カテゴリ:医局秘書(2004.6-2009.8)( 33 )

医局の先生方と銀座でご一緒しましたo(^▽^)o

引っ越したものの、夏の販売会のDMの宛名書きに追われる日々を送っています。。

昨夜、以前勤めていた大学の研究室の宛名を書きながら、みんな元気かな〜と思い出していました。

そしたらなんと!!

今日の夕方に研究室の先生から、今学会で東京に来てるので会おうとお電話があってびっくり!

三越のライオンの前で待ち合わせ♪

と、ますます美しくなったY先生が!
おひさしぶりです〜(T▽T)
Y先生は、わたしが以前ボストンに遊びにいったときにもお世話になった美人歯科医です。

ラデュレでお茶をごちそうになりました。
今日にお昼に三越の前を通ったときに、行きたいな〜と思ったばかりでした。
ありがとうございます!

そして後から教授と医局長の先生もいらっしゃって、銀座7丁目のライオンへ。


c0089310_015179.jpg



近代建築が素敵なライオン、来てみたかったのですが、なかなか一人で入るのは勇気がいって、まだ一度も行ったことがありませんでした。

うれしい。。(T▽T)


c0089310_015251.jpg



先生方とお会いするのは、おととしの8月に医局を退職して以来です。

でも先生方も変わらずお元気で、お仕事をがんばっていらっしゃって、お話をお伺いしながら、なんだかとても嬉しい気持ちでいっぱいでした。

久々に聞く医療分野のお話。
どんな分野の方とお話ししてもそうなのですが、上の方ほど基礎的なことを大事になさっていると感じます。

また、一つの仕事に情熱を持って打ち込んで、多くの経験を積んでいらっしゃる方のセオリーは、職種が違っても勉強になることが多いのです。

今日お伺いした言葉で、

「前準備を綿密に。基本的に悲観論者で、迷って、迷って、最後の最後にちょっと迷いがなくなるのがいい。」

というのがあって、きっとそれもほかの分野にも通じると思いました。

わたしも本当に自信はないし、迷ってばっかりですが、ここは行かないとと思うとポンと飛ぶ方だと思うので、すごく納得できた。

そんな先生方の指導のもと、若い先生方がどんどん育って行っているのだそうです。
頼もしいですね!

いつも優しい教授は、わたしの仕事がうまくいっていることや、銀座にアトリエをオープンすることをとても喜んでくださいました。
ありがとうございます。。(T▽T)

いつもオシャレな医局長の先生は、銀座の街にも詳しくて、さすが!と思いました(^-^)

先生方とご一緒するのはほぼ2年ぶりなのですが、そんな感じがしないくらいなごみました♪

本当に、こちらの研究室でお世話になった5年間で学ばせていただいたことが、今の仕事にどれほど役に立っているかわからないくらい。
教授をはじめ先生方に感謝です。
辞めてからもこうやって気にかけてくださって、本当にありがたいです。

先生方にごちそうになって、すっかり酔っぱらって、幸せな気分で銀座の街を歩いて帰りました(^-^)

先生方、今日は本当にありがとうございました!
明日からの学会がんばってくださいo(^▽^)o
[PR]
by songsforthejetset | 2011-06-16 00:01 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(4)

同門会


先日、研究室の同門会(同窓会みたいなもの)がありました。

昭和57年から教室に在籍した教室員の先生がたが年に一度集まる、大きな会です。
開業されている先生の特別講演や、留学なさっていた先生の帰朝報告、みなさんの近況報告などがあります。

そして毎年、今年入局の先生が顔見せの芸をされるのです。
これも楽しみのうちの一つです。
昨年の自作ムービーつきのスリラーは、準備と練習の甲斐あって、保存版の力作でした!!

演目は毎年当日まで極秘なので、今年はなんだろう??と思っていたら、
X JAPANのエアギター+エアボーカル+エアドラムでした!!
華麗な名演に若者は爆笑でしたが、年配の先生方は元ネタをご存じなかったのかも。。(^^;

退職してまだ数日だったのですが、何日かぶりに皆さんのお顔を見て、ほのぼのしました
(*^^*)。
今東京でお仕事をなさっている先生が、"ここに来たら昔と変わらない気分になる"とおっしゃっていましたが、わかる気がしました。

同門会でしかお会いできない先生方や、前教授の先生にもご挨拶させていただきました。
前教授の先生は、いままでにもこのブログに書かせていただきましたが、とっても素敵な方なのです。
http://songsfor.exblog.jp/5300757
http://songsfor.exblog.jp/8135505

わたしにもいつも優しく接してくださって、今回退職したのもとても残念がってくださったので、とても嬉しかったです。
もうお会いできないと思うとさみしい~(T_T)。。

いまの教授もとても上品で優しい方なので、ほんとにいい研究室で働かせていただいたと思います(^-^)。

そしてびっくりしたのが、超力作の立派な同門会報!
わたしも原稿を書かせていただいたのですが、オールカラーでちゃんと製本もしてあって、皆さんの原稿をまとめた見事な1冊になっていました。

なんでも直前に夜なべで印刷&製本したのだそうです。
ありがとうございます(T▽T)。。


開業なさっている先生が、ご挨拶の中でおっしゃった言葉が印象に残りました。

"自分が研究室にいた頃のことを考えたら、かけがえのない良い経験を、本当にたくさんさせていただいたと思う。
若い教室員の先生は、自分がいる環境がいかに素晴らしいか、まだピンとこないかもしれませんが、今、目の前でやらなくてはいけないことを一生懸命やっていれば、すごい財産になる。"

わたしもほんとにそう思いました。
今自分のまわりにあることのすばらしさって、その中にいるとなかなか実感できないけれど、それを自分でいかに一生懸命みつけていくかどうかで、未来は良い方向へ変わっていくと思う。

いつでも自分の周りには、たくさんの資源と、チャンスがあふれている。
"そのことに気づいて、活かす努力ができる自分"であるかどうかが大事なのだと思う。

気付かない人は、たくさんの資源やチャンスに囲まれていても、それが見えないし、あることにも気付かないか、気付いていても反応しない気がする。

気付く人は、一見何もなさそうに見えるところにも、資源を見つけ、チャンスを自分でつくりだしていったり、チャンスが向こうからやってきたりする。

両者の違いは、「向上心」。
自分を変える努力をするかどうかなのだと思う。

今いる場所に満足して、生活を変えたくないと思っていたら、向上心は生まれない。
新しい世界も見なくていいし、自分を変える必要もなくなる。

でも、世界は常に動いていて、自分の周りの世界も常に変化しています。
もし、自分の未来をより良いものにしたいのだったら、向上心を持って自分を常に変える努力をしていないと、自分が望む未来に追いつけなくなる。

自分が望む未来のスピードは、けっこう速い。
さなぎの背中が開いたら、そこから出て行って、羽をはばたかせて一生懸命飛んで追いつかないと、ついていけない。

自分の人生が自分の思うままに動かせるうちに、自分が思う方向に、自分の未来に向かって飛ぶ。
そこから出て行かなかったら、一生さなぎのまま。

それが幸せな人もいるし、幸せでないと思う人もいる。
どちらも正解でも不正解でもないのだと思う。

自分が毎日幸せを感じて、自分がやっていることに充実感を感じて生きていけていたら、それでいいのだと思う。
そういう時、きっと自分の周りには、自分と同じ人たちがいる。

「今」はつねに、未来へのステップ。
どんな年齢の人にでも、どんな立場の人にでも。

自分の未来をよりよいものにしようと思ったら、今自分の周りに打ち込めるものを見つけて、精一杯がんばる。
それは、今いる自分の世界を良くすることにもつながる。
そうしたら、今いる自分の世界が、次のステップへと自分を押し上げてくれる。

自分の次の未来を作ってくれるのは、

今自分がいる世界。
そこにいる人たち。
そこにあるもの。

いまこのとき。

気付かないけれど、自分も、周りの世界も、常に変化しています。
それをいい方向に持っていけるかどうかは、自分の努力しだい。

昨日の「世界ふしぎ発見」でもやっていたけれど、フランスの美しい村の人々は、自分の村が持っている資源を誇りに思い、活用していました。
たくさんの人々が訪れて、村がにぎわい、みんなの幸せにつながっていました。

自分が持っているものの魅力に気づくことができれば、それに魅かれて人は集まってくる。
それを実現させているのは、そこにいる人の努力なのだって、昨日のテレビを見ていても思いました。


ブログを書いていていつも思いますが、自分以外の人に発表するものでありながら、実は誰より自分に向けて言っているのですよね。
今日もがんばろう(^-^)。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-09-13 12:06 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(0)

最後の日の贈りもの


お仕事最終日は、めっちゃ忙しかった!

今日中に終わるのだろうか。。
と半ば呆然となりつつコーヒーを入れていました。

c0089310_2050528.jpgお隣の建物の屋上のカンナが4輪、綺麗に咲いていました。

わたしがここで働きはじめた夏も、同じように赤いカンナが咲いていて、とっても綺麗だったのを覚えています。

誰も世話をしていないのに、毎年きちんとお花をつける、可愛いカンナたちです。

今年はなかなか咲かなくって、もう今年は見れないのかなー。。と思っていたら、ある朝見事に咲いてくれていて、とっても嬉しかった。
これからも元気でね♪

c0089310_20523125.jpgコップなどの洗い物をしていると、目の前に見えるのは、お隣の建物の屋上。

一見荒れた屋上に見えますが、わたしにとっては自然の移ろいを感じさせてくれる、素敵な庭でした。

夏にはカンナが咲くし、春にはライラックが咲くのです(右側の屋根にちょこっと木があるところ)。
もう見れないと思うとさびしいです。。

ちなみにこの庭は、2年前にもブログに登場した庭です。
http://songsfor.exblog.jp/6990218

今、久しぶりに昔の文章を読み返してみたら、若い!!(笑)
昔の文章は、自分で書いていながらすっかり忘れているので、ものすごい新鮮&ストレートでびっくりします。(^^;

でもまさに、今の自分も考えていることが、荒削りながらそのまま入ってる。
ブログって不思議で、未来の予言のようでもありますね。
こうやってさかのぼって読んでみると、いろんなことが今につながっているんだなあって思います。


夕方になりましたが、一向に仕事が片付きそうな気配がありません。
今日中に終わるのだろうか。。orz
と思いつつお仕事していると、突然廊下がピカって光りました!

何??

と思って廊下に出てみたら、

c0089310_21205435.jpg
廊下がめっちゃキレイに輝いていてびっくり!
「未知との遭遇」のマザーシップが来たみたいです。

安藤忠雄の光の教会を思い出しました。
行ったことないけど。。

西陽が射し込む時間は、こんなにキレイなんだ!
今まで知らなかった。

最後の日に、いつもの廊下のこんな姿が見られて嬉しかったです♪


そして日も暮れ。

仕事はまだまだ終わりそうになく、ちょっと泣きそうになっていると、同じ部屋の先生が、いま夕焼けがとっても綺麗って教えてくださいました。

2人で廊下の突き当りの窓まで行ってみると、

c0089310_21384318.jpgほんとだ!!

すっごく綺麗な夕焼けの空です。
写真だと、藤城清治さんの影絵みたいですね。

最後にすてきな夕焼けが見れました。
教えてくださって、ありがとうございました^^

そして無事お仕事も片付きました。
よかったー。。 \(T▽T)/

いろいろと楽しい思い出が残った、お仕事最終日でした。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-09-05 22:03 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(2)

皆さんありがとうございました♪


退職前に、皆さんご挨拶に来てくださって、本当にありがとうございました!!
とっても嬉しかったです!!

c0089310_1255259.jpg他の教室の秘書さんと事務の方たちにお食事会をしていただいて、その時にいただいたお花です。
場所はBONBONCHA。
http://bonboncha.exblog.jp/
女子だけで盛り上がりました♪
楽しかった&お花とっても綺麗でした!!

c0089310_1259320.jpg







最近ますます綺麗になった先生からいただいた、ロクシタンのセット。
ロクシタン大好きなので、どれもすごく嬉しいです^^
とっても素敵なあまい香りのシャンプーです♪


c0089310_1313929.jpg

とてもおいしい沙知のカレー(+からあげくん)と、いつも楽しい先生からいただいたナボナ。
「お菓子のホームラン王」、はじめて実物を見て感動しました。



c0089310_134538.jpg金曜のランチ仲間、中四国がんプロのお2人に、
ル・ミディでランチをごちそうしていただきました。
ここ行ってみたかったので嬉しかった!
おいしかったです♪

c0089310_1373794.jpg








そして、そのがんプロのりみさんがお料理教室でつくったケーキをお呼ばれ&最新のがん治療の本をいただきました。
これからもがんばってね!



c0089310_1394092.jpgいつもおしゃれな秘書さんからいただいた、赤ちゃんのカードとオ・パフメの香りのシート。
可愛いです♪
オ・パフメの香りも好き。バッグの中に入れます^^


c0089310_1315484.jpg








可愛い秘書さんからいただいた、ルピシアのお茶セット。ルピシア大好きです^^
美容によいローズヒップティー入り。
おいしくいただいています♪

c0089310_13182577.jpg



いつもお世話になっている先生からいただいた、新種のバラ。
わたしが大好きな、しゃくやくとバラが一緒になっているみたいで、すごい感動しました!
とっても綺麗で、いい香りで、嬉しかったです。



c0089310_1321653.jpgいつも手芸のお話をさせていただいていた、とても素敵な先生からいただいた、木目込みの手まり。

あじさいに雨が降って、かたつむりがいて、虹がかかっています。

とっても素敵な作品です♪

c0089310_13233738.jpg




イラストが得意な先生からいただいた、綺麗な写真立て。
可愛いお花の透かし模様です♪




c0089310_13245698.jpg


ビーズがお上手で、いつもお世話になっていた先生からいただいた、ドレッシングとヨーグルトソースのセット。
ここのお店気になってたのでうれしい。
サラダもヨーグルトも大好きなので楽しみです^^


c0089310_13273746.jpg

実はクラシックにも詳しいことがわかってびっくりした先生からいただいた、ラフマニノフのピアノ協奏曲2番&3番のCD。
なんとラフマニノフ本人が弾いてるんです!
聴きます♪


c0089310_133074.jpg


以前講座配属に来てくださった、いま研修医の学生さんからいただいた、お花のヘアゴム。
すごくうれしくて、ずっとつけていました。



このほか、お餞別をいただいたり、お食事をごちそうしていただいたり、たくさんの方にお世話になりました。
本当にありがとうございました!!

でもいちばんうれしかったのは、皆さんの笑顔をたくさん見せていただけたことでした。
かけがえのないプレゼントです。
ありがとうございました(^-^)。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-09-05 14:23 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(2)

送別会


先日、研究室の先生方に送別会をしていただきました。
以前忘年会でも利用させていただいた、丸の内のアペティート。
http://www.appetito.jp/

こちらはお料理がとてもおいしいのです。
お店の中にある石窯で焼くピザも絶品だと思っていたら、なんと日本に30店舗ほどしかない"真のナポリピッツァ認定店"のひとつなのだそうです。
昔和食のお店があった場所なので、イタリア料理店なのにお座敷もあり、宴会などにもおすすめです♪

でもなんだか送られる側ってさみしい。。
そして皆さんお忙しいのに送別会をしてくださると思うと、感無量です。
わたしはチャリで行ったので一番乗りだったのですが、あとから来られた幹事の先生と一緒に皆さんを待っていて、その時点からすでに泣いていました(笑)。

途中のあいさつの時には、やっぱり号泣(T□T)。
わ~ん。。

c0089310_1221273.jpg研究室の皆さんから、花束と写真立てをいただきました。
ありがとうございます!

お花はわたしの雰囲気に合わせて選んでくださったそうです。
とっても大きくてきれいな花束でした。


c0089310_12272336.jpg







ウェッジウッド大好きです。
素敵な写真立て。
これはウェッジウッドのミューズという新しいシリーズだそうで、シルバープレートの額に、わたしが大好きなジャスパーのカメオがついています。

ミューズって、芸術の女神という意味だと思っていましたが、調べてみたら、詩歌・音楽・舞踊・歴史などの芸術・学問をつかさどる9人姉妹の女神の総称なのだそうです。
ミューズに応援していただけるようにがんばります(^-^)。


c0089310_12275959.jpgこちらは教授からいただいたミキモトの写真立てと、ブックマーカーです。
ミキモトも大好きなんです。
おしゃれなセンスはさすが教授~。
ありがとうございます!

わたしはパールが大好きなので、パールがついたのを選んでくださったのだそうです。
ブックマーカーは、わたしが本が好きなのでとのことでした。
うれしいです(;▽;)

教授も幹事の先生方も、お忙しい中準備してくださったのだと思うと、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
大事にします!!


皆さんお忙しいのに、時間をつくってくださって、ほんとうにありがとうございました。
ほんとうに5年間お世話になって、たくさん勉強させていただいて、いろんな楽しいことがあって、いい職場だったなあって、皆さんの顔を見ながら思っていました。

教授や研究室の皆さんが優しくていい方たちだったので、なんとかやってこれましたが、ほんとここの研究室だったから5年間も続けられたのだと思います。

わたしはほんとに全然不完全で、ダメなところもいっぱいあって、きっとそれをいちばんよく知っているのは職場の先生方だと思います。
ご迷惑もたくさんおかけして申し訳ありません。。

5年前の面接の際に、"とにかく長く勤めてほしい"とお伺いしていたので、期間的には無事長く勤められた気がしますが。。

そういえば、その面接の日はボストンに留学されていた先生が帰って来られる日で、その先生が留学されていた大学はわたしが大学時代に留学していた大学のお隣で、よくご存じだったりして驚いたのです。
それに以前からオケでご一緒させていただいていた先生が偶然お隣の研究室だったり、わたしの友達と知り合いの先生がいらっしゃったり。
あと、わたしが大学時代に歯の矯正をしていた時に、抜歯していただいたのが教授だったことがわかったり。

そう考えると、なんだかいろんな不思議な偶然やご縁が重なっていた気がします。
ここの研究室にお世話になって、いろんなことを学ばせていただいて、いまの自分があるということも、きっと必然だったのだろうって思います。
偶然の出会いというのはなくて、すべて自分に必要だからやってくるのでしょうね。

職場を離れる前の1週間は、ほんとにいろんな方があいさつに来てくださったり、お別れ会をしていただいたり、ランチをごちそうしていただいたり、お花やプレゼントをいただいたり、みんなが優しくて、なんだか毎日ウルウルしていた気がします。
こんなに甘やかされた1週間もないというほどでした。
皆さん本当にありがとうございました。


c0089310_122844100.jpg最後はほんとにバタバタして、
泣いたり笑ったり大変でしたが、
皆さんの温かい思いやりを感じて、
しみじみここの研究室でお世話になってよかったなあって思いました。

本当にありがとうございました!!

皆さまのご健康とご発展を心よりお祈りいたしております。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-09-04 12:39 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(2)

今月いっぱいで、大学のお仕事を退職します。


なんと!

今月いっぱいで、わたしは今働いている研究室から退職します。
大学に通うのも、もうあと3日になりました。

なんだか自分でも、不思議な感じなのですが。。
お仕事は楽しいし、大学の皆さんはいい方たちばかりなので、仕事に行くことはすごく楽しいのです。

でも、6月の終わりごろから、急に自分の気持ちが、大学を離れることに向いていきました。
もう自分がいるところはここではなくって、次の場所が待っているから、離れないといけない。
って強く感じるようになりました。

同じころ、ほんの10日ほどの間に、不思議と何人も、昔の知り合いと会うことが重なって、自分の「これまで」と「今」について話すことが何回もありました。
そういった話をしているうち、自分の気持ちがはっきり決まりました。
自分が歩いてきた道のりと、今の自分が見えて、これから先の方向も見えた感じだった。

もうそうなったら何の迷いもなくて、自分が退職を決めた翌日に、研究室の先生方にも退職のお願いをしました。
皆さんびっくりさせてごめんなさい。。

今、毎日のように、いろんな方がご挨拶にきてくださったり、皆さんから温かい励ましの言葉や、応援の言葉をいただいています。
本当にそんなにしていただいていいのだろうかって、うれしくて、感謝の気持ちでいっぱいで、毎日ウルウルしています。
だんだんさみしくなってきたよ~(T□T)。。

ほんと時間と体力に余裕があったら、大学と両立したいですが、
寄る年波には勝てず。。orz

アクセサリーの個展をはじめて開催させていただいたのは、2年前。
それからずっと、睡眠時間は平均4時間半くらい。
1時間しか寝ずに仕事に行ったり、疲れて毎日のように床で寝てしまったりと、このままではいつか身体を壊すと思っていました。

おかげさまで、2年間ずっと注文も途切れることがなく、教室も続けさせていただいているし、新たな作品展のお話や、一緒に仕事がしたいと言ってくださるお話もどんどんいただくようになり、今の状態ではとても対応しきれないと思いました(すでに今いっぱいいっぱいなので。)。

アクセサリーの制作にいちばん大事なのは、太陽の光。
夜の蛍光灯の光で作って、朝に太陽の光で見ると、考えた色合いとまったく違っているのです。
いちばんいい時間帯に制作できれば、ほんとうに助かります。

エッセイやブログもどんどん広がってきて、色々な感想をいただくようになりました。
海外からメールをいただいたり、職場でみんなで読んでくださっているという方や、どんな人が書いてるのかとアクセサリー教室に来てくださる方や、ニュースレターを読んでくださっている方の感想など、嬉しい反響をいただいています。
そんな時、自分が思っている以上に、たくさんの方の役に立っているのだって感じて、とてもうれしい。

研究室の秘書の仕事はわたしでなくてもできますが、わたしの作品がつくれるのはわたししかいなくて、そしてそれを待ってくださっている方がたくさんいらっしゃるということを、最近実感するようになりました。
たくさんの人の幸せのためにお役に立てて、自分も楽しくて大好きなことなのだから、こっちをがんばらなくっちゃって。

先の見通しがきちんと立っているわけではないのですが、根拠なく、これでいいのだって、なんだかすごく安心しています。

思い立ったわけでも、自分を変えようと思ったわけでもなくて、ただ流れのままに次に進む感じ。
そうすると、自然に変わっていくものがあるのだと思います。

さなぎだって、自分が蝶になるとは知らないけど、自然にそうなる。
背中がパカッとあいたら、大変だけどそこから出なくちゃって知っている。

自分の考えでは説明がつかなくても、「なんだかあっちみたい」って、感覚が教えてくれている気がします。
感覚はわたしよりも物知りでかしこい。。

6月末から不思議なことばっかり、旅行中はさらに不思議なことばっかり起こりました。
でも、自分の感覚で心地よい方を選べば、いつも正しいということに気づきました。

いろいろなことが、「心配せず思った道を行って大丈夫」と示してくれているみたい。
そして、いままでの世界と離れる時がきて、すべてのことがそこに向かって動いているように思います。

ずっと2年間走ってきて、ひと休みして、
またもっと走る。

とりあえずはゆっくりして、いっぱい眠って、作品もつくって、本も読んで、片付けや資料整理とかをしたいです。
あと、いろんな勉強もしたい。
彫金も習いたいです!!

5年間、教授をはじめ、研究室の先生方には本当にお世話になりました。
思い浮かぶのは楽しかったことばかりです。
本当にありがとうございました!!

アクセサリーも文章も、こちらの研究室で働いていなかったら、始めていなかった。
こちらの研究室のほか、歯学部の他の先生方や、事務の方々からも、たくさんの応援をいただいて、才能を伸ばしていただきました。
思い浮かぶのは皆さんの笑顔ばかり。
心から感謝しています。

ってなんだか実感わかないんですけど。。
ちなみに明日は送別会なんです。
泣く(T□T)。

今、引き継ぎ書をがんばって作成中です。
以前から、わたしが来たときにいただいた引き継ぎ書に、手を加えて普段からちょこちょこつくっていました。
(最初の頃にわからないことって、仕事に慣れたらもう気付かないので、最初からつくっておくと便利なのです。)
でも、何しろ大学の事情が独法化以降どんどん変わっていってるので、今と違っていることも多く、ちょっとあせり気味だったりします。。

がんばろっと(T▽T)。。


ブログを読んでくださっている皆さんにご報告でした。
大学以外の方には、ほとんどお話できていないので、びっくりされる方も多いかもしれませんね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^-^)。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-08-27 00:58 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(25)

お誕生日の教授より特別寄稿♪


c0089310_1263461.jpg先週は教授のお誕生日でした!
おめでとうございます!!

毎年のように行われる"教授お誕生日プロジェクト"、ことしも大学院生のUちゃんが筆頭で企画してくれました。ありがとうございます!
いつもおいしいケーキを予約してくれるUちゃん。
ことしは大学の近くのhoney2の巨大なケーキでした♪

c0089310_1311985.jpgどのくらい巨大かというと、なんとこのくらい。
お店の袋に入らなくて、このまま大学まで歩いて持って帰ったのです。

その日はケーキをいただく時間が遅くなりそうとのことだったので、わたしはお先に失礼したのですが。。

今回、ケーキの他に映画のパンフレットも用意していました。
その映画は「ある愛の詩」。
以前からよく教授のお話の中に登場していたのです。


c0089310_1532738.jpg
ご協力いただいたのは、
岡山市奉還町の「映画の冒険」。
http://ww3.tiki.ne.jp/~yoshitomi/

半日かかっても見きれないほどの大量のパンフレットやポスター、フィギュアがところせましと並んでいるお店です。
映画のことならなんでも知っている店長さんとは、いつもしゃべりすぎて軽く酸欠になります(笑)。
わたしの「男と女」コレクションのパンフレットも、店長さんが集めてくださったものです。
Yさん、いつもありがとうございます!


翌日職場で、教授がケーキとパンフレットを喜んでくださっていたと他の先生方から聞いて、よかった~♪と思っていました。
そしたらなんと、その日出張でご不在だった教授が、お礼のメールをくださっていました!

とっても素敵な文章だったので、ここでご紹介させていただきます。
(教授には掲載していいかお伺いしていますので、念のため。。)


昨日,誕生日のお祝いを教室でしてもらいました。
「Love Story」のパンフレットのプレゼントを頂き有り難うございました。

我々の中学,高校時代は映画音楽が大人の香りがする世界でしたが,映画にはいけずに(当時は風紀が厳しく,学生だけで映画に行くのはかなり勇気がいる時代でした。まして恋愛ものを見に行きたいなど親にもいえないのが当時の状況でした),はやった映画などの本を読んでいたような気がします。

サガンの「悲しみよこんにちわ」,ブーベの恋人,ある夏の思い出など,タイトルは不正確ですがいずれも映画音楽から文庫本を読んだ記憶があります。

大学に入り,東京は名画座が多く2本で300円?あとで1000円ぐらいだったか?
記憶が定かではないのでですが,神楽坂や高田馬場にある名画座で高校生時代に見なかった映画をよく見に行きました。
Love stroyもその思い出の映画の一つです。

パンフも当時買った記憶はあるのですがどうなったかすらわかりません。
南さおりなど黒髪のストレートがはやった時代でアリマッグロウもあこがれの女優さんの一人でした。

28歳ぐらいの時にアメリカを回ったときに,ボストンのケンブリッジ地区にあるライアンオニールとアリマッグロウが出会う図書館や,ニューヨークで担ぎ込まれるセントラルパーク横のマウントサイナン病院(ここは第二内科の先生が留学されていたところです)を,この映画の舞台として見に行ったのを思いだします。

フランシスレイなどの音楽の話でおじさん達は盛り上がりました。
若い世代は「白い恋人たち」は北海道のチョコレートだと思っているみたいでした。

では,あらためてお礼申し上げます。年齢を一つ重ねた事を楽しみながら・・。



喜んでいただけてよかったです(T▽T)。
この映画には青春時代の思い出がたくさんつまっているのですね。
素敵な文章をありがとうございました!

c0089310_2141760.jpgそんな教授は学生さんにも人気があります。
これは今年のバレンタインに、おととしの講座配属の学生さんとお友達が、嬉しそうに教授に持ってきてくださったものです。
でかっ!!(笑)

記念写真をパチリ☆

今年は無事大殺界も終わった教授。
いつもお忙しいですが、お体に気をつけて、
いつまでもお元気でいてくださいね。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-03-04 02:19 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(0)

年末のこと: 研究室大そうじ&忘年会 


最近本当に忙しくて、ブログに書こうと思ったことがなかなか書けません。。
このお正月休みを利用して書きます!

年末には、毎年恒例の研究室の大掃除がありました!
それぞれの部屋の荷物を全部出して、床をポリッシャーでみがき、ワックスをかけます。

このポリッシャー、学部に1台しかないので、毎年この時期には熾烈な争奪戦がくりひろげられています。
去年はそれを見越して早くから予約していたのでよかった♪

たまたま人が少ない日に大掃除の日が当たっていたので、研究室の荷物を出すのに、同じ部屋の大学院生のO先生とがんばりました。

最後に残ったのが、研究室の巨大なテーブル。
シルヴィ・ギエムが上でボレロを踊れるくらいでっかいのですが、女の子2人でがんばって外に出しました!!
後でみんなに、嘘!ってびっくりされましたが。。

部屋の中のものを全部出したら、部屋ってこんなに広いんですね。
思わず踊りたくなった(笑)。

こうやって何もないと、よどみのない、風が吹き抜ける爽やかな空間の快適さを、心から感じます。
これぞ風水。
部屋も心の中も、スッキリと片付いて風通しのよいのがいちばんですね。
2009年はそういう人を目指そう。

床に洗剤と水をまいてポリッシャーをかけていたら、医局長のN先生がやってきて、スイスイとポリッシャーがけをしてくださいました。
パパN先生の、ポリッシャーマイスターと呼びたいくらいの華麗なポリッシャーさばきに、一同おお~と感動。

ワックスもかけて、床がピカピカに☆

c0089310_1150179.jpg今年入局の先生たちが、網戸を外して洗ってきてくださって、網戸がすっごくキレイになりました!

今までマットブラックだった網戸が、キラキラと夕陽に金色に輝いています。。
美しい(T▽T)。。

「網戸を洗う」という発想が今まで誰にもなかったので、少なくとも私が来てから5年は(いやきっとそれ以上)洗ったことなんてありませんでした。

すごい汚れてたんだけど、それに慣れてしまって、洗ってこようという発想がほんとに誰にもなかったのです。

こういうとき、"その場所にはじめて来た人"の視点って、とっても貴重だなあと思います。
はじめての人だからこそ気付いたり、できることがある。
そういったことにも改めて気づきました。
E先生&K先生、寒い中ありがとうございました!!

c0089310_1237101.jpg荷物をもとのように運び込んで、なんだか爽やかな研究室です。
風水的にもいいかんじ。
きっとみんな来年は開運。
皆さんお疲れ様でした!!

医局長パパN先生の「みんなで甘いものでも食べるか」という素敵な一言で、先生たちが買いに行って下さったミスドをいただきました。
もう外は暗くなっていたけど、楽しかったです♪
ありがとうございました!


c0089310_11592514.jpgそして、今年の忘年会は鍋!!
お食事がとても美味しくって、幹事の大学院生U&Y先生、ナイスチョイスです☆

女の子2人でがんばって、ビンゴ大会もして盛り上げてくれました。

c0089310_1232568.jpg


ちゃんとみんな何かいただけるようにしてくれていて、わたしのもこんなにいろんなものが入っていました。
夜遅くまで実験とかで忙しくしている中、2人で買いに行って準備してくれたんだそうです。
どうもありがとうございました!!
うまい棒ひさびさに食べておいしかった☆

相変わらずお忙しくなさっている教授は、普段みなさんともゆっくりする機会がなかなかないので、忘年会中とっても嬉しそうになさっていました。
やっぱり忙しすぎるのって、本当に大変だと思います。
わたしもそばで見させていただいて、よくこの忙しさの中、がんばっていらっしゃるなあって、いつも思います。

そんな教授の大殺界も、2008年で無事終わり!!
祝・教授大殺界明け!!\(T▽T)/
2009年はもうすこしお仕事が楽になりますように。

そしてこの忘年会中、なんと2人の先生から結婚の報告が!!!
一同えええ~!!!と嬉しい驚きでした。

そして年末に研究室内でもうひと組、ビッグカップルの結婚が発表になり、これにも一同さらに驚きでした!!

思えば私が来てから5年、まったく動きのなかった研究室に、
来たよピンクウェーブ!!

思えば昨年から急激に、まわりで結婚したり、新しく出会う方もこれから結婚を控えている方だったり、会う人会う人、何か「喜び事」を持っていらっしゃることが多くなりました。
そのたびに、まただ!!って嬉しい驚きなのです。
なんだかそういう時期ってあるんでしょうね。
こちらにもそのピンクウェーブがやってきそうで、とてもうれしいです(^-^)。

そんな風に、とてもおめでたい出来事で幕を開けた、2009年の研究室なのでした。
皆さん今年もどうぞよろしくお願いいたします☆
[PR]
by songsforthejetset | 2009-01-03 12:51 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(0)

えらいこっちゃ


今日は職場がえらいこっちゃでした。


お昼、お弁当箱を洗っていた大学院生のUちゃんが、異変に気づきました。

なぜか床に水たまりが。。


どこから?!


2人で確かめてみたところ、なんと流し台と床の継ぎ目から、


漏水( ̄□ ̄;)!!


研究室の流し台はおそらく20年くらい経っているであろうと思われる、ある意味昭和を感じさせる一品です。
古すぎて底の板が抜けて傾いてるくらいです。

新しくしようという話はしているのですが、その前に水がもれてきちゃったよ!!


・・とりあえずお昼ごはんを食べました。


午後、流し台の下に入っていたものを全部出す。

5年前、わたしがこの職場に来た時、流しの下や戸棚の中がカオス状態でした。
100円ショップでかごや棚をいろいろ買ってきて、いろいろ工夫して収納をつくるのが、すごく楽しかった。

その時、流しの底板の傾きを調節するために、ガムテープでぐるぐる巻きにした段ボールが底から出てきて、しみじみしました。

もうあれから何年もたったのね。。


ってしみじみしている場合ではなーい!!


見た感じでは、どこから漏水してるのかぜんぜんわかりません。。

こんなときに頼りになるのは、こじろうさん。

こじろうさんは、うちの学部のいろんな設備のメンテナンスをしてくださっている方です。
電話で呼ぶと、かっこよく脚立をかついで、工具を持ってやってきてくださるのです。

困ったときにはこじろうさん。


電話でお願いしたら、程なくやってきてくださいました。
こじろうさんがいればたいていのことは解決するので、こじろうさんの顔を見た時点で、


安心\( ̄▽ ̄ )/。


そして原因もぶじわかり、とりあえずの応急処置をしていただきました。
直ってよかった。。

水浸しになった床や流しの下が大変な状態だったので、わたしがあとで掃除しますって言っても、汚れるからって全部きれいにしてくださった。
次々に古新聞をちぎって渡しながら、手を合わせたいくらいありがたかったです。

そして全部終わったら、かっこよく風のように去っていかれました。
ありがとうございました、こじろうさん!!!
ほんとに助かりました。

その後床ふきやごみ捨てをUちゃんが手伝ってくれて、無事何事もなかったかのような室内に戻りました\(T▽T)/
いつもありがとうUちゃん!!


ちなみに下の階に水漏れしていないか心配だったので、真下のお部屋に行ってみたら、なんともなかったのでほんとに安心しました。

事情を説明したところ、
「わざわざ言いに来てくださってありがとうございます。」
って言っていただいて、感動("▽"*)
きれいなお部屋に水漏れしてなくてよかった。



そんなこんなでえらいこっちゃでしたが、無事解決してよかったです。


流し台新しくならないかなあ。。
[PR]
by songsforthejetset | 2008-08-19 01:02 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(2)

ぼに


岡山のおじいちゃんおばあちゃんは、お盆のことを「ぼに」っていいます。

わたし、今までお盆休みというのを経験したことがありません。
といったら驚かれるのですが。。

大学はお盆でも普通に営業(?)しているので、お盆は年配の方や帰省する方に休んでいただいて、若手が出勤するというパターンが多いです。

お盆期間は職場もひっそりとしていて、わたしはそんな静かな雰囲気がわりと好きです。
朝の道もすいてるし。。

お盆中、教授はお休みの日も出勤してこられていました。
といっても土日もほとんどいらっしゃっているのですが。。

ほんとに倒れないのが不思議なくらいの忙しさなのですが、それを外に出されず、わたしにもいつも優しくしてくださっています。
ほんとうにすごいなあって思います。

先日、研究室主催の研修会があり、全国からたくさんのお客様がいらっしゃって、わたしも受付などお手伝いさせていただきました。
研究室メンバー総出でのお手伝いだったのですが、ここぞというときの研究室の団結力、ほんとすごいです。
何事もなく無事終わって、よかったよかった。

打ち上げで、教授や医局長の先生といった"素敵な大人"のお子さん自慢のお話など聞きながら、ここの研究室で働かせていただいて、ほんとによかったなあってしみじみしました。

ほんとあの優しい教授の下でだから、私はなんとかやっていけてるのだと思います。
こんなにいい先生を、たいせつにして差し上げないといけないなって、ますます実感している今日この頃です。


c0089310_21512612.jpg昨日は研究室の仲良しメンバーでのゆかた飲み会でした。


c0089310_21524785.jpg








みんな華やかで、あでやかで、素敵でした!
帰省されている先生の顔も久しぶりに見られて嬉しかった。



c0089310_215340100.jpg場所は人気の盆栽茶屋。
出てくるものがどれもおいしくて幸せ~。



c0089310_21553594.jpgわたしは珍しく、完熟梅酒のソーダ割り→山形の地酒くどき上手→フレッシュカクテルのマンゴーとしっかりお酒飲みました。
楽しかった!



沖縄出身のY先生によると、沖縄の迎え火・送り火には、ディンバナという、花もようの薄い紙のお金を燃やすのだそうです。
迎え火の時には、一族郎党集まって宴会をして、送り火のときにエイサーを踊るのだそうです。
エイサーはお盆の送りの踊りなんですって。

さみしいですがY先生、10月から東京に転勤されるのです。
研究室がだんだん愛おしくなってきた。と、しみじみとY先生がおっしゃいました。
4月から東京で働いていて、いま帰省中のN先生も、やめる前の数ヶ月はそうですよ!ってうなずかれていました。

なんかその気持ちよくわかる気がします。
わたしもすごくいろんなことを、この職場で学ばせていただいて、自分をはぐくんでいただいたと思う。
人生でたいせつなことを、ここの職場でたくさん教わった。
きっといい思い出だけが残る気がします。


c0089310_215666.jpgブログがご縁で、卒業された先生方ともいまだにつながっていられるのが嬉しい。
これは先日ネコを助けた際の日記の説明の絵(笑)。
イラスト上手なT先生と合作です。

何人かの先生が飲み会のお金を出してくださったので、わたしも払おうとすると、出世した時に払ってもらうからいいって言っていただきました。

出世したら、「東京の叙々苑の個室で焼肉、交通費つき」を全員におごってくれたらいいとのこと。

いくらかかるんでしょうか。。
実現できるようにがんばります!!


最後、記念写真をお店の方に撮っていただきました。
わたしは真っ赤になっていたので、気をつけて~!っていわれつつ、皆さんと別れてチャリで帰りました。

みんなの笑顔ばかりが記憶に残っています。
いい夜でした。


    夏の宵 よき人たちと語らいて 見上げる空に満月ひらく
[PR]
by songsforthejetset | 2008-08-17 22:03 | 医局秘書(2004.6-2009.8) | Comments(9)