方はぜひ♪

わたしは展示をしたり、講師紹介のポスターを書いたり、お茶とタルトをいただいたり(ごちそうさまでした!)、窓辺の机で値札を書いたりして、久々にpieniで長時間ゆっくりと過ごしました。

特に、交差点に面した窓辺の机で作業をするの、とっても楽しかった!
目の前の道を、人や車が行過ぎていって、流れがよくて、とても気持ちがよかったです。

c0089310_19394463.jpgそして夜はpieniバレエ教室の発表会練習を見せていただきました!

さすがに知っている人がいきなりバレエを踊っている姿は新鮮。
いつも見慣れた人の、予想外な動きは、最初けっこう衝撃的でした(笑)。

まだ教室が始まって間がないのに、とってもいい感じで踊れていました☆
みんながんばれ~!

美しい先生お2人の、優雅な動きにも見とれてしまいました。
特に手の表現。
超美しい!!
エレガンスに心癒されたのでした。

このバレエ部の発表会、なんとpieni店内がそのままステージだそうです!

壁面がほぼガラス張りなpieniだからできるこの企画。
観客席は外(笑)。

先生+生徒+スペシャルゲストがお送りするバレエ部発表会。
みなさん乞うご期待!!


9日夜には、城下公会堂でTICAのスペシャルライブもあります!
http://felicite.exblog.jp/9926379/

TICA  Rock The Casbah (The Clash)


シャーデーとかヴィクター・ラズロを彷彿とさせる、smooth&stylishなヴォーカルです。
オシャレです♪


8.9日には楽しい学園祭イベントが目白押しです。
詳細はpieniブログをご参照ください。
http://felicite.exblog.jp/

みなさんお誘い合わせの上お越しください☆

こんな楽しいイベント、わたしちょうど名古屋・東京の旅と重なってしまい、参加できないんです。。orz
さみしい。。

わたしに会えるかどうかご連絡くださった方々、申し訳ありません!
代わりに作品がご挨拶させていただきます。。

楽しんでくださいね(T_T)/
[PR]
by songsforthejetset | 2008-11-05 20:17 | アクセサリー・Lumiere | Comments(4)

pieni学園祭 講師紹介のポスター


今日pieniに搬入に行ってきました♪

学園祭期間中、pieniで教室をしている先生たちの、講師紹介のポスターの展示もあります。
皆さんすごいステキなのを作られてて、みていて楽しい!

c0089310_21515497.jpg右上からドイツ語講座、Kathy先生の英語教室、東アフリカ文化とスワヒリ語入門、
Nick先生の英会話教室。

Kathy先生はわたしも以前教えていただいていましたが、とっても教えるのが上手な、素敵な先生。
女性としても素敵な方で、お会いするとこっちまでHAPPYな気分になります。

今日pieniに行ったら、ちょうど東アフリカ文化のお料理教室をされていて、すごいスパイシーないい香りがしていました。
わたしも豆の煮込み料理をおすそわけしていただきました。おいしかったです♪
先生も素敵な方で、アフリカ放浪の旅をなさっていたとか。
またお会いするのが楽しみです。


c0089310_21521880.jpg右上から刺繍教室、手紙部、韓国料理教室、オリガミ教室。

刺繍教室の石井寛子先生は、雑誌でも紹介され、ご自分の刺繍の本も出版されている、とってもかわいくて素敵な作品をつくられる方です。
学園祭期間中は展示もされていますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

手紙部はハンドメイドのクラフト感あふれる手紙をつくる部活動。
部活動は、ほかに茶道部やショコラ部(チョコレートをみんなで楽しむ)などがあります。

光森康郎先生のオリガミ教室、わたしも受講したことがあるのですが、すごいです!!


c0089310_22223273.jpg1枚の紙を1時間かけて折っていき、できあがったのはコウモリ。

先生オリジナルのMacでつくったオシャレな折図もいただけるのですが、わたしには絶対再現不可能。。
折り紙の真髄を体験したい方はぜひ!

ちなみにこのカナブン、カナブンマニアのわたしには超萌え~でした。


わたしは講師紹介のポスター、アクセサリーの制作でいっぱいいっぱいだったので、今日pieniに行って書かせていただきました。

手がかかっていない分いっぱい書いて、アクセサリーつくりの材料と10月の教室でつくったペンダントを展示してみました。
こんなのができるんですよ!ってわかりやすいかなあって思って。

星型のパンチで抜いた白い紙を貼ってちょっとキラキラ感アップ。。

c0089310_21254149.jpg


下半分は講師紹介の質問で、
1. おすすめの本、または音楽、または映画
2. 今、どんな旅がしたいですか?
3. pieni..にこんな講座があったら、行きたい!
となっています。

ちなみにアクセサリー教室、男子も受講大歓迎です。
男子はプラモとかをつくった経験があるからか、とってもきっちりと上手につくる傾向にあります。
これからの季節、彼女に贈るプレゼントにいかがでしょう♪

わたしがアクセサリー教室を開講させていただいているpieniには、手芸、語学、音楽、アウトドア、ダンス、お料理、お笑い(?)、などなど約40のとてもユニークな講座が開講されています。

なにかはじめてみたいという方はもちろん、1回から受講できる講座もたくさんありますので(わたしのもそう)、ちょっと何か面白いことしてみたいと思われる方はおすすめです!
そんなpieniはこんなところです。
http://felicite.exblog.jp/
[PR]
by songsforthejetset | 2008-11-03 22:40 | アクセサリー・Lumiere | Comments(2)

pieni..学園祭に出展します!


明日からpieniの学園祭の作品展示が始まります。
わたしも出展しますので、お近くまでいらした方はぜひお立ち寄りください。

*pieni..学園祭
 展示 11/3(mon.)-11/13(thu.)

いまこんな感じのをつくっています。


c0089310_11281610.jpg
ドロップ型のフローライトをつかったシリーズ。
色合いがpieniっぽい気がして、つくってみました。

ドロップ型のフローライト、とってもかわいい。
透明感が好きです。





c0089310_11293394.jpg今回からワイヤーをつかって、石を全部"めがね止め"という止め方でつないでいます。
これは3mmの淡水パールと1.5mmの極小ビーズをめがね止めにしています。

今までは石をつなぐのに、9ピンをつかっていたのですが、9ピンは引っ張る力に弱く、外れやすい点が難点でした。

めがね止めにしたら、ワイヤーが切れない限り外れないので、その点は安心です。

せっかく買っていただいた方に、長くつかっていただきたいと思い、がんばって練習したらけっこう速くできるようになりました。
細いワイヤーをつかったら、すごく繊細な表現もできるので、また作品の幅も広がった気がします。



c0089310_1135361.jpgとってもかわいいリング台をみつけたので、キラキラなリングをたくさんつくってみました。
ドロップのように楽しい色合いです。

後ろはシルバーのクロスとガーネットのネックレス。
秋に似合う、ガーネットの深い赤です。



c0089310_11374268.jpg細長い形のエレガントなチェコガラスパールをつかって、ネックレスをつくりました。
このパール、つけるととても映えるんですよ。
ピンクのは珊瑚です。

手前のは、練りトルコ石をつかった、不思議のメダイのロザリオ風ネックレス。
Tシャツとも、タートルネックのセーターとも、とても相性がいいデザインです。

出展の点数はそんなにたくさんではありませんが、期間中にも作品をつくって補充していきたいと思っています。
8.9日には、学園祭のいろいろな催しも行われていますので、ぜひ皆さんお越しください♪

Pieni..ecole+cafe

岡山市出石町1-8-1 1F
tel: 086-231-6420
e-mail: felicitenote@able.ocn.ne.jp
http://felicite.exblog.jp/

open: (weekday) 13:00-21:00 (weekend)12:00-20:00
closed Monday
※11/3は営業しています。

学園祭期間中はライブなどのイベントもありますので、お店の開店時間など、電話で問い合わせてからいらっしゃることをおすすめします。
[PR]
by songsforthejetset | 2008-11-02 12:30 | アクセサリー・Lumiere | Comments(7)

オーダーメードの作品


ご依頼をいただいて、オーダーメードの作品もおつくりしています。

昨日は、お友達同士でオーダーをしてくださったお2人に、作品をお渡しさせていただきました。
以前にもお会いしていたので、スタバで楽しくお茶をしながら♪

お2人のご依頼は、ロザリオとピアス。
一度お会いしていたので、お2人のことを思い浮かべながらつくりました。

c0089310_1424975.jpg
"いとも美しきマリアの真珠のロザリオ"

ゴールドとパールの組み合わせで、というご依頼をいただいていました。

イタリア製の十字架に、聖母マリアの"不思議のメダイ"のセンターピース、淡水真珠でおつくりしました。


身につけた時に、センターピースのマリア像が美しく映えるロザリオです。

c0089310_14252398.jpgc0089310_14255376.jpg


ちょうど胸の位置にくるのは、聖母マリアの"不思議のメダイ"です。
"不思議のメダイ"の詳しい説明
http://barbiel.com/ritem/fmedai1.html

c0089310_14271816.jpgc0089310_14274129.jpg


ご依頼いただいた方は、看護師さん。
芯の強さと包容力、優しさを感じさせる彼女の雰囲気を思い浮かべながらつくりました。

c0089310_14283164.jpg貝から生まれる真珠は、月の力を宿し、女性の運気を総合的に高めると言われています。
愛情と母性を高め、穏やかで優しい気持ちをもたらすという意味を持っている真珠は、そのまま聖母マリアのイメージとも重なります。

そして看護師さんという、弱い人を助け、支え、守るお仕事とも。



c0089310_14285859.jpgボリュームのある十字架の形が可愛らしくて、身長があってカジュアルな雰囲気の彼女にきっと映えると思ってつくりました。

とても楽しみにしてくださっていたそうで、ゴールドと真珠の輝きがとっても似合っていました!
素敵なのができてよかったです♪




c0089310_1429313.jpg"楽園の瑠璃の果実"

ラピスラズリが大好きでいらっしゃるので、ピアスをというご依頼をいただいていました。

瑠璃色の美しいラピスラズリ。
エキゾチックでどこか神秘的な雰囲気を持っていらっしゃる彼女の、意志の強さを感じさせるお顔立ちを思い浮かべながらつくりました。


c0089310_1430512.jpg
ラピスラズリは、古代より豊穣と喜びの石、聖なる石として珍重されてきた、非常に精神性の高い石なのだそうです。

"普遍的な真理"を象徴し、持ち主の知恵、洞察力、決断力をサポートしてくれ、幸運と成功に導くという意味を持った石なのだそうです。



なんでも、「持ち主の吉運を大吉運に、凶運を吉運に変える強いパワーを持つ石」なのだそうですよ。
わたしも自分に何かつくろうかな(笑)。


c0089310_14304474.jpgこちらの写真がほぼ実物大です。
つけていただいたらぴったりで、とってもよくお似合いでした!
すごい幸せ。嬉しい~♪


お2人とのおしゃべりがとても楽しくて、お会いするのが2度目だとは思えないほどでした。
Girl's talkに花が咲いて、気がついたらスタバに何時間もいてしまった(^^;。
素敵な時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!


オーダーメードをお受けする際にいちばん楽しいのは、その方に似合うようにつくることです。

その方の人柄や雰囲気、体型や肌、髪の色に似合うようにつくることと、夢や希望、好きなものをお伺いして、その方らしい作品をおつくりするのが、とても楽しいです。

お会いしたことがない方でしたら、その方の写真を見せていただいてもつくることはできますが、実際にお会いするほうが、よりその方に似合うものができます。

その方が持っている、いちばん他人と違っている特別な部分って、ご本人にはわからないものです。
そういう点が、ご本人の口から「自分を説明する言葉」として出てくることはないので、実際にお会いしないと、一番重要なポイントがつかめないのです。

その方が大切にしているものや夢、希望、生き方、考え方というものは、必ずその方の表面に表れているので、それが作品をつくる上でいちばん大切なことです。

その方の夢や幸せ、そういったものに近づくためのお手伝いができるようにと思って、その方のことを考えながらつくっています。

作品をお見せした時には、皆さんとても喜んでくださって、つけていただくとやはりお似合いになるんです。
そういったことを見せていただけるのが、一番嬉しい瞬間です。


オーダーをお受けする際には、だいたいの予算をお伺いして、あとはわたしがその方をイメージして、似合うようにおつくりするパターンが多いです。
あと、このデザインで別の石をつかってつくってほしい、というご希望もお受けしています。
個展やHPなどで作品をみてくださって、ご注文をいただくことが多いです。
 過去の作品 http://lumiere-maki.com/work.html

納期は、わたしがその時にお受けしている仕事の量によるのですが、大体1ヶ月程度をみていただければと思います。
ただ、プレゼントなどで、どうしてもこの日までに必要という方もいらっしゃるので、そういう時にはご相談ください。

作品のご注文・ご相談がございましたら、どうぞお気軽にこちらまで。
 Lumiere お問合せ http://lumiere-maki.com/contact.html
[PR]
by songsforthejetset | 2008-06-28 14:37 | アクセサリー・Lumiere | Comments(16)