<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「魍魎の匣」とCoMAと「エイリアンvsプレデター2」

おととい「魍魎の匣」を観てきました。

「魍魎の匣」は、京極夏彦の小説の映画化です。
私はこの本まだ読んでないのですが、面白かった!

登場人物が小説のイメージとは違っていたけど、映画として楽しめました。

堤真一と椎名桔平を今までかっこいいと思ったことがなかったのに、この映画ではじめていいなって思った(笑)。
特に堤真一の着物姿はすごい素敵だったです。

私のイメージでは、京極堂は色が白くてちょっと神秘的な感じで、野村萬斉が年取ったみたいな感じなんですが、堤真一なので、えらい体育会系な京極堂でした(笑)。

関口君が椎名桔平??って思ったんですが、意外にはまっていました。
ちょっと活動的だったけど。。

榎木津は谷原章介さんみたいな感じが合ってると思うんですけど。。
阿部寛さんは意外でした。

堤真一・椎名桔平・阿部寛は同い年なんだそうですが、その3人がいっしょにお芝居をしてるシーンが、すごい楽しそうで、それが映画で一番よかったところでした。

登場人物に、昔風の顔立ちをしてる人を、上手に選んでました。
みんなはまってた。

宮藤官九郎が怖すぎです!!

建物とか、小道具とか、衣装が良かったです。
街はどうみても上海でしたが(笑)。

あとテーマの音楽が街の雰囲気とよく合っていて、よかったです。
耳から離れない。。
 聴きたい方はこちら http://www.mouryou.jp/aboutthemovie/index.html

一緒に行った、うちの研究室の院生の先生・Uちゃんは、着物や昔風の推理小説が大好きで、中でも京極夏彦の大ファン。
私もよくおすすめの本とか教えていただいてて、この日もランチしながら京極ワールドを熱く解説してもらったのでした。

医療関係者は世界が狭くなりがちなのですが、Uちゃんは読書家だし、自分の世界を広げようといろいろ積極的にがんばっているのです。
そういうのって、絶対後で役に立つと思う!
またいろいろ教えてね。

その後いっしょにLOFTに行って、まだ大学で実験があるUちゃんと別れ、私は今年最後のプロジェクト遂行へ。

そのプロジェクトとは・・

年賀状書き!!

個展でばたばたしていて、気づいたら年末でした。
書かなきゃ!

c0089310_1435585.jpgってことで、眺めのいいカウンター席があるCoMAへ。

CoMAは、シンフォニーホールの向かい側にある、素敵なカフェです。
http://www.coma-coffee.com/

オーナーさんのご趣味が反映された、北欧テイストの店内が素敵なのです。
この写真だと暗くてよくわかりませんが。。

郊外にあるセレクトブックス店の451Booksとのコラボレーションで、お店の雰囲気ともよくあった、良質の本や絵本が置いてあります。


c0089310_1453918.jpg


pieniにも置いてある、alimnaの手作りジャムと、絶版になった装丁の美しい洋書。
"The Victorian Poetry Book"が素敵でした。
c0089310_146454.jpg洋書・和書・絵本取り混ぜてなんですけど、統一されたテイストの作品が並んでます。

絵本って、子供のためのものだと思われているけど、子供にとって大切なものは、大人にとっても大切だと思う。

むしろ大人になってからのほうが、よりほんとうの意味を受け取ることができる気がします。
c0089310_1472346.jpg

私の名刺のデザインをしてくださった、ポストカード作家のLintuさんのポストカードも、こちらに置いてあります。
いつみても爽やかでかわいい~。
Lintuさんのブログ
 http://lintu.exblog.jp/
c0089310_1465045.jpg

特集のコーナーには、ロシアや北欧など、いろんな国のかわいいものたちを特集した本が並んでました。
読みたい。。
でも年賀状書かないと。



c0089310_14282958.jpg
大通りに面した窓際のカウンターは、すごく眺めがいいのです!
路面電車が横切ってゆくし、人ものんびり歩いています。

目の前の木々を風が揺らしていくのを眺めながら、お茶をいただくのは、すごく素敵なひとときです。
c0089310_14285248.jpg


目の前の風景は優雅ですが、本腰入れて
書くぞ!


2時間くらい書いて、次の予定の時間が迫ってきたので、CoMAを後に。
とりあえず書けた分だけポストへ。

この日は夕方から、岡山スタコミの映画サークル、キネクルの映画鑑賞会「キネミル」があったのです。
見る作品は「エイリアンvsプレデター2」 !

c0089310_1450273.jpgさすがにこれは何かないと行かないなあ。。
スタフレのイシコさんが声かけてくださって、初の参加です。

そんなイシコさんはお友達と着物で登場!
ぜひこれで「魍魎の匣」行ってください(笑)。


「エイリアンvsプレデター2」、どんな映画かと思っていたら、
思ったとおりの映画でした。
それで察してください。

プレデターはカラスみたいな指先をしてるのに、電子機器類のキーが人間仕様なのは使いづらいだろ!とか、あんな巨大な宇宙船がえらい煙上げて墜落したのに、町の人が誰も気づいてないとか、驚愕の解決法など、つっこみどころ満載でした。

いちばんの難点は、エイリアンとプレデターが素人目にはそっくりなので、戦っててもどっちがどっちかよくわからないというところでしょうか。。
暗い中で見るクワガタムシとカブトムシの戦いみたいな感じというか。

その後みなさんと焼き鳥に行って、私は年賀状書きがまだあったので、お先に失礼しました。
そんな冬休み第1日でした♪
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-31 15:12 | 映画 | Comments(4)

スタコミ・クリスマスパーティー

12/15の、スタコミのクリスマスパーティーの模様をアップします。
遅くなってしまってすみません。。

スタコミは、株式会社Standardというところが運営する、岡山版mixiみたいな感じのSNSなのです。
スタコミの紹介はこちら http://www.standardnet.jp/kds_whats.html

私はmixiとスタコミ、両方に登録してます。
このブログをリンクさせてるので、自分の書いてる内容はいっしょなんですが。。

いろんなイベントを主催されてて、このクリスマスパーティーも、去年に続き2回目なんだそうです。

c0089310_0575082.jpg会場は、西川沿いの岡山バプテスト教会を借りて行われました。
ここ、子供の頃から一度中に入ってみたかった!
そういった意味でもすごく楽しみでした。

最初早く着きすぎてしまって、あまり人が集まっていなかったので、どうしよう。。と思いましたが、だんだん人も増えてきて、ほっとしました。

お料理はほとんど、スタコミスタッフのウメマサさんの手料理!
どれもすごく美味しかったです。
チキンが中まで味がよくしみてたんだけど、どうやって味付けしたんだろう??
レシピ教えてほしい。。

c0089310_114966.jpgc0089310_12788.jpg


岡山メルパのむヴィさんの司会で、パーティーが進んでいきます。
2月に参加した、「岡山メルパ予告編上映会」でも、司会で会場を盛り上げていた方でした。
お仕事柄もあるのかもしれませんが、司会が上手っていいなあ。。

トランプの持ち札で強いチームを作るゲームや、ビンゴゲーム、アンケートによるカップリングゲームなど、楽しいゲームが続きます。

私はあんまりゲームで賞品とかもらったことがないので、最初から賞品のことは念頭になかったのですが、なんと!
カップリングゲームで見事優勝し、とある方から「5000円の超高級うどん」をいただけることになりました!
びっくり!
人間思いがけないところに福があるものですね。。

c0089310_1224214.jpgこれはお手製のクリーム・ブリュレに、バーナーで焼き色をつけているウメマサさん。

表面のグラニュー糖が、焦げておいしいカラメルになっていきます。

それをかぶりつきで見守る子供たち。
そして大人たち(笑)。


冷えたら表面にカラメルの膜ができて、それをコンコンと薄氷のように割っていただきます。
絶品!!!
来年はホールで販売してください。

c0089310_12814100.jpgデザートはまだ続いて、これまたお手製のケーキを分けるウメマサさん。

待ち切れなさそうに並んでる子供たちがいい感じです。

わたしも子供たちと一緒に並んでいただきましたが、おいしかったです~。。


このクリスマス・パーティーは、スタコミのオフ会も兼ねていて、私はオフ会ってはじめてだったので、すごく新鮮でした。
またいろんな方と出会えた、楽しい時間でした。

c0089310_144998.jpgおしゃれなバーのマスターOさんが、なぜか立派なネギを配っていて、私にもくださいました。
胸にさしてる人もいましたが。。

このパーティーの後、職場の先生たちと焼肉だったのですが、ネギをかかえて行ったために、お店の方は不審な目で見てるし、先生たちには笑われたりと、なかなかに話題提供してくれました(笑)。

このネギはその後、うちで鍋とかすき焼きになりました。
Oさんありがとう!



c0089310_1511825.jpg帰りには参加者全員に、こんな可愛くラッピングされた、チョコレートのクリスマスプレゼントが配られました。

ほんとにすごく心のこもった、いいパーティーでした。
いろいろとご準備など、大変だっただろうなと思います。
スタコミのスタッフの皆様、ありがとうございました!

このパーティーに一緒に参加したのは、2月のスタコミ主催の予告編上映会で知り合ったJさんです。
知り合ってから、いっしょにお茶したり、Jさんのお友達といっしょに遊びにいったりして、仲良くさせていただいています。

元はといえば、3人で行ったイベントがアクセサリー教室をはじめる発端になっているので、彼女と出会っていなかったら、私の今の忙しくも楽しい日常や、活動を通じてのたくさんの人との出会いもなかったかもしれません。

なので、Jさんにはとっても感謝しています!
ほんとに人との出会いって、大切なものだと思います。

そして、その出会いをつくってくださったのは、スタコミなんです。
予告編上映会がなかったら、絶対出会っていないので。。
ほんとにありがとうございます!

岡山というキーワードで人をつなぐ、という目的のスタコミ、きっとこれからも、いろんな人と人をつないで、たくさんの未来をつくっていくのではないかと思います。
これからもよろしくお願いします。

スタコミは楽しいイベントもいろいろ主催されています。
入会を希望される方はこちらまで。 http://www.standardnet.jp/newst.html
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-30 07:49 | つれづれ | Comments(2)

幸せの手がかりを探す「銀河鉄道占い」

お友達から教えてもらった占いです。

「銀河鉄道占い」 http://mbhappy.com/plan.php?plan_id=MBPL00000009

自分が幸せにたどり着くために、なにを手がかりにしたらいいのかを教えてくれる占いです。
これはなかなか深いし、当たってると思う占いです。

「幸せになるために、自分は何を大事にしたらいいのか?」
って思っている方、やってみてください!

ちなみに私のはこんな感じ。
これと全く同じアドバイスをいただいたこともあるので、おおっと思いました。


あなたは、何年も何年も幸せを探しました。
そしてある駅に降り立ち、幸せの手がかりを見つけたのです。


あなたが降り立ったのは、
「楽しみ」のステーション

あなたはもともと、
いろいろな楽しみを、見出せる才能をもった人です。
それは、
天から与えられた素晴らしい能力で、
自分自身、思いきり楽しむことこそが、
あなたを幸せへと導いてゆく
と、いうことなのです。

あなたは、
音楽を聴いたり演奏したり、
詩を書いたり、絵を描いたりするなど、
あなたが一番好きな方法で、楽しみを表現すれば、
輝きが増してゆきます。

逆にいうと、
せっかく与えられた、優れた自己表現力を
使わずにカラの中に閉じこもっていては、
宝の持ち腐れ。
恋の出会いもまた、逃してしまうでしょう。

また、あなたの才能は、
自分自身が楽しむだけにおさまらず、
周囲の人をも楽しませることができます。
自分から明るいオーラを放っているので、
あなたがいるだけで、
周りの空気は、パッと華やかになるでしょう。

ですから、
できるだけ多くの人を楽しませて、
幸せを分けてあげてください。
それを分け与えられるあなたに返ってくるのは、
たくさん“賞賛”と“感謝”と
さらなる幸福感でしょうから。



内容はこれだけではなくて、象徴的な物語もくっついてきます。
占い結果表示の後の、最後の言葉がぐっときます☆
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-30 00:08 | つれづれ | Comments(4)

Is there a Santa Claus?


無事個展が23日で終了しました!

たくさんの方にお会いできて、たくさんの不思議なご縁や偶然を感じることができた、大忙しかつ素敵な2週間でした。
おいでくださった皆様、サポートしてくださった方々、そしてpieniのひでみんさん、ほんとにありがとうございました!
またそちらの記事もアップします。

さて、今日はクリスマス!
皆さんは、どんなクリスマスを過ごされていますか?

私はやっと一息ついて、ほっとしています。
ずっとお料理も満足につくれなかったので、今日はこれから牡蠣のシチューをつくってゆっくり食べるのです(笑)。

クリスマスといえば、私が大好きな文章があります。
それは『サンタ・クロースっているんでしょうか?(Is there a Santa Claus?)』。

これは、1897年9月21日のニューヨーク・サン新聞の社説です。
アメリカではとてもよく知られている文章で、クリスマスカードに引用されたりもします。
日本でも絵本になっています。

8歳のヴァージニア・オハンロンちゃんから寄せられた、
「サンタ・クロースはいるんでしょうか?」
という質問に、フランシス・P・チャーチさんという記者が新聞の社説の中で答えたものです。

単純にも思える質問に、深い洞察力と知性と愛情を持って答えたこの文章の中には、私が大切だと思えることが全部つまっています。
きっとたくさんの人がそう思う文章だから、100年以上の時を越えて、現在もロングセラーとして、出版され続けているのだと思います。

ほんとは絵本の日本語訳がすごく素敵なのですが、今回、自分で訳してみました。
一度訳してみたかったので。。
すごい意訳です。
たぶんいっぱい間違ってます。
でもクリスマス記念にのせてみます。

うしろに原文ものせておきます。

c0089310_2042169.jpg


『サンタ・クロースっているんでしょうか?』

私たちは、この素晴らしいお手紙にお答えすることができるのを、大変喜ばしく思います。
そして同時に、このような純粋に信じる心を持った方が、私たちのサン新聞の読者にいらっしゃることに、私たち一同深く感銘を受けています。


 編集者さま

  わたしは8さいです。
  わたしの小さなお友達の何人かは、サンタ・クロースなんていないんだっていいます。
  パパは「もしサン新聞にサンタのことがのってたら、サンタはいるよ。」っていいます。
  ほんとうのことをおしえてください。サンタ・クロースはいるんでしょうか?

                       ヴァージニア・オハンロン
                             西95丁目115番地



ヴァージニア、あなたのちいさなお友だちはまちがってます。

そのこたちは、なんでも素直に考えない今の世の中の、ひねくれた考え方にとりつかれているのでしょう。

ひねくれた考え方をするひとたちは、自分が見たものしか信じません。
そういうひとたちは、自分が持っているせまい考えの中で納得できることしか、ほんとうだと思わないのです。

人間が頭で考えられることはね、ヴァージニア、おとなでもこどもでも、わずかなものなんですよ。

この広く大きな宇宙では、私たち人間ひとりひとりの知恵なんて、一匹のありのような、ほんのちいさな虫みたいなものなんです。

その果てしない世界を知ろうとするのなら、世の中のことをすべて理解して、その知識を思いのままにあやつるほどの、広く深い知性が必要なのです。

はい、ヴァージニア。サンタ・クロースはいます。

愛情や、他人への思いやり、まごころがあるのと同じように、サンタ・クロースもいるのです。

あなたの毎日の生活が、美しさにあふれて喜びにみちているのは、あなたの周りに愛情や、思いやりや、まごころがあるからだということを、あなたもわかっているでしょう。

ああ!もしサンタ・クロースがいないとしたら、この世の中はなんてつまらないところでしょう!
ヴァージニアのようなかわいい子がいない世の中と同じくらい、つまらないに違いありません。

私たちの人生を支えている、素直なこどものような信じる心や、感動する心、空想したり夢見たりする心もなくなってしまいます。

そういった心をなくしたら、実際にさわれる物や、目で見える物でしか、楽しむことができなくなってしまいます。

こどもの頃の世界に満ちあふれていた、永遠に輝き続ける光も、姿を消してしまうでしょう。

サンタ・クロースを信じない、ですって!
それは、妖精がいるのを信じないのと同じことです。

サンタ・クロースをつかまえるために、あなたのパパに頼んで、誰かをやとって、クリスマス・イブにすべての煙突を見張ってもらうことはできます。

だけどもし誰にも、煙突から降りてくるサンタ・クロースが見えなかったとしても、それが何の証拠になるでしょう?

サンタ・クロースは、だれにも見えません。
だけど、それがサンタ・クロースがいないっていう証拠にはならないのです。

「この世でいちばんたしかなこと」は、こどもの目にも、おとなの目にも、みえないものなんです。

妖精が芝生の上で踊っているのを見たことがありますか?
もちろん、ないでしょう。だけどそれが、妖精がいない、っていうことの証拠にはなりません。

この世にある、みえないものやみることができないもの、たくさんの不思議なことぜんぶを、人間が考えたり空想してつくりあげただなんてことは、決してありはしないのです。

赤ちゃんのガラガラを分解して、何が音をたてているのか、目で見ることはできます。
だけど、目にみえない世界をおおいかくしている幕は、いちばんの力持ちでも、いいえ、今までの力持ちみんなの力を合わせても、ひき裂くことはできません。

信じる心、空想する心、詩のように感動する心、愛する心、美しい夢を見る心を持った人だけが、そのカーテンを押しのけて、天国のような美しい世界と、その先に限りなく続く輝かしい世界を見つめ、心にとどめておくことができるのです。

こんな夢のような世界が、本当にあると思いますか?

ああ、ヴァージニア、この夢のような世界こそ、何よりも確かで、永遠に変わらないものなんですよ。

サンタ・クロースがいない、ですって!
神様に、サンタ・クロースが実際にいて、永遠に生き続けてくれることを感謝しましょう。

今から1000年たってもね、ヴァージニア、いいえ、1000万年たった後でも、サンタ・クロースは、純粋で美しい心を持った人たちを楽しませ続けてくれるでしょう。

          1897年9月21日 ニューヨーク・サン フランシス・チャーチ



"Is There a Santa Claus?"

  We take pleasure in answering at once and thus prominently the
communication below, expressing at the same time our great
gratification that its faithful author is numbered among the friend of
The Sun;

   Dear Editor:

   I am 8 years old. 
   Some of my little friends say there is no Santa Claus.
   Papa says "If you see it in The Sun it's so."
   Please tell me the truth, is there a Santa Claus?

             Virginia O'Hanlon

               115 West 95th Street


  Virginia, your little friends are wrong.
They have been affected by the skepticism of a skeptical age.
They do not believe except what they see. They think that nothing can be which is not comprehensible by their little minds.
All minds, Virginia, whether they be men's or children's, are little.
In this great universe of ours man is a mere insect, as an ant, in his intellect, as compared with the boundless world about him, as measured by the intelligence capable of grasping the whole of truth and knowledge.

  Yes, Virginia, there is a Santa Claus.
He exists as certainly as love and generosity and devotion exist, and you
know that they abound and give to your life its highest beauty and joy.
Alas! how dreary would be the world if there were no Santa Claus!
It would be as dreary as if there were no Virginias.
There would be no childlike faith then, no poetry,
no romance to make tolerable this existence.
We should have no enjoyment, except in sense and sight.
The eternal light with which childhood fills the world would be extinguished.

  Not believe in Santa Claus! You might as well not believe in fairies!
You might get your papa to hire men to watch in all the chimneys on
Christmas Eve to catch Santa Claus, but even if they did not see
Santa Claus coming down, what would that prove?
Nobody sees Santa Claus, but that is no sign that there is no Santa Claus.
The most real things in the world are those that neither children nor men can see.
Did you ever see fairies dancing on the lawn?
Of course not, but that's no proof that they are not there.
Nobody can conceive or imagine all the wonders there are unseen and
unseeable in the world.

  You tear apart the baby's rattle and see what makes the noise inside,
but there is a veil covering the unseen world which not the strongest man,
not even the united strength of all the strongest men that ever lived,
could tear apart.
Only faith, fancy, poetry, love, romance, can push aside that curtain and
view and picture the supernal beauty and glory beyond. Is it all real?
Ah, Virginia, in all this world there is nothing else real and abiding.
No Santa Claus! Thank God he lives, and he lives forever.
A thousand years from now, Virginia, nay, ten times ten thousand years
from now, he will continue to make glad the heart of childhood.

    (September 21, 1897  the New York Sun   Francis Church)


c0089310_21131356.jpg

I wish you a Merry Christmas !
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-25 21:20 | つれづれ | Comments(6)

冬の夜のpieniと臨時教室

c0089310_106524.jpg個展が始まってからは、お仕事の後でpieniに顔を出しています。

前回の夏の個展のときと違って、今は暗くなるのが早いので、冬の夜のpieniが楽しめます。

pieniの建物はとっても古い(大正時代だったっけ?)ので、すきま風も多く、空調機のほかに石油ストーブが活躍中です。
いつもやかんがしゅんしゅんと音を立てています。


c0089310_10144781.jpgこれはある日のpieni。
ひでみんさんが、小学生の女の子に英語の個人レッスンをしているところ。
クリスマスソングを一緒にうたっています。
とってもかわいいでしょ?
私もお花など生けながらいっしょに歌ってます。



c0089310_10213621.jpgこの日は
臨時のアクセサリー教室をしました。

私のアクセサリー教室は、毎月第2日曜なのですが、どうしてもその日に来られない方からのリクエストをいただき、夜の教室を臨時開講です。


パールのネックレスをつくりたいというご希望で、仲良し2人組でご参加いただきました。
お2人ともアクセサリー作りは初めて、とおっしゃってましたが、基本のピンの曲げ方を覚えれば、あとはラクラクなのです。

まず首にかけるパールのネックレス部分をつくっていきます。
ひたすら9ピンに淡水パールを通して、曲げていきます。

c0089310_10301716.jpg首にかけるネックレスの部分を、自分の好みの長さまでつくったら、いろいろな種類の石から、ペンダントトップにつかう石を選びます。

この日は、マスカット色のニュージェイド、淡い黄色のイエロージェイド、透明な水晶、淡いピンクのローズクオーツ、濃い緑と茶色のインディアンアゲート、緑に白のスポットのモスアゲート、白いホワイトジェイド、グレーの模様のボツワナアゲート、光に当てると虹のように光るシェルなどを持っていってみました。

似合う長さも似合う色も人それぞれだし、好みがあるので、鏡を見ながら自分に似合うようにつくっていただきます。

それに天然石にはいろいろな種類があって、それぞれ違った意味を持っているのです。
心惹かれる石が、その時の自分のパワーストーンなのだそうです。
その時の自分に必要なメッセージを、皆さん自然に選んでいらっしゃるのではと思います。

c0089310_10443363.jpg約2時間で完成!

淡水パールは2人とも同じものを使いますが、こちらの方は、銀色の金具+葡萄色のビーズ+イエロージェイドの組み合わせを選んでつくられました。

濃い赤ピンクのビーズがポイントになって、カジュアルで可愛い感じに仕上がりました。
ご本人のイメージにもぴったり。

葡萄色のビーズ、色がきれいで買ったのですが、私も使ったことがなかったので、色の意外な効果を見せていただけて、嬉しかったです。
(写真ではビーズの色がよくわからなくてすみません。。)

c0089310_10445892.jpgイエロージェイドは、「社交性を高め、身も心も明るく軽やかにし、豊かな人間関係をはぐくむ。心のもやをとり除き、安心感を与え、決断力や自尊心を高める」という意味を持っています。

パールを足して、すこし長めにつくられています。


c0089310_115275.jpgこちらも2時間半ほどで完成!
爪を長くしてらっしゃる方だったので、小さなパーツが持ちにくそうで大変だったのですが、がんばられてました!

こちらは銀色の金具+金色のビーズ+インディアンアゲートの組み合わせを選ばれました。


c0089310_1182060.jpgインディアンアゲートは、「ネガティブなエネルギー(気)を追い払い、人間関係を向上させる。」というメッセージを持っています。
濃い緑がポイントになって、とってもシックな感じです。
この日のお洋服にもぴったりでした!


c0089310_11123341.jpgレッスンの後は、ひでみんさんが入れるおいしいお茶の時間です。
ちなみにお茶も受講料に含まれているので、この教室、けっこうお得だと思います。
自分で言うのも何なんですけど。。

この日のケーキは、フルーツのパウンドケーキ。
レッスンの後の甘いものは美味しいですね♪
飲み物は、冬季限定のショコラ・ショーをお願いしました。
おいしい。。
冬季限定メニューには、のどにやさしい花梨ジュレもありますよ。

c0089310_11175226.jpgアクセサリー教室の横では、中国系アメリカ人・Alvin先生の「アルケミストを英語で読む」教室をやってました。

冬の夜に、ストーブを囲んでの読書会。
Alvinの朗読がなんかいい感じでした。
こんな風に好きな人に本読んでもらったら素敵だな~って思いながら聞いてました。

パウロ・コエーリョの「アルケミスト」は、Alvinの一押しBOOKなのです。
私まだ読んでないんだけど。。
みんな英語で読むなんてすごいなあ。

今日はいよいよ読了の日!
皆さんいい笑顔です。

こんな冬の夜のpieni、壁が一面窓なので、外から丸見えです(笑)。
ダンスやってたり、語学レッスンしてたりしますが、皆様気軽にお立ち寄りください。
23日までは私もいたりします♪
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-16 11:31 | アクセサリー・Lumiere | Comments(7)

びっくりした。

個展初日にカメラを落としてこわしてしまった私。。

レンズのとこがひっこまなくて、電源を入れたら
「ギギッ、ギギッ」ってすごい音がします。

職場のカメラに詳しい先生も、見たとたん、
「あ~もうこれはだめだ~!」

修理にも2万円くらいかかるので、買ったほうがいいよってことでした。
やっぱり。。

昨日ビックカメラに行って、同じEXILIMのピンクのに目星をつけていたのですが、大学の近くのお店にも行ってみようと、お昼ごはんをダッシュで食べました。
さあ出発!

出る前に、やっぱりカメラを落としてこわした経験のあるK先生に、
「こんなになっちゃったんです~。。」
って、私のカメラを見せました。

「ちょっとええ?」
と言って、K先生は出たまんまのカメラのレンズをぐぐっと押し込もうとされているではありませんか!!

・・・まあもう捨てるしかないからいいか・・・
と思った矢先!!

「キシャーン」
と軽やかな音を立てて、レンズがひっこんだ!!

マジで!?

すっかり元どおりなEXILIMを操作してみたら、撮影もできるしピントもあってます!!

すげーーー!!!!!

これからはゴッドと呼びます!!K先生!!
さすが外科だ!!(←違)


カメラって精密機械のはずなのですが、力技でも直るんですね。。

帰りにpieniに寄ったところ、山陽放送ラジオの三宅八重子アナから、明日のラジオ出演の打ち合わせの電話がかかってきました!
アクセサリーの制作についてお話していたら、これからpieniに作品を見にきてくださることになりました。

なのでちょっと待機です。。

c0089310_20504489.jpgひでみんさんにお茶を入れていただいて、ほっとひといき。
教室が始まる前の、静かなpieniです。

この手袋は、1週間ほど前に買ったものです。
冬の青空のような、沖縄の海のような、綺麗なブルーのスエードにひとめ惚れしました。
持ってるだけでウキウキ♪です。


c0089310_20333088.jpg死の淵からよみがえったEXILIMちゃんと今年のスケジュール帳。
EXILIMちゃんは3回も落っことされているのに、ちゃんと美しい写真を撮ってくれる愛しいカメラです。
写真大好きな私のパートナーです。
私はDMの写真とかも自分で撮ってるのですが、仕上がりが綺麗でびっくりされるくらいなのです。
操作もカンタン!
おすすめです。

スケジュール帳は、去年NYに行った際にBarnes & Nobleで買ったものです。
ピンクが気に入って買いました。
2007年を一緒にすごしたパートナーです。
今年いいことばっかりだったので、今度もピンクの買おう!

そうこうしているうちに、三宅八重子アナがいらっしゃいました!
美人!!
テンション ↑↑ です!!


お話させていただいて、とっても楽しかった。
そしてそして、なんと作品をお買い上げいただきました~~!!

c0089310_21463215.jpg今回つくった、いろんな形のチャームをつかったシリーズの中の、巻尺のチャームのネックレスです。

"A tape measure of 100 happiness(100の幸せをはかるメジャー)"
って名前をつけました。

上のチェーン部分に淡水パール、ガーネット、チェコビーズを配しています。

白雪姫やシンデレラのようなおとぎ話の中の、重要な小道具のつもりでつくりました。

同じ素材のチャームをつかったシリーズで、
トランプのAが4つ並んだ"Four Ace"、
お魚の"ichtus"、
小さな鍵の"keep my secret / open my heart"があります。

三宅さんは美しい笑顔の印象を残してお帰りになりました。
バレエもなさっていらっしゃるとかで、ほんとに素敵な方でした。

明日の放送、緊張します。。
お時間ある方は9:10からの山陽放送を聴いてやってください♪


その後サルサ教室のみなさんや、今週金曜にアクセサリー教室に来てくださる方たち、明日pieniで建築のお話の教室をされる、出石町在住の建築家の佐野宜夫さんなどいらっしゃってワイワイ。

佐野さんとはお話しさせていただくの2度目なのですが、私も建築大好きなので、いきなりうちとけてお話できて嬉しい♪

私を"珍しいくらいすごい素直"って言ってくださったのですが、今日はひでみんさんにも素直って言われたのでした。
素直らしいです。
自分ではよくわからん。

以前も私の作品を買ってくださったpieniの生徒さんが、また何点も買ってくださったのですが、なんとこの方、苗字が結縁(ゆうえん)さんとおっしゃるのです~!
なんて縁起のいいお名前なんでしょうか!

ご本人のご結婚も、とんとん拍子に決まったのだとか。
結婚13年になるご主人とはとっても仲良しで、お二人でよくpieniのイベントにいらっしゃるのです。
その幸せパワーください!!って、別れ際にハグさせていただきました(笑)。

最近いちばんびっくりしたのは、
「うちの両親は出会って一ヶ月で結婚した」
っていう話です。
おばから聞いたんですが、子供の私も知らなかった(笑)!!

うちの父親は養子なんですが、お見合いの席でおじいちゃん(母方の)が、
「気に入ったからもらいますけぇ!!」
って結婚する本人の意見も聞かずに断言したそうです。

母親は、「えええっっ?!」って感じだったそうですが、父親の見事な食べっぷりに、
「こんなによく食べる人なら絶対健康。」
と思ったのが決定打だったそうです(笑)。

父親は家に帰って兄弟に(ちなみに父親は8人兄弟)、
「すげー美人じゃ!わしは行く!!」
って宣言して、養子に来る気満々だったそうです(笑)。

そのお見合いが木曜日で、次の木曜日には父方のご両親が挨拶に来て、次の木曜日には結納、そして次の木曜日には結婚式だったとか。

「木曜ごとに決まっていって、ほんまに速かったんよ~。」
っておばが言ってました。

ちなみに私が生まれたのも木曜日(笑)。

決まる話は速いって言うけど、縁結さんもそう言われてました。
ほんとにご縁ってどこかにあるものなんでしょうね。
不思議。

c0089310_2332657.jpg今日は体調もそんなに良くなかったので、pieniを早く失礼しました。

そしたら、さっきひでみんさんから電話があって、私が帰った後でいらっしゃったお客様たちに、作品をたくさん買っていただけたとのことでした!!

びっくりした!!

えらいこっちゃなので、これから追加制作します!
買ってくださった皆様、ありがとうございました!!
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-11 23:22 | つれづれ | Comments(10)

アクセサリー教室&パーティー

今日はアクセサリー教室の日でした。

昨日個展初日で、次の日が教室だったので、今朝から準備でバタバタしてました。
定員6名のところ9名も参加希望をいただいて、ほんとに嬉しかったです。
さすがにそれはちょっと無理なので、2名の方にはお断りさせていただいて、ほんとに申し訳なかったです。

とはいえ一度に7名もの教室は私もはじめてだったので、準備がまだできてないうちに生徒さんたちがいらっしゃったり、材料が足りなかったりといろいろ不手際があって、ご迷惑をおかけして申し訳なかったです。。

c0089310_1211062.jpg真剣に作業中の皆さん。
教室2度目の方と、まったくアクセサリーつくりが初めての方と半々でしたが、みなさん上手につくられていました!

2度目にいらっしゃった方は、もう自分でサクサクとつくりはじめてくださって、その進歩ぶりが嬉しい~。
それに、以前教室に来られた後で、ご自分でピアスをつくられたとのことで、とってもお似合いな感じのをつけてきてくださった方もいらっしゃって、ほんとに嬉しかったです。


c0089310_1244540.jpg丸ペンチ、ラジオペンチ、ニッパーをつかって、9ピンというピンを曲げて石をつないでいきます。
細かい作業なので、最初慣れるまでが大変なのですが、コツをつかんでしまえば、いろんなアクセサリーが自分でつくれるのです。


c0089310_1291334.jpg石にピンを通したものを、好みの配置にレイアウト中です。

私の教室では、その月のテーマの石を決めています。
今月はキラキラ光るボール型の水晶です。
使わないときには、窓辺につるしてサンキャッチャーにしてもキレイ。

1人20個の水晶を使うところまでは皆さん同じなのですが、その配置や、金具の色、添えるビーズの色を選んでいただけるようにしています。
似合う色や好みの色はそれぞれ違うし、ネックレスの長さだってその人その人の服装や好みで違ってくるのです。

なので、生徒さんには鏡を見ながら、「自分がいちばんきれいに見える」ようにつくっていただいています。
それがいちばん大事なことだと思うからです。

なので、デザインは人それぞれ、中には私が思いもよらなかった配置でつくられる生徒さんもいらっしゃって、毎回こちらが新しい発見をさせていただいています。
そして皆さんきれいなのを作って、嬉しそうにつけて帰ってくださるので、こちらも幸せな気分になりますよ♪

女の人がきれいで楽しく毎日をすごすのって、すごく大切なことだと思うし、お気に入りのアクセサリーを自分でつくる喜びは、そういった毎日に役立つんじゃないかと思うのです。

こういったことで、いろいろな方と出会えるのは、ほんとに幸せなことだと思います。
今日も私、すごく楽しませていただきました。
教室に来てくださった皆さん、ありがとうございました!

・・・完成品の写真を撮らせていただくのを忘れてました。。

c0089310_1505650.jpg今日はその後、pieniの語学の教室関係の方が集まって、クリスマスパーティーでした!
これは英語の先生Alvinとフランス語&サルサの先生Fahnがゲームをしているところ。
お題をもとに絵を描いて、同じチームの人が何の絵か当てる(日本語禁止!)というゲームです。

私のお題は"The Leaning Tower of Pisa"ピサの斜塔でした。
簡単でよかった~と思って絵では通じたものの、英語名が観客からなかなか出てこず(私も知らなかったし)、あせりました。


c0089310_22990.jpgpieniは場所としては小さいので、イベントの際には人でいっぱいになります。
外に面してる壁が一面窓なので、外から見るとかなり壮観です。
今日も外から、楽しそうな様子を見物されている方がいらっしゃったくらいです。


c0089310_275916.jpgパーティーのお料理は、ブランチレッスン教室の灰原先生のエスニックなサラダやタイカレー、ロールキャベツなどで、どれも美味しかったです♪
これは私もつくり方を教えていただいたタイカレーで、ココナツクリームをじっくり炒めてつくるのですが、絶品!!
私もたまにつくるのですが、やっぱり先生のはおいしい。。


c0089310_2142815.jpgこれは途中サプライズでAlvinと生徒さんのお誕生日祝いをして、ろうそくを消した後のケーキです。
おいしかった~。。


c0089310_2164076.jpgフランス語教室の、「どうみてもフランス人に見える生粋の日本人」カトリーヌさんがみんなに焼いてきてくださった大量のアップルパイです。


c0089310_2191513.jpgラッピングがかわいすぎて感動。
味もレモンがきいていて、とっても美味しかった。
カトリーヌさん、どうもありがとうございました!

私は10時過ぎに失礼したのですが、その後はサルサパーティーになったはずです。
私も疲れてなかったら参加したかったなあ。。

あと、今日はさっそく何点か個展の作品を買っていただけました♪
自分の作品が売れる嬉しさって、「お金が入る」という嬉しさというより、「自分のことをわかって好きになってもらえた」っていう嬉しさなんだって、今日気づきました。

ブログもそうだし、作品もだけど、どっちも自分自身そのままなので、そこを好きになってもらえるのって、ほんとにうれしいです(^-^)。
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-10 02:32 | アクセサリー・Lumiere | Comments(2)

個展初日&ラジオ出演します!

無事個展初日が終わりました~。
なんとか場所が埋まるだけの作品ができてよかった。

ここのところ無理を続けてたからか、今朝急にお腹が痛くなって、どうなることかと思いました。。
搬入が遅れてしまって、ひでみんさんごめん!!

タクシーを呼んだら、運転手さんがすごい感じいい方でよかった~。
車の中がハーブティーみたいないい香りがするので、お伺いしたら桃の香りの芳香剤を使われてるんだとか。
すごい物腰の柔らかな方でした。
たまにこういう素敵な運転手さんの車に乗るとうれしいな。

pieniに到着して、ひでみんさんにお手伝いしていただいて、飾りつけも完了!
さっそく何点か気に入っていただけたようで、よかった~。

その後アトリエOKAYAMAの先生やマトリョミン演奏家おばおばさん、職場のOさんとお友達など、さっそく初日からのぞいて下さって、めっちゃうれしかったです!!
ありがとうございました!

浮かれていたら、カメラを床におっことしてしまい、レンズがひっこまなくなってしまった!
こわれた~!!

作品の撮影しないといけないので、明日はビックカメラに行ってこようと思います。
いいことがあればそうでないこともあるものです。。

明日はアクセサリー教室があるし、夜はpieniのクリスマスパーティーです。
ブランチレッスンのH先生のタイカレーが登場するそうなので楽しみ☆

そして!
山陽放送ラジオに来週生出演することになりました!!

朝の「9時からやえこ お昼まで」っていう番組です。
12日(水)朝9:10からの、「ビューティースマイル」っていうコーナーに出演させていただく予定です。
毎週水曜日に放送している、県内で活躍している女性を紹介するコーナーなのだそうです。

活躍。。
してるのだろうか私。。

勤務時間中なので1時間のお休みいただいての出演です。
いつものことながら教授も快諾(笑)。
ありがとうございます!

この出演のお話をいただいたのは、このブログを読んでくださっているマイミクのツーリンさんが番組のキャスターさんに私のことを紹介してくださったからなのです。
ほんとにありがとうございます!
でもはずかしいニャ~。。

ツーリンさんは、私にとってお姉さんみたいな存在で、お会いするたびになにか新しいヒントをいただくのです。
教えていただいた『人生の価値』(飯田史彦著)っていう本も、読んでみたら、なんだか普段自分が考えているようなことがまとまっているような本だったりして、すごくびっくりしたのです。
ラジオ出演も、ご期待に沿えるようにがんばります!

ほんとにいろんな方に助けていただいてます。
私の活動はつくづく、運と他の方のサポートに支えられているなあって思います。
皆さん、ほんとにありがとうございます!

がんばります。
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-08 23:13 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)

個展のお知らせ

またアクセサリーの個展をさせていただくことになりました!

"Sparkling Season"
2007.12.8(土)~12.23(日)

c0089310_2116093.jpg


Pieni..ecole+cafe
岡山市出石町1-8-1 1F

tel: 086-231-6420
e-mail: felicitenote@able.ocn.ne.jp
http://felicite.exblog.jp/

open: (weekday) 13:00-21:00 (weekend)12:00-20:00
closed Monday

※ イベントのため、12/9(日)・21(金)の営業は18:30までです!

年末の華やかなシーズンをのおともにしていただけるように、また冬のおしゃれに添えていただけるようにと思ってつくっています。

冬服は色も素材も重くなりがちなので、そんな中で光を放ってくれるような、ちょっと気持ちが華やかになるようなポイントにしていただけるとうれしいです。

クリスマスなので、十字架や聖人のメダイをつかったロザリオ風のネックレスもいくつかつくってみました。

ご興味がある方は、気軽に見にいらしてください♪
私は自分の作品を見ていただけるとほんとにうれしいので。。

また、pieni..はカフェ営業もしていますので、ひでみんさんのおいしいお茶もいただけます。
私ははちみつミルクラテが好きです。

そして!現在もやっぱり制作中です(笑)。

この前させていただいた7月の個展の時と違って、冬は暗くなるのが早いことを忘れていました。。
家に帰ったらもう暗いので、蛍光灯の下で作って、翌日自然光で見てがっくり→はじめにもどる、の繰り返しです。
間に合うのだろうか。。

あと、pieni..では毎月第2日曜日の15:00~17:00に、アクセサリー教室をさせていただいています。
会期中にもあります。

クチュール・アクセサリー Lumiere
12/9(日) 15:00~17:00
受講料 ¥4000(材料・お茶とお菓子つき)


毎月のテーマの石を決めていて、12月は水晶です。
水晶は、悪い気から身を守り、生命力を高めて良い運気を引き寄せる、という意味を持つ石だそうです。
来年に向けて運気UP↑↑ということで、水晶を選んでみました。

教室では、その日につけて帰れて、翌日から職場などにもしていけるようなアクセサリーをつくっています。
鏡を見ながら、自分が綺麗に見えるように、あしらうビーズや配置、長さを調節しながらつくっていただいています。

メインの石は同じでも、みなさん出来上がりがそれぞれ違っていて、ほんとに嬉しそうにつけて帰ってくださるので、私も毎回とっても嬉しいです♪

さあ!12月がはじまりました。
がんばります!
[PR]
by songsforthejetset | 2007-12-02 22:23 | アクセサリー・Lumiere | Comments(4)