<   2008年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

西條剛央さん in Pieni!「しなやかに生きるための哲学」


なっなんと!
ありえないことが起こってしまいました。

以前の日記にも書いていた西條剛央さんが、pieniで講演会をしてくださることになりました!!

嘘みたいだけど本当です!

西條剛央さんは、「構造構成主義」という最新の理論を体系化し、各界から若き思想家として注目されている方です。
 構造構成主義のHP http://structuralconstructivism.googlepages.com/

洋裁クラブでご一緒のすーさんから、西條さんのことを教えていただいたのが、去年の3月。
その時のことは以前の日記にも書きました。 (→2007年10月6日の日記へ

まさか1年後に、その方の講演会を自分が企画しているなんて夢にも思いませんでした。
人生って何がおこるかわかりません。。

この日記を書いたときには、ご本人と直接やりとりをさせていただくことになろうとは想像もしてなかったです。
この日記の時よりは、もうちょっと哲学についてわかるようになったかも。

西條さんのブログや日記の文章が、とにかく素敵です。
私は哲学って詳しくないから、哲学について書かれた本よりも、ブログや日記のほうが読んでいて素直に入ってきます。
哲学って、人生の大切さを考えるための学問だと思うのですが、西條さんの文章には、ささいな日常の風景をつづったものでも、そういったことがたくさん含まれているように思うのです。

西條さんは、3/2に岡山県立大学で開催される、日本看護研究学会中国・四国地方会の特別講演の講師として岡山にいらっしゃるのです。
 日本看護研究学会中国・四国地方会 第21回学術総会のHP
 http://www.jsnr.jp/chihoukai/chugoku_shikoku/gakujutu21info.html

学会員でなくても参加できるし、すーさんも発表をされるので、私も参加してお話をお聞きするのを楽しみにしています。

でも、学会で聴くお話は、内容も堅いし、すごくフォーマルな場なので、もっとブログみたいな雰囲気のお話をお伺いできないかな?って思っていました。

西條さんのお話は、とっても面白くてわかりやすいって、すーさんも絶賛されていたし。。

そこで、私が直島に竹田青嗣さんの哲学トークを聴きに行ってきた際に、ひでみんさんが、pieniでもそういうのをやってみたいって言われてたのを思い出しました。

西條さんも、ご自身のブログに、講演依頼を歓迎しますといった意味のことを書かれていらっしゃったので、pieniでの講演をお願いできないかな??って思ったのです。

それでひでみんさんと相談して、西條さんにメールで講演の依頼をさせていただいたところ、

快諾!! \(T▽T)/

私もびっくりしましたが、ひでみんさんもびっくりでした(笑)。
依頼しておいて何なんですが、ほんとにいいんですか?!って感じでした。
私たちは哲学のこと、ほとんど知らないのですが、詳しい方からしたら、きっとすごいことなのでは。。

というわけで、西條さんの講演会が決まりました。

pieni..Lecture

「しなやかに生きるための哲学」
                     西條剛央

2008.3.2(日) 18:00~  

構造構成主義という最新の理論を体系化し、各界から若き思想家として注目されている西條剛央さん。
「哲学する」「科学する」ということは、私たちの生活にとても役立つものであり、誰でも実践できる(している)ということを、わかりやすくお話していただきます。
人生において大切なことを見極める方法や、愉しく、しなやかに生きるコツ。
そういったことを、独自の観点からお話していただきたいと思います。
情報溢れる現代社会において、本当に大切な「考え方」を知る機会にしていただければと思います。


西條剛央(さいじょう・たけお)

略歴
1974年、宮城県仙台市生まれ。
1999年、早稲田大学人間科学部人間基礎学科卒業。
2004年、早稲田大学人間科学研究科にて博士号取得。
2002年~2004年,日本学術振興会特別研究員(DC)。
お茶の水女子大学大学院、立教大学、東洋大学、首都大学東京、東京福祉大学などの非常勤講師を歴任。
2007年現在,日本学術振興会特別研究員(PD)。

養育者と子どもの「抱っこ」研究と並行して、新しい超メタ理論である構造構成主義の体系化、応用、普及を行っている。
主な著書に『構造構成主義とは何か』『ライブ講義・質的研究とは何か』『科学の剣 哲学の魔法』などがある。

「西條剛央のブログ:構造構成主義」
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/

参加費 ¥2,500 (1drink) ※要予約

Pieni..ecole+cafe
岡山市出石町1-8-1 1F

tel: 086-231-6420
e-mail: felicitenote@able.ocn.ne.jp
http://felicite.exblog.jp/


ぜひぜひ、ふるってご参加ください!
これからの人生に役立つ、いいお話を聴かせていただけると思います♪
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-31 02:34 | つれづれ | Comments(8)

エルメスじゃないんです


ブログにエルメスのバーキンのこと書いたら、エルメスに詳しくってお財布もエルメスなんですね、みたいに思ってくださった方がいらっしゃったのですが、私はブランドに関してはそんなに詳しくないし、お財布もエルメスではありません!

c0089310_22572094.jpgこれは8年くらい前に韓国に行ったときに買ってきたもので、エルメスの"ベアン"っていうデザインを真似したものなんです。
私、買ったときにはこのデザインがエルメスのだって知りませんでした。。

私はブランドにまつわるお話とかは好きですが、商品のデザインにはたぶんあんまり詳しくないです。
以前オケで一緒だった女の子が、高校の体育バッグを持ってきてると思っていたら、エルメスのフール・トゥというデザインだったのでびっくりしたこともあります(笑)。

買ったのは7年前だけど、去年の2月10日にこのお財布を初めて使いました。
何で覚えているのかというと、その日の夜に自分がつくったネックレスがはじめて売れたからなのです。

不思議なことに、初めてこのお財布からお金を出した時の状況や、その時の気持ちを鮮明に覚えています。
英会話のレッスンに倉敷に行くために、お昼に駅で切符を買ったときが最初で、そのあと倉敷駅前のコンビニで、先生とたべよ♪と思って、プチロールケーキとコーヒーを買ったときが2度目。
歩いていく道の感じや、通り過ぎる車の音、寒かったこと、考えたこと、すごく覚えてます。

その日の夕方、ネックレスが売れたっていう電話が叔母からかかってきて、信じられないくらい嬉しかった。
それからこのお財布を使っているといいことばっかり起こるので、大事にずっと使い続けてます。

もともとこのお財布は、言ってみれば人助けで買ったものなので、そういうものって人に幸運を持ってきてくれるのかなあって思います。

懸賞でたまたま韓国旅行が当たったので、それなら行こうと当たったツアーに参加しました。
1人で参加している人どうしが同室になって、私も同じくらいの年齢の方といっしょで、お互い韓国が初めてだったので、2人であちこち観光しました。
とっても楽しかった!

いちばん良かったのは、行く前には韓国に対してあんまりいいイメージを持っていなかったのが、実際に自分が出会った方にとても親切にしていただいたり、文化に触れたことで、180度印象が変わったことでした。
帰る頃には韓国が大好きになっていた(笑)。

観光中、同室の方がオーストリッチのバッグを買いたいと言われていて、2人で入った革製品のお店で、気に入ったのを発見!
でも彼女が考えていた予算よりも高価だったので、バッグを前にすごく悩まれていました。
そしたらお店の方が、
"何かもう一個買ってくれたら、その予算までディスカウントしますよ。"
と言ってくださったんです。

私はその時、このお財布すごくかわいい♪と思っていたので、
"じゃあ私がこれを買うので、彼女のバッグを安くしてあげてください"
ってお願いして、交渉成立!

オーストリッチはこのポチポチが大きいほどいいものなんだそうで、それが水玉模様みたいで気に入ったんです。
値段は5000円くらい。

私はその時にこれがエルメスのデザインだって知らなかったので、後で雑誌に載ってるのを見て本気でびっくりしました。
あまりに高価だったので、本物だと思われたら困るなあと思って、それで1度も使わないまま7年もしまっていました(笑)。

これの前に使っていたSAZABYの赤いエナメルのがひびわれてきたので、去年やっと、使ってみようかな?って思ったのです。
大掃除をした時、物って使わずにとっていても、どんどん古びて使えなくなっていくことを実感したのです。
しまっていてもしょうがないし、いいものなら使おうと思って。

そしたらこのお財布、めっちゃ人から見られるのでびっくりしました!!
SAZABYの時にはそんなこと全然なかった。
見られるたびに、
(エルメスじゃないんです。。)
って心の中でつぶやいています。

考えてみたら、このお財布使うようになってまだ1年経ってないんですね。
What a difference a year made !

ほんとにこのお財布使うようになっていいことばっかり起こります。
人を助けるために買ったものは、何かいい縁を運んできてくれるんじゃないかって思う。
これからも大事に使ってあげたいです。
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-30 23:23 | つれづれ | Comments(4)

mixiの日記キーワード1位、「バーキン」!


昨日のスマスマにジェーン・バーキンが出演したので、mixiの日記キーワードランキングの1位が「バーキン」になってた!
ジェーン・バーキン大好きなのでうれしい。

たぶんほとんどの人が、「バーキン」はエルメスのバッグの名前として知っていて、スマスマで本人がバーキン・バッグをがしがし踏んづけたりしたので、それで日記ランキングに登場したんだと思うけど、本人が広く知られるのは嬉しい。

とっても無邪気で、普通な感じで、素敵でした!
素敵に年を重ねた、という感じではなく、中身そのままで肉体だけ年を取ったという感じ。
きっと昔からあんな感じなんだろうなあって思った。

"エルメスのお店に来たバーキンが、持っていたかごをひっくり返して、「これが全部入るカバンが欲しいの。」と注文したことでバーキン・バッグが生まれた"
というエルメスのバーキン誕生秘話が、全然違う話だったのでびっくり。

空港で、ジェーンが飛行機に乗る前に手帳を見ていたら、挟んでいたものをバラバラに落としてしまった。
隣の男性が、
「なぜあなたのバッグの中はそんなにめちゃくちゃなんですか?」
と尋ねてきたので、
「エルメスの手帳にはポケットがないからよ。」
と答えたら、その男性が
「私はエルメスの社長です。この手帳にポケットをつけてあげましょう。」
と言ってくれた。

バーキンが、
「なぜエルメスにはポケットのついたバッグがないの?」
と尋ねたところ、
「ではあなたのために作りましょう。」
と言ってくれたので、ジェーンはその場でスケッチを描いて、
"ケリーバッグより大きく、旅行カバンより小さいポケット付きのバッグ"
のデザインをエルメスの社長に手渡した。

後日、
「あなたのバッグができました。」
と連絡があったので、エルメスに行ってみると、とても美しいバッグができていた。
さらにジェーンが革の色や金具を指定して、完成した時に社長から、
「このバッグをバーキンと名づけていいですか?」
と尋ねられたので、ジェーンはとても嬉しかった。
だってとても美しかったから。


エルメスのバッグは1923年に"ポリード"が、1956年に"ケリー"が、そして1984年に3番目の"バーキン"が誕生したのだそうです。

そしてその"バーキン"を、勝利チームの木村くんと草薙くんにプレゼント!!
ベージュとワイン色のバーキンの中に"Love Takuya"って油性ペンでサイン。
そして自分がパッケージのイラストを書いた香水もプレゼント。

すごかったのはここから。
「これは男性が使ってもいいものですか?」
って尋ねた木村くんに、
「もちろん!」
って言って、木村君からバーキンを取り上げて、ガシガシ広げて、床の上でコンバースを履いた足でぐしゃぐしゃって踏み潰しちゃった!

このバッグってたしか100万円くらいして、しかも3年待ちとかって聞いたことがある気が。。
そして中にガンガン重いものを入れて、ハイ!って木村くんに渡していました。
顔のアブラまでとってつけていた(笑)。
もちろん草薙くんのも同じ運命に。

ブランドに詳しくない私でも、えええ~~っ!!!と思って見ていたくらいだったから、おそらく日本中のエルメスファンの方が一斉に悲鳴を上げていたにちがいありません。
さすがだ。
自分自身が揺るぎない「ブランド」の人は、いくら高級品でも物がアイデンティティになるなんてことがなくて、やっぱり爽やかだなあって思った。

途中慎吾くんがジェーンの真似した格好をしてたけど、すごくコケットな感じで可愛くて似あっていました(笑)。

以前鈴木その子さんが出演されてたときも、すごくかわいかったんだけど、ジェーンも超かわいかった!
年齢調べてびっくりしたけど、なんと61歳!!
キュートだなあ。。

温かいお料理の上で生きているみたいに動くかつお節を見て、
「どうして動くの?!」
ってびっくりしていたり。

「世界中の子供と人々の生活を見ることで、人生が豊かになる。」
「人生とは発見」
とおっしゃっていました。

Youtubeで、ジェーンとセルジュ・ゲンズブールの素敵な映像をみつけました。
http://www.youtube.com/watch?v=qO0J7O960ls
2人の「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」のデュエットにのせて、2人のプライベート・フィルムっぽい映像がつながれています。
セルジュがジェーンを、ジェーンがセルジュを撮影している感じ。

1969年の映像だったら、2人が結婚したのが1968年だから、まさにラブラブ。
セルジュがめっちゃかっこいいんですが、、ジェーンにメロメロな様子がまたとっても可愛い。
そしてジェーンも超・超カワイイ!
幸せな気分になる映像の、素敵な2人です♪
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-30 00:30 | つれづれ | Comments(3)

pieni..ライヴ「冬のカムカム♪」


日曜に、黒瀬尚彦&スプリングカムカムのライヴに行ってきました!
http://felicite.exblog.jp/8080238/
初カムカムです♪

c0089310_113388.jpg小さなpieniは人でいっぱい。
といっても出演者も入れて40人強なんですが。。
ギューギューになって聴くライブっていうのもいいものです♪


c0089310_122453.jpgまずオープニングアクトは、ウクレレ隊のpetit_piere。
初めて聴いたんですが、とってもなごみ系の演奏で、可愛かった~♪
何よりビジュアル的にかわいいので、すごい癒されました。


c0089310_145069.jpgそして、黒瀬尚彦&スプリングカムカム+中村隆子さんのマトリョミン!

黒瀬尚彦さんは歯科医師として開業されているかたわら、ムーンライダーズとあがた森魚さんをコピーして25年のバンド「架空楽団」を主催されています。
活躍の模様はこちら → http://www.linkclub.or.jp/~artmania/20040822_photo.html

音楽活動だけでも本業に匹敵するくらいの充実度で活躍なさっている、"50になっても未完成!"な素敵な方なのです。
そしてめっちゃ若い!!!
好きなことに打ち込んでいらっしゃるかたというのは、年齢とは関係なく、少年のような雰囲気がありますね。

「蛇にピアス」を書いた金原いずみさんのお父さん、翻訳家の金原瑞人さんにお会いしたときも、もう50歳を越えていらっしゃるのに、20代後半くらいにしか見えなくって、そのフレッシュでキラキラした雰囲気にびっくりしたことがあります。
ティーン小説をメインに翻訳してらっしゃるので、感覚がいつまでも青春時代なのかな?って思いました。
黒瀬先生からも、永遠の少年みたいな同じ雰囲気を感じます。

バンドの演奏をはじめて聞かせていただいたのですが、
超上手!!で超かっこいい!!
マジではまりました。

最初の曲が、昔のサントリーのウィスキーのCMの曲のコピーで、懐かしかった!
「これがわかる人は年寄り」by黒瀬先生(笑)。

さああなたも年寄りかチェック!→ http://www.youtube.com/watch?v=YotCl8xcRtk&feature=related
もひとつおまけ → http://www.youtube.com/watch?v=aWo1aNdn6fQ&NR=1
 私、このCMが大好きで、バルセロナに行ってガウディ建築のおっかけをしました(笑)。

続く曲も、ピチカート・ファイヴがカバーしていた「My Name Is Jack」、イントロも超よかった「空飛ぶ理科教室」、飛行機の映像に超テンションあがった「エアプレーン」、メロディがとても素敵だった「スペースエイジ」など、どれもこれも、明るくせつないメロウな曲調で、ほんっっとにレベルの高い演奏を聴かせていただきました。

メンバーの方の演奏もすごく上手で、特にSaxの赤田さん、いろいろなところでお名前は拝見していたのですが、実際聴かせていただいたのはこのときが初めてで、感動しました!
ギターとのアドリブかっこよかった。
あと、はじめてみる楽器「アンデス」も、ダース・ベーダーのテーマの演奏で聴いたことある音色で、納得。

黒瀬先生が曲に合わせたビデオを編集していらっしゃっていて、pieniの白い壁に投影していて、それが音楽と相乗効果で、すごく素敵でした。

それにしても黒瀬先生、いったいどうやってこういう活動時間をつくられているんでしょうか。。
時間の使い方をレクチャーしていただきたいです。

そして!中村さんのマトリョミンとのコラボ、音の質感がピッタリでした!
ジュール・ヴェルヌ、20世紀少年、月世界旅行、トワイライト・ゾーン、そんな世界にいざなってくれますね。

c0089310_211432.jpgマトリョミンの「ロシアより愛をこめて」、すごくよかった。
ロシアつながりだけに(笑)。
今回はいつものフミヨちゃんでなく、次女のマイヤちゃんがご活躍でした。
どんどん人前での演奏にも慣れて、指の動きもすごいキレイになってらっしゃるなあって思いました!

そんなこんなで、大満足のうちにライヴ終了♪
その後みなさんとのお食事に連れて行っていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。
自分の人生を楽しんでいらっしゃる方って、皆さんポジティブで明るい。
一緒にいるだけで楽しくなります。

またこんなライヴ聴きたいです。
楽しかった!
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-29 02:22 | 音楽 | Comments(9)

いろどりの横石知二さんの講演会 in 津山


先日、岡山県北の町・津山で、いろどりの横石知二さんの講演会がありました。

津山の講演聴きに行きます~って横石さんにお知らせしたところ、徳島からいらっしゃる横石さんと岡山駅からご一緒させていただけることになりました!

平日ですが幸いその日から教授をはじめうちの先生たちは学会。
前の上勝行きのときもハワイで学会だったし、タイミングいいなあ。。
朝1時間だけ出勤して、その日急ぐことをすませて、急いで駅へ。

2両編成の津山線を探したら、いらっしゃいました。横石さん!
お久しぶりです♪お元気そうで何よりです。
横石さんからなんと上勝のおみやげをいただいて、私なんぞに気を使っていただいて、非常に恐縮しました。。

前の日に雪が積もったので、外がところどころ雪景色で、とってもきれいだった。
横石さんは今年間150回講演をされているそうで、本業のいろどりもあるし、その他にもいろいろな方面からも必要とされているほんとにお忙しい方で、日本中を飛び回っていらっしゃるのです。
でもとっても気さくな方で、私も楽しくお話させていただいて、いろいろとアドバイスもいただいたりしているうちに、あっという間に津山に着きました。

駅には今日の主催者側の方が迎えに来てくださっていて、私まで便乗させていただいてしまいました。。
会場までけっこう離れていたので、とっても助かりました。ありがとうございました!

会場のグリーンヒルズ津山は、モダンな外観の立派なホールで、私まで控室でお茶を出していただいて、ますます恐縮です。。
単にくっついてきただけなのにすみません。

そして、以前から横石さんのことで私のブログにコメントを下さっていたkujiraさんが、なんとスタッフの中にいらっしゃって、声をかけてきてくださいました!
申し込みの名前を見て、もしかしてと思ってくださっていたそうで、すごく嬉しかったです。
誠実な感じの素敵な方で、ご本人にお会いして、落ち着いた印象のコメントも納得。。
ネット上で存じ上げてる方と、実際にお会いしたのははじめてだったのですが、嬉しいものですね!

c0089310_111792.jpg講演が始まるころには、会場はお客さんでいっぱいでした。

平日なんですが、180名近くいらっしゃっていたそうです。
皆さん真剣に、横石さんの熱意あふれるお話を聴かれていました。

後ろに座ったので、写真が小さいくってすみません。。


以前岡山のNPOでお伺いしたお話と、微妙に違っていて、後でお伺いしたところによると、会場の雰囲気をみて変えるのだそうです。
さすが年間150回です。。

横石さんが繰り返し伝えられている、たいせつな部分は、

"その地域にも、人にも、必ずほかにない光るところがあって、そこをみつけてのばしていくことが大事。
 ひとりひとりが自分を輝かせるものを見つけて、活躍できる場面をみつけること"

ということで、それは私もよく思うことでもあります。

講演の最後に印象的だったこと。
自分の跡を継いでくれる人がいないのを心配していたおばあちゃんが、迷いつつも75歳からいろどりをはじめた結果、お子さんもお孫さんも戻ってきて、今4世代同居で幸せになさっているそうです。
そのおばあちゃんの言葉。

「やってみるって大事やな。
 今までやったことのないことをやるのは勇気がいるな。
 でもやってみないと幸せはつかめんな。」

ほんとにその通りだと思います。
実際に勇気を出して、踏み出した人の、重みのある言葉。
自分と、いろんな人に贈りたい言葉です。

講演の後、横石さんのお友達のKさんのお宅で、横石さんを囲んでの宴会に誘っていただき、そちらにもお邪魔させていただきました。
っていうか私お言葉に甘えてついていきすぎじゃないでしょうか。。(^^;

Kさんは、横石さんの自伝にも登場する、いろどり立ち上げ時にもいろいろとご協力なさった、横石さんのお友達です。
いろどりの三角シールも、Kさんのデザインなのだそうです!
ご実家が津山なのだそうで、この日はかに鍋やオードブルなど、とっても豪華にご準備してくださっていました。

後からKさんのお友達や、講演を聴かれていた方、津山に農業体験をしている若い方などがいらっしゃって、みなさんでワイワイと横石さんを囲んで楽しい宴会になりました。

私の父方も母方も湯原の出身で、親戚がほとんど美作地方にいるので、県北の方って馴染みがあるのです。
なんだか親戚の家にでもお邪魔しているかのような気分で、楽しく過ごさせていただきました。
Kさん、ありがとうございました!

Kさん宅に泊まられる横石さんにご挨拶して、宴会にいらっしゃっていた方に津山駅まで送っていただき、夜9時過ぎに岡山に帰ってきました。
楽しかった~♪
横石さん、お世話になりました。ありがとうございました!


考えてみたら、以前いろどりのことをブログに書かせていただいたことがきっかけで、横石さんともこうしてご一緒する事ができました。
そして今回、私のブログにコメントを下さっているkujiraさんとも、思いがけずお会いすることができました。
どちらの出会いも、ほんとうに嬉しい、不思議なご縁だと思います。

インターネットがなかったら、決してなかった出会いだと思う。
ブログを書いていて良かったと思うし、キャッチしてくださる方がいらっしゃるのにもほんとうに感謝します。

私は昔から、憧れていた人がいつのまにか友達になっていることが多いのですが、憧れる気持ちにはなにかすごい引力があるような気がします。
なにかに憧れて、自分なりの活動をつづけていけば、自分に必要な縁が生まれてくるものなのかもしれません。

自分が好きになるものの中には、必ずすこしの「自分」が入っている気がします。
人でも、出来事でも、なんでも、好きだと思うものの中には、必ず自分と響きあうものがあるのだと思う。
だから自分を磨くことが大事なんだと思います。

また横石さんから、いっぱい良いお話をお伺いしました。
いただいた影響を忘れないように、私も自分なりにがんばっていこうと思います。
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-27 01:10 | つれづれ | Comments(5)

フォトスタジオ・べあもん 撮影現場潜入


お友達と夜ごはんにいこうとしていたら、マイミクAnonymeⅣさんから電話がかかってきた。

なんでも次の日お店の(AnonymeⅣさんちは和菓子屋さん)HPのモデルさんの撮影があるので、メーキャップをお願いできるところを知らないかとのこと。

んもー。もっと早よー言われ!って、最近独立したマイミクNAKANISHIさんのところに連絡してご紹介。

私のアクセサリーを「撮影に使ってあげてもいいよ。」っていうので、それはAnonymeⅣさん語翻訳機にかけると、私のアクセサリーを「撮影に使いたい」ということなので、次の日持っていくことにする。

次の日支度して出ようとしたらまた電話。
モデルさんが着る、おとなしめで女の子っぽい服を持ってきてくれないかとのこと。
・・・。

はよー言えっっっ!!!

んもーブツブツ。。といいながら紙袋にとりあえずいっぱい服を入れてAnonymeⅣさんちに持っていった。

モデルさんは、もともと綺麗な方なのだけど、メイクでさらに美しくなってました!
 ヘアメイク、おすすめです → カレイドスコープ http://kaleidonail.com/ 
もともとはネイルサロンなんだけど、マイミクNAKANISHIさんがヘアスタイル担当で、1月からカレイドスコープの中にサロンをオープンしています。

あとからフォトスタジオ・べあもんに合流。
こちらはマイミク・ひげかめさんが今年独立したフォトスタジオです。

いろんな撮影に幅広く対応できる方だし、女の子を可愛く綺麗に色っぽく撮るのがライフワークなので、もし写真撮影を考えていらっしゃるかたはぜひ!
 フォトスタジオ・べあもん http://bearmon.blogzine.jp/
           ひげかめさんの撮る女の子の写真はこちら → Female  

c0089310_11352373.jpg


さっそく撮影中でした。
撮影のひげかめさんと助手の猿さん。
それを見守るAnonymeⅣさん。

すごく広いスタジオで、本格的な撮影です。
照明と白い背景で、モデルさんがよりいっそう綺麗に見えて、感動!


c0089310_11455694.jpg
そして私の服を着たモデルさん。
自分の服を人が着ているって、なんか不思議な感じですね。
これこんなに可愛い服だったんだ!って思った(笑)。

気のせいか私が着てるより似合っているぞ。。


c0089310_11491664.jpgc0089310_1149393.jpg

今日の撮影は、これからHPを通じて売り出し計画中の「モモタロール」(左)と季節限定の「イチゴロール」の撮影でした。
おいしそう~。

下山松壽軒の楽天市場のHPはこちら
 → http://www.rakuten.ne.jp/gold/tsurunotamago/

文章がAnonymeⅣさんテイストなので、本人を知っている人には何気に楽しめます(笑)。

c0089310_124874.jpg

おいしそう♪



カメラとマックをつないでいるので、撮影した写真が画面ですぐ見られるのです。
べんりね~。


c0089310_1254292.jpgc0089310_12651.jpg


c0089310_12113932.jpgこのモデルの方、まだ23歳なんですが、雰囲気は落ち着いていて、でもはつらつとした若さがある可愛い方でした♪

お話してたら、なんとお仕事で吉備津神社のイベント関係のご担当なのだとか!
私が今年初詣に行った時に見た、絵馬の展示などにも関わられていると聞いて、びっくり!

つながるものですね♪

c0089310_12211284.jpg





これは贈答用の手元のショット。
いろんなタイプの写真を撮ったので、どんな風にHPに使われるのかが楽しみです。


c0089310_1223045.jpg



最後はひげかめさんお得意のおちゃめショットで、鼻にイチゴクリームをつけて撮影(笑)。

c0089310_12232296.jpg


エヘ♪ って感じです(笑)。
カワイイ!

あ、ちなみに私の水晶のネックレスをつけてくださっています。
AnonymeⅣさん、ありがとう!



c0089310_12435913.jpgこれはAnonymeⅣさんからいただきました。
本棚に2冊並んでたので、どしたの?って聞いたところ、Amazonでうっかり2冊買ってしまったとのこと(笑)。
ちょうだいっていったらくれた。
じゃあ撮影協力料ってことで。
活用させていただきます♪


そんなAnonymeⅣさんは、古楽の演奏家&作曲家でもあります。 →  プロフィール
5月にオリエント美術館でリュートのコンサートをされる予定なので、ご興味ある方はぜひ!

コーヒーにつるの玉子を溶かしたら、クリーミーなコーヒーができるのだそうで、そのネーミングを募集中だそうです。
 http://www.rakuten.co.jp/tsurunotamago/847930/

つるチーノはどう??

2月5日締め切りなので、ご応募はお早めに。。

c0089310_13143321.jpg


これはひげかめさん撮影のショット。
さすがだ~!

撮影した写真たちがHPに載るのはまだ先だそうですが、どんな感じになってるのか楽しみです♪
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-26 13:07 | つれづれ | Comments(2)

Kathy先生の心理テスト


マイミク・アナナスさんのところにあった心理テスト。
私も英語を習っていたKathy先生のクラスで、このテストをしたんだそうです。
面白そうだったのでやってみました。
ご興味ある方はどうぞ。

解釈は下のほうにあります。


長い旅をしている自分を想像して下さい。

Q1 「あなたは道を歩いています」

どんな道ですか?

幅はどれくらいですか?

どの時間帯を歩いていますか?

どんな気持ちで歩いていますか?


Q2 「鍵が落ちています」

どんな鍵ですか?

大きさはどれくらいですか?

あなたはその鍵をどうしましたか?


Q3 「道の行き止まりにたどり着きました」

その行き止まりには何がありました?

その行き止まりの向こう側は何がありました?

あなたは行き止まりに当たったときどうしましたか?

そのときの気持ちは?


Q4 「あなたは動物に出会います」

どんな動物ですか?

数はいくつですか?

その動物はどんな行動をとりましたか?

そのときあなたはどうしましたか?


Q5 「旅を続けると水のある場所にでました」

どんな場所ですか?

大きさや水の感じはどうですか?

深さはどれくらいですか?

あなたはどうしましたか?


Q6 「歩いていると建物がありました」

それはどんな建物ですか?

大きさはどれぐらいですか?

どのような様子ですか?

あなたはどうしましたか?


Q7 「旅を続けていると丘に出ました。 あなたはそこで誰かに出会います」

その人は誰ですか?

どんな感じの人ですか?

あなたはその人にあってどんな気持ちですか?

あなたの行動は?























解釈はこんな感じなのだそうです。
はっきりとした答えはないので、細かいところは自分で解釈したらよいのだそうです。

Q1 「あなたが今の人生をどうとらえているか」

Q2 「自分の知性についてどう思っているか」

Q3 「死に直面したときのあなたの行動」

Q4 「問題に直面したときのあなたの行動」
”動物は抱えている問題を象徴し、数は今ある問題の数、 行動は問題に直面したときの自分がどうするか”なのだそうです。

Q5 「愛情」

Q6 「あなたの物へのこだわり」

Q7 「深く尊敬している人、もしくは自分がなりたいと思っている人」



面白いですね!
ちなみに私の答えはこんなかんじでした♪

長い旅をしている自分を想像して下さい。
Q1 「あなたは道を歩いています」

どんな道ですか?
 野原の中の平坦な道。たんぽぽや野の花が咲いている

幅はどれくらいですか?
 5mくらい

どの時間帯を歩いていますか?
 うららかな昼下がり

どんな気持ちで歩いていますか?
 しあわせ~♪

Q2 「鍵が落ちています」

どんな鍵ですか?
 新品の自転車の鍵

大きさはどれくらいですか?
 小さい

あなたはその鍵をどうしましたか?
 誰かの役に立つかと思ってひろってみた

Q3 「道の行き止まりにたどり着きました」

その行き止まりには何がありました?
 滝

その行き止まりの向こう側は何がありました?
 虹

あなたは行き止まりに当たったときどうしましたか?
 とびおりた

そのときの気持ちは?
 爽快!

Q4 「あなたは動物に出会います」

どんな動物ですか?
 くま

数はいくつですか?
 1頭

その動物はどんな行動をとりましたか?
 くだものをくれた

そのときあなたはどうしましたか?
 ありがとうといってうけとってたべた

Q5 「旅を続けると水のある場所にでました」

どんな場所ですか?
 森の中の小さな湖

大きさや水の感じはどうですか?
 そんなに大きくなくて、水は宝石のようにきれい

深さはどれくらいですか?
 人が泳げるくらい。底が見えるくらい

あなたはどうしましたか?
 水をさわってみた

Q6 「歩いていると建物がありました」

それはどんな建物ですか?
 コンクリートの箱みたいな建物

大きさはどれぐらいですか?
 けっこう大きい。工場くらい。

どのような様子ですか?
 静まりかえった様子。

あなたはどうしましたか?
 ちょっと気にしつつ、窓ものぞいてみつつ、通り過ぎる。

Q7 「旅を続けていると丘に出ました。あなたはそこで誰かに出会います」

その人は誰ですか?
 未来のだんなさん。

どんな感じの人ですか?
 風のように爽やかな感じ。

あなたはその人にあってどんな気持ちですか?
 なつかしくて幸せな感じ。

あなたの行動は?
 向こうが近づいてくるので、わたしも近くに行ってみる。


・・・当たってるのかな???
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-24 23:55 | つれづれ | Comments(11)

NHKスペシャル「赤ちゃん 成長の不思議な道のり」


TVをつけたら、NHKスペシャルで赤ちゃんの発達についての面白い番組をやっていました。
どういう風に赤ちゃんは成長していくのかを、いろんな角度から紹介した番組でした。
最初から見たかったなあ。。


シカゴ大学名誉教授の、ピーター・ハッテンロッカー先生の研究によると、赤ちゃんの脳のシナプスは、8ヶ月~1歳のあいだに、成人の1.5倍に増えるのだそうです。

この時期に、成人よりも多い脳のシナプスが必要になるのは、自分のまわりを探って、環境を見極めるためなのだそうです。
急激に増えるシナプスは、どんな環境にも適応するための、力のみなもととなります。

しかしその時期を過ぎると、脳のシナプスはゆっくりと減りはじめ、いったん得た能力も、ある時から下がってしまうそうです。

しかしそれは、
「一旦後退させることで、人間のような複雑な仕組みを発展させていく戦略」
なのだそうです。

できることを一旦減らし、新たな可能性を押し開く戦略が、赤ちゃんの成長過程には自然に備わっているんですって。
人間の体の仕組みってすごい。。

これは、役に立たないシナプスが減ることで、新たに有効なシナプスを形成できるようにしているのだそうです。
赤ちゃんにとっては、毎日の何気ない経験の積み重ねが、生きる環境そのものなので、その中で取捨選択を繰り返していくことで、有効なシナプスが形成され、必要な能力を高めていくのだそうです。

どんな環境が赤ちゃんの成長にいいのかという研究に、"赤ちゃんに外国語を効果的に学ばせる"ことを通じて取り組まれている、ワシントン大学のパトリシア・クール先生が紹介されていました。

アメリカ人の赤ちゃんに中国語を学習させるとき、ビデオの教材を見せただけでは、赤ちゃんは興味を示しているのにもかかわらず、中国語の学習には全く役に立っていませんでした。
しかし、ビデオの中と同じお姉さんがやってきて、赤ちゃんと直接関わって学習させたとき、そこにははっきりとした効果があらわれました。

人間がいれば身につく。
社会的な人との関わりが、学習にとっては重要なのだそうです。

人との関わりの中で学ぶことには、極めて強い力があり、
「人とのつながりが、人を育てる」
といえるのだそうです。

番組で取材されていた、あおいくんという男の子は、ハイハイがまだできない時期に、ハイハイしたりつかまり立ちをするほかの赤ちゃんたちと接しました。
そうしたらその2日後、ハイハイを急にしはじめたのです。

おすわりができたのも、お友だちに会ってすぐのときだそうで、
「同じことが突然できるようになる」
とお母さんがおっしゃっていました。

このように、赤ちゃんは、人とのやりとりのなかで、現実に必要な能力を獲得していくのだそうです。

つまりそれは、
「あらゆる環境に備えた能力を持っていて、その多くを切り捨て、ほんとうに必要な能力を選び取り、自らの未来をかたちづくる」
ということなのだと、番組の最後をしめくくっていました。


なんか。。赤ちゃんってすごいですね。
自然にそういうことが行われる仕組みになっているなんて、人間の体ってほんとによく出来てるんだなあって思った。

自分で選んで未来をつくる、っていうことを、赤ちゃんの頃からみんな自然にやってるんですね。
まわりの環境の中で、よりよく生きるために。

そして、赤ちゃんって実はいろんなことがわかってるんだなあって思った。
わかってるどころか、これ以上ないくらいにいろんなことをキャッチしていて、まるで「感覚のかたまり」みたい。

自分たちと同じようなコミュニケーションの方法をとっていないだけで、ものすごい速度でいろんなことを吸収して、選び取ってるんですね。

3歳くらいまでの子に、生まれたときの記憶を聞いてみたら、たくさんの子がその時のことや、生まれた後のことも語れるそうです。
そのお話を集めた本を以前読んだことがあって、赤ちゃんが驚くくらいいろんなことを詳細に覚えていることに、すごく感動したのだけど、今回の番組を見て納得しました。

なんとなく、今度公開される映画「潜水服は蝶の夢を見る」を連想しました。
脳溢血で全身麻痺になってしまった中年男性が、唯一動く片目のまばたきだけで外の世界とコミュニケーションして、本を書くというお話です。
その男性には自分の周りのことがすべて見えて、聴こえているのに、体がまったく動かせないので、自分はまるで潜水服を着せられて、海に沈められているような感覚なのです。

その反対に赤ちゃんは、思うように動けない状態からどんどん自由になっていくので、幼虫から蝶になっていくみたい。
そしてその成長には、他人との関わりが重要なんですね。

それはそのまま大人に置き換えてもあてはまると思う。
「人は人によってしか磨かれない」
って言葉を、本かなにかで読んだことがあって、とても印象に残ったのですが、そのとおりだと思います。

ほんとに世の中いろんな人がいて、いろんな人に会えば会うほど、いろんな事態に直面することになるけれど、それはそのまま「事例を学習」してるのであって、自分の中の選択肢が増えて、よりよい方法を選び取るのにつながるんだなあって思います。

「世界を広げる」ってよく聞く言葉ですが、「世界=人」なのかもしれないって思います。
人との関わりがなかったら、どんなに遠くまで行っても、自分の中の世界は広がらないのかもしれない。

あ、でも人生を変えるようなすごい絶景とか、宇宙から地球とか見てしまったら広がりそう(笑)。

私は、生まれて半年くらいで、母親が病気で半年ほど入院してしまったのですが、それってこの番組で言うと、ちょうど脳のシナプスが最高値の時だったんですね。
母親はいなかったものの、祖父母に父親におば2人と、みんな総出で面倒をみてくれたそうで、いつも誰かに抱っこ&おんぶされていて、布団に寝ているときがなかったくらいだそうです。

でもきっと自分は、お母さんが急にいなくなったので、(なんでー(T_T)?!)と思いながら、(でもうまくやってかなくちゃ。。)ってシナプス総動員してたっぽいです。

家は食堂をしていたし、祖父にはお客さんがとにかく多かったから、とりあえずその時期にたくさんの人と接したんだと思います。
それに子供の頃は、デパートや商店街の売り場の人や催事で来ている人に遊んでもらっていたし、同世代の子とも遊んでいたし、街の中の様々な人たちが自分の世界だった。

もしかしたら、そういった経験が、いま私がいろんな人と会うのが好きだったり、人に魅力を感じるきっかけになっているのかもしれません。

何で人が面白いんだろう?
って考えてみると、
「内部でいつも何かが起こっていて、変化しているから」
なんだなあって思います。

一人一人が本みたい。
装丁もそれぞれ違っていて、内容もひとつとして同じものがないのです。
常に書き続けられていて、読んだはずの場所も後から変化します。

永遠に読み終わることのない本。
でもそれを読み解こうとして、こちらの本の内容も影響されて変わっていきます。
きっとそういうことが面白くて、好きなんだと思います。

私も読んでもらったときに、誰かの役に立ったり、なごんでもらったりする本でありたいです。
そしてそれをつくっていくのは、明日出会うまだ未知の本や、まだ読んだことのないページなのだろうなあって思います。

たくさんの変化しつづける世界に向けて、心はいつも開いた状態でありたい。
難しいこともいっぱいあるけど、人と関わり続けていく限り、心は成長しつづけることができるんじゃないでしょうか。
赤ちゃんのような心でいたいものだと思いました。
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-22 21:11 | つれづれ | Comments(3)

ゆきのあさ


朝、お隣の屋根から雪が落ちる音で目が覚めた。
起きたら外が真っ白でした!

c0089310_051316.jpg


山の木に雪が残っていて、満開の桜みたい!
とても綺麗だった。




どこもかしこも白い雪が積もっていて、なんだか清浄なかんじ。
空気も気持ちいい。

c0089310_0571537.jpg

c0089310_0584291.jpg



なんだか普段の景色と全然違っていて、見るものすべてが新鮮でした。
ほんとに久しぶりに積もった雪です。

コンクリートの上の雪は、夕方にはもう溶けてしまっていたけど、土の上や芝生の上の雪はまだしっかり残ってた。
なんでなのかな??
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-22 01:10 | つれづれ | Comments(6)

ゆき


c0089310_205217.jpg


  *
**
  寒いなあと思っていたら、
  岡山に雪!!
             * 
              **   




今日お昼に家を出た頃から、すこし降ってたのですが、夜になってどんどん雪が降ってきています。
岡山は積もるような雪はめったに降らない(年に3回くらい?)ので、降ったら大変。

今日はセンター試験の日だったのですが、朝は降ってなかったのでよかった!
もし雪なんか降ってたら、絶対開始時間に間に合わない子がたくさんいたと思う。
神様もその辺ちゃんと考えてるんでしょうね。

廊下番や受付に大学に行ってた職員の方々、さぞかし寒かったこととお察しします。。
2日間お疲れ様でした!

c0089310_2071194.jpg
c0089310_20231963.jpg

あした仕事に行けるかなあ。。
私の家があるところは、バスだと山越え。
雪が降ると渋滞で車が動かないので、始業時間には無理だろうなあ。。
かといってチャリは危ないし。。

c0089310_20301856.jpg

c0089310_20305522.jpg

家に帰ったら、庭に雪が積もってて綺麗だった。

c0089310_20323875.jpg寒いのにはなちゃんが迎えに来てくれたのかと思ったら、トイレに出されてただけでした。。
高速しっぽ振り中。
でもありがと!

飛びついてくるのを牽制しつつ撮影。。
ドアを開けたら速攻で家に入ってました。
今日はほんとに寒い!



と思っていたら、さっきTVで、世界一寒いロシアのオイミャコン村のレポートをやっていて、なんと冬の気温が普通で-57℃!
北極が-40℃だそうなので、とんでもなく寒い。。
釣った魚は10秒で凍るし、シャボン玉も凍ってました。

1万年前に凍ったまま溶けていない永久凍土や地形が原因で、こんなに寒いのだそうで、ここで生まれた冷気が日本に寒さをもたらすのだそうです。

じゃあこの今の寒さも元をたどればオイミャコン村から。。

風がほとんどないので、景色が澄んだ空気と雪と氷でとっても幻想的だった。
村人が言う「この村のいいところ」は、病気になる人が少ないこと。
ほとんどのウイルスが生きていけないので、感染症がないんだそうです。
すごい。。

同じ番組で、妖精ペンギンが紹介されていたけど、かわいかった~。。

明日の天気予報は「雪のち曇り」。。
一応教授にはメールで、朝遅れるかもしれないことをお知らせしているのですが、でもちゃんと行きたいな~。
朝凍ってませんように!
[PR]
by songsforthejetset | 2008-01-20 21:02 | つれづれ | Comments(8)