<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

plug7月号のNakanishiさん & 大好き!!およべのすだちうどん(夏季限定)


今日のお昼は、清輝橋のおよべに行ってきました!

わたしがいつも髪を切っていただいている、KALEIDOSCOPEのNakanishiさんが、7月号のplugに載っているそうなので、およべに置いてあるかなと思って、お昼休みにGO。


c0089310_19155834.jpgplugは岡山のオシャレなフリーマガジン。
え?!これがフリーマガジン?と驚くほど豪華なタウン情報誌で、内容も充実しているのです。

およべにあると思ったら、この前出たばっかりなのに、もう在庫がなくなっていました。。orz

お店に閲覧用に置いてあるのを見せていただく。

c0089310_19163235.jpg




お~!!

Nakanishiさん♪

まるでオダギリジョーみたいじゃありませんか!

まるで少女マンガに出てくるアンニュイな彼みたいじゃありませんか!!

イケメンですね~。

次行くのが楽しみです☆


c0089310_19225446.jpgこちらはおよべの夏季限定・すだちうどん(+えび・ほたて天)。

すだちうどん、以前は表町店にしかなかったのですが、こちらでもいただけるようになってました♪

しかもいろんなバリエーションがあって、ファンにはうれしい。
もっとシンプルなのもありますよ。


冷たいうどんの上に、あげたてサクサクのいろんな天ぷらがのっていて、そこに爽やかなすだち風味のおだしをかけていただきます。

チュルチュル。
めっちゃおいし~!!!(T▽T)

わたしは冷たい食べ物や飲み物があんまり好きじゃなくって、夏でも温かい麺類が好きですが、
すだちうどんは好き。

酸っぱくて冷たい冷やし中華や冷麺なんて言語道断ですが、
すだちうどんは好き。

お酢は好きじゃないけど、柑橘類は大好き。
これ発明した人すごい!!

およべは表町に本店がある、岡山で人気のうどん屋さんです。
ご家族で経営されていて、味も雰囲気もよくて、昔からあるお店です。

清輝橋店は、開店して3年くらいだと思いますが、どんどんお客さんが増えている印象です。
お昼いつ行っても、人が途切れることがありません。
 岡山スタイルマガジンのご紹介

お店の方もとても感じがいいのです。
そして対応がキビキビとしていて、見ていて気持ちがいいです。

メニューも季節ごとに工夫が凝らされていて、冬の牡蠣のあんかけうどんも大好き♪
普通のうどん屋さんに比べると、多少高めだと思いますが、ここのお店だったらいいかなって思う。

人気のあるお店って、必ず一定のリズムと流れを持っています。
それをつくりだすのは、そこで働いている人の心だなあって思う。

その人がどんな人か、よくわかるのは、声。
食事をしている時に聴こえてくる、お店の方の声がいいお店が好きです。

特に男の人の声が、誠実で真面目な声をしていたら、そのお店は大丈夫だなあって思う。
およべも厨房から、とてもいい声が聴こえるお店です。

今日もおいしかった♪


うどんだけでなくおそばもあります。
おすすめです^^


およべ
岡山県岡山市北区岡南町1-8
TEL:086-239-2525
営業時間 11:00~16:00  18:00~23:00 (休:水曜日)

[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-30 20:35 | つれづれ | Comments(8)

マイケル・ジャクソン


金曜日に、職場のお昼休みに、マイケル・ジャクソンのニュースを見た時には、思わず
「うそっっ!!」
と言ってしまうくらい、ほんとだとは思えずびっくり。。

わたしは特にすごいファンというわけではなかったですが、でもなんだか、"水戸黄門のドラマで水戸黄門が死んでしまった"くらい、ありえない出来事のような感じがしました。
80年代に青春を過ごした人にとっては、ショックなニュースなのではと思います。

ネットで大きな芸能ニュースが流れると、いち早く大学院生の先生たちが騒いでいるのですが、マイケルのことは全然話題になっていなかったところに、ジェネレーション・ギャップを感じました。。

はじめてラジオで洋楽を聴きはじめた時、流れていたのが「ガール・イズ・マイン」、「ビリー・ジーン」でした。
マイケルといえばその2曲が印象に残る曲。

特に、ポール・マッカートニーとデュエットした「ガール・イズ・マイン」は、マイケルの歌の中でいちばん好き。
このクリップは、どの写真も自然で、とてもよいです。





次の映像、「ビリー・ジーン」が出てくるまでがすごすぎです。
ニュースでも紹介されていますが、海外の人気はさらにすごいんだなあって思う。




昔ドキュメンタリーで紹介されていたマイケルさんは、子供のまま大人になってしまったような、とってもピュアな印象を受けました。
もういろんな制約も悩みもなしに、天国では幸せでいてほしいなあって思う。
心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-28 23:44 | 音楽 | Comments(3)

きょうもしあわせでした~♪


今日はお仕事のあと、2つの打ち合わせがありました♪

最初は、エッセイの連載をさせていただいている、ツールアシストの木曽社長とカフェ・コムサにて。
白い店内がきもちいい~♪

木曽社長とツールアシストの皆様には、いつも本当にお世話になっています。
皆さんで、「この記事を載せたい」と、よくわたしのブログの話をしてくださっているそうなのです。
うれしいです(T▽T)。。

そこで、ツールアシストの皆さんが選んでくださったブログを編集したものも、今後は連載にのせようということになりました。

"いままでのエッセイとはまた違った、わたしの別の魅力をニュースレターの読者にも伝えたい"とのことで、ご配慮くださったそうです。
光栄です(T▽T)。。

今いただいている希望テーマはこちらです。

なぜ勉強するのか?
http://songsfor.exblog.jp/9525157/

隠れた名作「恋はデジャ・ブ」
http://songsfor.exblog.jp/11189874/

セレンディピティ
http://songsfor.exblog.jp/9443835/

ルドルフ・シュタイナー 『魂のこよみ』
http://songsfor.exblog.jp/8786062/

実はどれも、自分ではすごく意外だったのでした!
何年か前に書いたものもありますが、書いたら自分ではほんとに忘れているのです。
改めて自分で読んで、ほぉ~って感動したくらい(笑)。

ちなみに「なぜ勉強するのか?」は、木曽社長が一番気に入ってくださっているブログだそうです。
ほんとうに、他の方からの評価って、自分では気づかない自分の価値を気づかせていただけますね。
この前書いたエッセイ「才能を磨くには」はまさにこのことなのです。

わたしの連載も、おかげさまで好評をいただいているそうで、老人ホームの介護のお仕事をなさっている皆さんが、わたしのエッセイを楽しみにしてくださって、大変なお仕事をがんばっていらっしゃるとお伺いして、嬉しくて涙がちょちょぎれました(;_;)。

自分がやっていることが人の役に立っているって、本当にうれしいです。
そして、いつも応援してくださるツールアシストの皆さん、本当にありがとうございます!!
感謝です。
がんばって書きますね(^▽^)♪


そして次の打ち合わせまでの間、一番街へ!
今日からセール!!
すごい人!
でも、なんだかいいエネルギーがあふれていて気持ちいい。

ユナイテッドアローズグリーンレーベルでは、試着とレジがすごく混んでいて大変でしたが、こんなのがほしかった!っていうベルトを発見して、めっちゃうれしかったです!!

しかし次の打ち合わせに5分遅刻。。orz


pieni..に駆けつけて、秋にグループ展を予定している作家さんとの打ち合わせ。
美しい女性お2人といっしょに、10月に作品展を開催させていただく予定です。
楽しみです~p(^-^)q

皆さんの笑顔に見送られて帰る。
しあわせ~。
いつも皆さんありがとう。

返る道すがら、しみじみ思いました。
ご縁あって、いま、たくさんの方が、わたしにしかできないことを待っていてくださるなんて、
こんな幸せなことがあるだろうかって。
自分の居場所というのは、そういうところにあるのだと思いました。

ほんとうにうれしいです。
皆さんに感謝。

ありがとうございます。
今日もしあわせでした(^O^)/
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-27 00:53 | つれづれ | Comments(2)

「天使と悪魔」 傑作でした!!





今日「天使と悪魔」に行ってきました!
評判通り、
傑作!!

前回の「ダ・ヴィンチ・コード」もよかったけど、今回はよりスピーディーでわかりやすく、とても楽しめる映画になっていました。

このシリーズは何より、描かれている世界が、ミステリアスで美しいです。
"全世界によく知られていて、歴史があって美しくて、でも謎に包まれているもの"を上手に使って、お話をつくり、謎解きをしていきます。

前回のように、ロケもとても豪華なのです。
どこまでが本物で、どこからがセットなんだろう?と思いながらみていました。
普通は絶対に目にすることができない角度や場面。
ほんと楽しめます。

そして、それを助ける視覚効果がとてもよかった。

特に「ヴァチカンは光に包まれる」シーン!!
わたしはあまりのすごさに、口を「あ」の形にしてずっと息を吸っていました(笑)。
この場面だけでも一見の価値ありだと思います。

音楽がとても良いな~と思っていたら、わたしが大好きな「ホリデイ」の音楽と同じ、ハンス・ジマーさんでした!
ライトなんだけど迫力はあって、上品かつキャッチーな要素も取り入れて、素敵な曲作り。
音楽だけが浮いてしまわなくって、うまく映画を引き立たせる。
ほんと上手な作曲家さんだなあって思います。

映画のテーマとなっているのは、「宗教と科学の対立」。
ヴァチカンと、弾圧された科学者たちの秘密結社"イルミナティ"の戦い。

帰り道で思ったこと。

宗教も科学も、結局は「言葉」でできている。
その言葉は、この世を解き明かしたり、意味を与える、記号のようなもの。

そしてどちらも、暗闇に光をともすもの。
宗教は人の心に、科学は人の世に。
両輪となって、世界を照らし、前進させていくもの。

どちらも、間違った使い方をしたら、大変なことになってしまう。

トム・ハンクス演じるラングドン教授の「神」についての受け答えに、信仰や宗教、「神」という存在の捉えかたが、日本とはまるで違っているのだろうなって感じました。

これはわたしもですが、日本では、「ベースは無宗教で、その時々に応じていろんな神様仏様、ご先祖様を拝む」という方が多いのではないかと思うのです。
八百万(やおよろず)の神様っていうように。。

特定の宗教ではなく、人智を超えた大きな力や自然をうやまう。
そういう信仰のありかたが、わたしはいちばん好きです。
こういう映画をみるといつもそう思う。



ちなみにわたし、ロン・ハワード監督って、インタビューでお顔を拝見するたびに、どこかでみたことがあるような??って毎回思っていました。




アメリカ人に多い感じのお顔立ちだからそう思うだけかな?とずっと思っていたのですが、ウィキペディアで調べてみたらなんと!

ロン・ハワード監督は実は俳優のお仕事もなさっていて、若かりし頃には「アメリカン・グラフィティ」に出演されていたそうです!

納得!!
わたしこの映画は、青春時代の思い出に残る映画の1本なのです。

Youtubeでみてみたら、あ!やっぱり!!
ブルーのギンガムチェックの方です♪





昔みた映画って、すごく強く印象に残っているものですね。
謎が解けて今日はうれしかった♪
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-25 01:24 | 映画 | Comments(0)

きょうはしあわせでした~♪

c0089310_2375665.jpg


といっても何か特別なことがあったわけではないのですが。

一日遅れの父の日のプレゼントを買って、チャリで帰ろうと思ったら、雨が!
しかもだんだん豪雨になって、傘も役にたたず。。

でもちょうど体温くらいに感じる温かい雨で、空は不思議なオレンジ色で、とても気持ちよかった。
小学校の頃、夏休みのプールでこんな夕立の中みんなで泳いで、とても気持ちよかったのを思い出しました。

見事にずぶ濡れで帰って(でも荷物はぬらさず死守)、父の日のプレゼントを渡しました。
一日遅れでごめんなさい。。

シャワーを浴びてから外を見ると、
雨あがってた。。orz

なのでTシャツにジーンズで近所のスーパーに買い物に。
雨上がりのチャリって気持ちいいですね~♪

信号を待っている間に、あり?と思ったら、
蚊にさされたぁ~~~!!

わたしめっちゃ蚊にさされるんです。。orz

そこでハタと思いついてドラッグストアへ。
いまCMをやってる、キティちゃんのポケムヒがずっとほしかったんです!

うわぁ!TVといっしょだ♪
すぐつかうので、と言ってお店のお姉さんに包装をとっていただきました(^-^)。

信号待ちでさされちゃって。。と言ったら、
買わなくても店頭のを使ってくださったらよかったのに!!
ってすごい申し訳なさそうになさっていました。
いい人だ。。(T▽T)

いやっこのキティちゃんのがすごいほしかったんですよ~!!
とわたしも買えたことに感謝(^-^)。

あと「フルーツバスケット」っていうはじめてみるトイレットペーパーがありました。
マスカットとももの香りのがあって、ももがあと1つしかなかったので、思わずゲッチュー♪

その後スーパーへ。

買い物してたら、すごいもものいい香りがしてくるので、
どこにあるんだろ~?
と探してみたら、なんと自分の持っているトイレットペーパーからでした(笑)。
つい本当のももを買ってしまった。

昨日TVで由美かおるさんの食事を紹介していて、じゃこチーズトーストとか、赤身のお肉とか、わたしも好きなものが多かったのです。
なのでより嬉しくなって牛モモステーキを購入♪

家に帰ってお肉を焼いて、焼いたあとのフライパンのこげつきに、牛乳と焼酎(いただいたのでワイン代わりに料理につかっています)を煮詰めてソースをつくってみました。

マッシュポテトとお肉にかけていただいてみたら、
後ろにひっくり返りそうなくらいおいしかったです!!
しあわせ~(T▽T)。。

きょうはなんだかとってもしあわせです♪

さっき雷がゴロピカいってたので、用心のためパソコンをオフにしました。

たまには携帯からブログアップしてみたくなったので投稿♪
画面でみるのが楽しみです(^-^)。

なんでもない日記でした。


**************************************

↑いま(翌朝)PCで見て、あまりにも文章が読みにくかったので、行のバランスだけ整えました。
全体が見えてない状態で書くのって、難しいですね!!

そう考えると、わたしの文章って、視覚的なデザインで書いているんだなあって実感しました。
文章の全体のバランスが見てわからないと、自分の文章にならない気がする。

結局わたしにとっての文章は、絵みたいなものなんだろうなあって実感しました。

ムヒの写真が意外と大きかった。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-22 23:07 | つれづれ | Comments(5)

天満屋倉敷店 インテリア・アートスペース i・Dさんに作品展示していただいてます♪


c0089310_10254719.jpg天満屋倉敷店4階の、
インテリア・アートスペースi・Dさん。
7/12まで、中野由紀子さんの作品が展示されています。


c0089310_1028347.jpg





c0089310_1040555.jpg










c0089310_10413679.jpg

お店の中央のテーブルに、中野さんのコーナーができています。


c0089310_1044464.jpg





中野さんのトップに、わたしがネックレス部分をつくらせていただいたもの、いま3点展示してくださっています。
この他に、お客様からご注文いただいた作品を制作中。。
嬉しいです♪



中野さんとは、昨年の作品展に制作をさせていただいたのがきっかけで、その後もいっしょに制作をさせていただいています。
 昨年の作品のブログ http://songsfor.exblog.jp/10310212/

先日、水口智貴さんのガラスの作品が、天満屋岡山店のギャラリー前スペースで展示されていました。

いいな~。わたしの作品もこんなふうにデパートで展示していただけたらなぁ。。
って思ったところだったので、中野さんから展示しているというご連絡をいただいた際には、すごくびっくりして、うれしかったです!!
中野さん、ありがとうございます(^-^)。


c0089310_10592313.jpg
中野さんの可愛い作品がいっぱい並んでいますので、お近くにいらした方はぜひお立ち寄りください。

c0089310_1104149.jpg






この花瓶すごい好きです。。→



c0089310_114082.jpg



こちらのギャラリーは、素敵なアンティークがたくさん置いてあります。
しかも価格がどれもお手頃なのにびっくり!


c0089310_116406.jpg





素敵なカメラ。
1949年製のKARORONという、日本のカメラだそうです。
残念ながらフィルムがもう製造されていないそうですが、とても珍しいカメラだとのことでした。
なんと8000円です。
コレクターの方はぜひ(笑)。


c0089310_11172257.jpg
最近人気の鍵たち。
とってもかわいいです。。

c0089310_11192643.jpg







1940年代、アメリカのアンダーウッド社のタイプライター。
とても程度の良い完動品とのことです。


c0089310_1112402.jpg



木目が美しい、イギリス製のレターケース。
観音開きは珍しいそうです。
かわいいですね♪


c0089310_11233381.jpg



これはすごく素敵だと思った、古鉄と陶器の灯火器。
"大変珍しい形の掛け燭"と説明にありました。
一輪ざしにしても、とお店の方がおっしゃっていました。




c0089310_11313858.jpg


また、こちらはフランスのアーティストの書いた絵も扱われています。
本物の絵なのですが、こちらも2~3万円台からとお手頃です。
この2枚好き。

c0089310_11341988.jpg





紹介しきれませんが、他にも素敵なものがいっぱいでした!
とんぼ玉のアクセサリーとか、銅とガラスのショーケースとか、昔の小学校の実験のガスバーナーなんていう珍しいものもありました。

お店の方もとても親切で、いろいろ教えてくださるので、アンティーク好きな方におすすめです。
倉敷天満屋4階の、LOFTの横のスペースです♪

インテリア・アートスペース i・D
倉敷市阿知1-7-1 天満屋倉敷店4F
tel 086-476-0150
fax 086-422-1457



c0089310_11441841.jpg
天満屋倉敷店のお化粧室に寄ったら、洗面台の横に荷物をかけられるフックがあって感動!!
こういうのって、女の子は嬉しいですよね。
意外とあるようでないのです。
ついパチリ☆

c0089310_11514938.jpg



ちなみに今日は2階のスタバでキャンドルナイトがあるそうです☆

三越が撤退して以来、倉敷の駅前が暗かったけど、天満屋ができてすごく雰囲気が良くなりました。

人が集まる、人の流れがあるということは、その場所に灯りをともすことなのだと思う。
そこからまた、たくさんのはじまりが生まれていく。

反対側のチボリ跡地も、何か素敵なことに活用されたらいいですね♪
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-21 11:58 | アクセサリー・Lumiere | Comments(4)

ニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"6月号 連載エッセイ     「才能を磨くには」


こんにちわ。
だんだん夏へと向かうこの季節、雨上がりの木々の美しさも格別ですね。
皆様もお元気でお過ごしですか?

雨の日にはお家で、ご趣味の時間を過ごしていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

その趣味を、たくさんの人の目に触れさせることで、あなたが思ってもみなかった、
「自分の才能」を発見することがあるって、ご存じでしょうか?

人は「自分が持っていないもの」の価値は強く感じますが、
「自分がもう持っているもの」についての価値は、実感しないものです。

たとえば、天然パーマの人はストレートヘアに憧れ、ストレートの人は天然パーマに憧れる、といったふうにです。
他人から見て魅力的に見えるあなたの特徴は、あなたにはむしろ、意識もされず、価値があるとも思ってもいないことが多いのです。

それを気づかせてくれるのが、他人の目です。

今は一人ひとりが、自分を全世界に向けて発信できる時代。
誰もが、いろいろな方法で、自分の好きなことを発表することができます。
インターネットを利用したり、公募展やフリーマーケットに出してみるのもいいでしょう。

最初から輝いているダイヤモンドはありません。
ダイヤモンドは、人からダイヤモンドだということを発見してもらって、初めてダイヤモンドになるのです。
カットを施され、磨かれてはじめて、あのキラキラとした輝きを放ちます。

人から評価されるのが、怖いですか?

そんな時は、こう思ってください。
「ダメでもともと」
人間は恥をかいても死にません。

たくさんの人の目にさらされることで、
才能は磨かれ、とぎすまされ、輝きを放つようになります。

才能という宝石を持っていない人など、いないのです。
ただ、その存在に気付いて、それを磨く努力をするかしないかだけの違いです。

あなたは気づかなくても、あなたの中の才能は、磨かれるのを待っているのかもしれません。
そして、それを磨くことができるのは、世界中にあなた一人です。

あなたの持つ才能が発揮できる、最高の輝き。

それを引き出して、認めてくれるのは、
いつでも他人の目なのです。

もちろん、あなたを認める人も、そうでない人もいるでしょう。

でも、いろいろな評価をうけとめているうち、そのどちらもが、自分にとって、
とてもありがたい存在だということがわかってきます。

あきらめないこと、続けること、自分が望んだ評価が得られなくてもやめてしまわないこと。
自分が本当に好きなことをして、それを発表し続けていくこと。

研磨とは「たくさんの傷」をつけること。
その工程を経て初めて、ダイヤモンドはまばゆい輝きを放つようになります。

人間もまた同じなのかもしれませんね。
c0089310_0172981.jpg




                        


                          イラストレーション 濱中さつき(ツールアシスト) 
*************************************

ツールアシスト発行のニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"6月号に書かせていただいたエッセイです。

いろんな方とお話していて思うことですが、自分のいいところって、本人は意外と気がついていないものなんです。
というより、ほめられてもピンとこないと言った方がいいかもしれません。

非常に個性的で、ほんとうにその人にしかないいいところを顕著に持っている方ほど、そこをこちらがほめても、皆さんあまりピンと来ていない感じがします。

「努力しないで普通にやっていること」は、特に意識されることがないから、自分の中で価値を認めづらいのかもしれません。

でも、「努力しないで普通にやっていること」の中にこそ、その人のほんとうにいい部分があらわれているのだと思う。

自分の「普通」がいちばん、他人にとって「特別」なのです。
だって誰の真似でもないから。

自分では決して気付いたり、認めたりすることのできない、自分の一番いいところ。
発見してくれるのは、他の人です。
のばしてくれるのも、他の人です。

わたしもほんとにそう。
文章を書くのだって、アクセサリーをつくるのだって、特別なことだとは、
全く
思っていませんでした。

発表してみたら、他の方に喜んでいただけたので、うれしくてずっと続けていたら、どんどん広がった。

でも、たとえば、わたしの書く文章はわかりやすいとか、スーッと頭に入ってくる、と言っていただくことが多いのですが、自分では全くピンとこないのです(^^;
アクセサリーも、デザインをすごくほめていただいても、そう?とこれまたピンとこないのです。

どちらも普通に「自分が感じるきれいな形」につくっているだけだけど、他の方は特別に思ってくださる。
ありがたいです。

だからそれが、「他の方から評価していただける自分の特徴」なのだなあって思っています。
そしてそれを喜んでくださる方がたくさんいらっしゃるのだから、伸ばしていこうと思って続けています。

自分の一番いいところ、自分がピンとくることはきっと一生ないのかもしれません。
だから発表して、他の方に評価していただくことが、何より大事なのだと思います。

人の意見に耳を傾ける素直さ、アドヴァイスを受け入れる柔軟さ、前向きな考え方、自分を変える勇気。
そういったものも、発表した後には必要になってくる。

その繰り返しで、才能は磨かれていくものだと思うのです。

みんなで、自分にしかない「宝石」を磨いていきましょうね!


今回の濱中さんのイラスト、ほんとうにわたしの気持ちそのまま。
大好きなイラストです。
いつもありがとうございます♪
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-21 01:14 | 連載エッセイ | Comments(0)

また奇跡  太田剣さんにお会いしました!


先週末、東京に行ってきました。
また信じられないようなことが起こってしまった。。
長いんですけど書きます!!

東京について、美人編集者&歌人の佐藤真由美さんとランチ♪
佐藤さんが選んでくださった素敵なレストランは、有楽町駅のすぐ近くでした。
荷物を駅のコインロッカーに預けて待ち合わせ場所へ。

いいお天気の中、さわやかな夏服の佐藤さん♪
佐藤さんはとてもキュートな方で、詠まれる短歌も素敵なのです。
ほぼ日刊イトイ新聞より

c0089310_2354075.jpgランチはおいしく、佐藤さんとのお話もとても楽しく(しゃべりすぎて一皿いただくのにすごい時間がかかるのです。。)、いろいろなアドヴァイスもいただけて、とても楽しい時間をすごさせていただきました(^-^)。

素敵な眺めの楽しめる、おいしいイタリアンのお店でした♪
リストランテ・ヒロ銀座

佐藤さんが編集した、サイキックカウンセラーのソニア・ショウケットさんの「ほんとうの自分になれる120の習慣」という本をいただいたり、

c0089310_2325048.jpg


素敵なウェディングドレスのお店を教えていただいたりしました。
ここのお店のショーウィンドーのドレス、ほんとにどれもエレガントで素敵でした!

佐藤さんとお話すると、いつも勇気をいただけます。
昨年偶然アクセサリー教室でお隣になったのが、知り合ったきっかけですが、なんだか離れていても力をわけてもらえるような気がしています。
いつもありがとうございます!!


c0089310_23344345.jpg
ドレスのお店の前で佐藤さんと別れて、その後は銀ブラへ。
山野楽器前ではジャズCDのキャンペーン中でした。


c0089310_23353298.jpg








ミキモトの前に紫陽花の花壇が♪
皆さん撮影していらっしゃるので、
わたしも☆

和光の本館・並木通り館をはしごして、三越へ。
そうしたら、ずっとほしいと思っていたクロエのフレグランスの、期間限定のコーナーができていました!
空間がなんともいえずいい香り。。
ボディクリームをいただきました。わーい♪


c0089310_2333264.jpg初夏の夕暮れの銀座は、なんともいえずいい風が吹いています。
海が近いからか、なんだかウォータリー(?)な肌触りの、優しい風。
きもちいいな~♪

c0089310_23432995.jpg









和光のビルは本当に、どこからみても絵になりますね。
夕暮れの空の光と、車のライトが美しい。
街のネオンも上品なのは、銀座だからでしょうか。

c0089310_23462898.jpgもう7時!
ずっと歩いていたいけど、翌日の準備もあったので、そろそろホテルに行かなくちゃ。。
預けてあった荷物を取りに、有楽町駅へ。

でもその前に、マニキュアを落とす除光液のパック入りのが買いたくて、ドラッグストアを探していました。

ちょうどそこに、若い子向けのショッピングモールを発見!
入ってみたけど、ドラッグストアはなし。。

まあ歩いてればどこかにあるでしょう!
とりあえずお化粧室を借りていこうと2階へ。

2階は飲食店街になっていて、一角がジャズバーになっていました。

「浅丘雪路」「今陽子」とポスターに書いてあったので、
東京ってこんな方のライブが聴けるんだ~。すごいな~。。
となんとなく演奏予定を眺めていました。

ふと、

これでもし今日、自分が好きなアーティストのライヴでもあったら、
わたしほんとに「持ってる」(←イチロー語録より)よな。。


と思い、その日の出演者を見てみました。



そうしたら、





なっ、





なっ、





なんと!!!!!!!






そこには、先日のうちの研究室の先生方の結婚式に、色紙を書いていただいた、

とても親切なジャズミュージシャンの、




太田剣さんの名前が!!!!!




以前のこの2つのブログに登場するジャズミュージシャンの方が、太田剣さんなのです。
人生を変える出会い
幸せな結婚式


もちろんわたし、お会いしたことも、演奏をお聴きしたこともありません。

でも、今ここに?
まじですか???!!!


しかも演奏は今始まったところ。

これは。。
行くしかないでしょう!!!!


と中へ。
銀座スウィング

中は落ち着いた大人の雰囲気なジャズバーで、満員。
演奏がもう始まっていたので、お店の方に案内していただいて、年配の方と相席させていただきました。

ステージを囲むようにカウンターの席があり、すぐそこで演奏なさっています。
女性ヴォーカルと、ピアノ、ドラム、ベース、そしてサックスは
太田剣さん!!
HP http://kenota.net/

うわぁ!!本物!!
この方なんだ。。


うーん、なんだかすごい不思議です。。

ちなみにわたし、太田剣さんのことは、新婦のA先生からお伺いしたことしかなくて、メールと色紙のやりとりをさせていただいた他は、全然詳しくなかったのです。。(すいません)

でも、なんとなく、
どんな方かな~。お会いしてみたいな~。
とホワンと思ってはいました。
岡山にいらっしゃることがあれば、演奏お聴きしてみたいなあって。

しかし、まさかこんなに早く実現するとは!!
しかも唐突に(笑)。

人生にいきなりはつきものとはいえ、最近いろんなことが起きます。。

間近に拝見する太田さんは、先生からお伺いしていた通り、すごくかっこよかったです!
そしてアルト&ソプラノサックス、トランペット、フルートと、大活躍なさっていました。

「イパネマの娘」や、「ミスティ」と、好きな曲が続きます。

美しいヴォーカルは、平賀マリカさん。
HP http://www.marica.co.jp/

「バトゥカーダ」がすごくはまっていました!
それになんと、今年1月から3月の「美の巨人たち」のエンディングテーマ、「ライク・ア・ラヴァー」を歌っていらっしゃったそうで、この番組好きなので嬉しかったです♪
ロマンティックな、素敵な詞だったんですね。

最後は、新しい職場に転勤するお客様のために、メンバーの方々が「サニー」をプレゼント。
演奏がとてもよくて、お客さんの雰囲気も良くて、とても和気あいあいとした素敵なライヴでした!

先生に写真を撮っていってあげようと思い、お店の方にお伺いしたところ、演奏中はご遠慮願いますとのこと。
でも、ステージ後に一緒に写真をとるのは可能かもとのことでした。

なので終了後、お店の方にお願いして、太田さんと初対面!

色紙を書いていただいた岡山の、とご説明したところ、太田さんも「お~!!!」って、すぐにわかってくださいました。
誰?って言われたらどうしようかと思いました。
よかった。。(T▽T)

すぐ次のステージが控えていたのですが、お話もしてくださって、記念撮影もしていただきました♪
ブログにお名前出してもいいですか?とお伺いしたところ、快諾!

先生あてにくださったメールの内容や、色紙を書いてくださったことからも感じていましたが、





やっぱり、






間違いなく、






いい人でした!!!







しかも夏にライヴで岡山にいらっしゃるそうです!
これは行かねば☆

太田剣さん、本当にありがとうございました!!


c0089310_0471237.jpgその後荷物をコインロッカーに取りに行って、除光液パックも買って、ホテルに無事チェックイン。

夜の銀座もキレイですね~☆

「イパネマの娘」を頭でリフレインしながら歩いていると、ストリートミュージシャンの方がなんと、「イパネマの娘」の演奏を始められました!
最近こういうことよくあるんです。。

ホテルの部屋でまたびっくり。

あんなに買わなきゃと思って、ドラッグストアを探していた除光液パック、
なんと、ちゃんと家から荷物に入れてきていました。

それをなぜだか完全に忘れてました。
これもまた不思議だったことのひとつです。


銀座はいろんな奇跡が起こるなあ。。
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-17 01:01 | | Comments(10)

「創造と変革の志士たちへ」とHER ROSE


2月から始まった、HER ROSEも、今週末がいよいよ最終回です。
さみしい。。

課題で読んだ、グロービス経営大学院学長・堀義人さんの「創造と変革の志士たちへ」。
とてもよい本だったのでご紹介しますね。

グロービスは、MBA(経営学修士)の学位を発行する、私立の大学院大学です。
http://mba.globis.ac.jp/index.html

ビジネスに詳しくない私は、グロービスという学校があることを知らなかったけれど、この前お昼一緒にランチした大学の事務のお友達は、なんと通信課程に入りたいと考えていると聞いて、すごいな~と感心しました。

著者の堀さんは、京都大学工学部を卒業後、ハーバード・ビジネス・スクールに学び、そこでMBAを取得。
帰国後、住友商事での勤務を経て、1992年に株式会社グロービスを設立、アパートの一室と貸し教室を借りて学校を開かれたそうです。
その後15年間で、グロービスは学校法人の経営大学院へと成長し、「アジア・ナンバー1のビジネススクール」をめざして発展中なのだそうです。

「創造と変革の志士」という言葉は、堀さんがグロービスの教育理念の根幹をなす言葉として採用している言葉なのだそうです。

志士とは、武士道精神に則り、高い倫理観と使命感を兼ね備えたリーダーを指す。
強い使命感を持ち、
「この世に生まれて何をするのか」を考え続け、「お金儲け」のみを目的とせず、
自らが社会の創造と変革を担おうとする姿勢を持った人々のことだ。


そういった志士を数多く輩出することで、社会全体の成長に貢献することがグロービスの使命だと、堀さんは書かれています。

わたしはもともとビジネスの本が苦手、「ビジネス」という言葉自体も苦手でした。
なんだか、ビジネスの場はいつも「戦い」という前提があって、他人にいかに「勝つ」かというノウハウだけのようなイメージがあり、すごく抵抗があったのです。
この本も、最初はなかなか読み進むことができませんでした。

でも、読み進むうち、自分が普段考えていることと同じことがたくさん書かれていることに気づいた。
それは、この本に一貫して流れている考え方が、わたしが好きな「坂の上の雲」の世界のような、明治の時代をつくった考え方だからなのだと思いました。

それは、福沢諭吉の「学問のすすめ」やサミュエル・スマイルズの「自助論」にあるような、独立独歩の精神、たゆまぬ工夫や努力、品行や志が大切だ、という考え方です。

「志」と言う言葉は、古風な響きを持っています。
でも、今の時代にこそ必要な、ひとりひとりが人生という海をよりよく航海するための、目印の星になるようなものだと思う。

堀さんの本を読んでいて、自分に必要だと思った部分がたくさんありました。
たとえば、

・取るに足らない問題解決にこだわらず、全体を見ること
 → わたしは目の前の問題に悩みがちなので必要

・創造や変革の現場では、一般に突拍子もないと思われることをしようとする場合が多いので、最初は少なくても限られた人だけ共鳴してくれればいいと割り切る必要がある
 → 批判されるとすぐへこんでしまうので必要

・直感を一番大切にしているが、「直感」と 「分析による思考」の両方が「やるべし」と判断して、感情がその気になったときに前進する。
 → わたしは直感だけで行ってしまいがち(ほんとに)なので、
   「分析による思考」のベースをつくらないといけないなと思いました。

そのほか、自分のことを考えさせられる文章がたくさんありました。

本の中ほどに、
"この世で何を成し遂げたいかを理解して、一度きりの人生を有意義に過ごすための使命をさがし、それが志につながっていく"
ということが書かれています。

堀さんの使命は、
「『創造と変革の志士』」を輩出することにより、社会のダイナミズムを生み出すこと」。
志は
「アジア・ナンバー1の大学院を創る」こと。

では、わたしは何なんだろう?と考えました。
(考えることは、HER ROSEの課題でもあったんですけど。。)

それで、出てきた答えは、

わたしの使命は、
「文章を書いたり、作品を作って、世の中に発表することで、他の人に喜んでもらい、世の中に光を増すこと」。
志は、
「誰もが持っている、『その人にしかない良い資質』にその人が気づく手助けをする事で、たくさんの人がより幸せに、より良い人生を送れるようなきっかけをつくること。」
でした。

以前書いた、「なないろの ほうせきの くに」は、まさにそれを思って書いたものです。
前半は、西條剛央さんの質的研究ワークショップに参加した後に思いついて、後半はHER ROSEに参加するようになってできたものです。
きっとこの2つに参加したから、自分の中にこういった考えが生まれたのだと思う。

自分がブログを書くまで、自分の文章が他の人の役に立つなんて、思ったこともなかった。
書いた記事にたくさんの反響をいただくようになって、はじめて、自分の文章をいいと思ってくださる方が、たくさんいらっしゃるのだと知りました。
喜んでいただけたり、役に立てていただけていると知った時が、ほんとうに嬉しい瞬間です。

わたしの信念や志は、壮大なものではありませんが、素直に今の自分の生活の中から出てきたもの。
だからそれを、目印の星にしていきます。

日ごろから、
勉強することを通じて自分を磨き、
好きなことを深め、
素直にストレートに自分を出して、
物事をポジティブにとらえ、
いろいろな場所に行って、
いろいろな人に出会い、
いろいろな経験をすれば、

自然に大切なものが残り、自分が進む道が見えてくるのだと思います。
そして、自分の道が開かれるのは、いつも他の方のおかげ。
感謝する気持ちを忘れず、初心を思い出すこと。

人と付き合って行く上で一番大切なことは、まごころだと思う。
けれど、真実は人の数だけあるものだから、こちらのまごころが通じない人だっている。

そういう人は、自分と違う「真実」の世界に住んでいる人。
通じないことはしかたがない。

お互いの違いを認め合うことが、これからの時代は大切になってくるのだと思います。
そのために必要なのが、哲学であったり、他者の志を尊重することなのだと思う。

人生で出会う人、出会うこと、出会うもの、すべてに意味があり、「偶然は必然である」という言葉もあります。
ほんとうに、あらゆる出会いは、「自分が次のステップに進む学び」をいただくものなのだと思う。

だから、自分も誰かの次へのステップになることができればと思います。
みんな、今いる場所は、次へのステップなのだから。

堀さんのブログには、堀さん自身が5人のお子さんに恵まれ、仕事や家庭、趣味といった、生活のあらゆる側面で、バランスよく幸せな毎日を送っていらっしゃることがとても感じられます。

拝見していて、ブログの中の、
「何気ない幸せの中で、小さな幸せを感じることこそが幸せそのものだと思う。定義など必要ないのだ。」
という言葉がとても印象に残りました。
世のため人のための大きな志をなしとげるには、まず自分自身が幸せであること、それがいちばん大切なのだと思った。

人生は、日々の生活や、自分の中に、宝石を探す旅。
そういった宝石をみつけて、自分も幸せになり、手にした宝石をより輝かせることができれば、他の人のためにも役立てることができるのだと思います。

HER ROSEの皆さんは、みんなすばらしい宝石を持っている方々。
そして、その自分の持っている才能が、どうやったら社会をいい方向に持っていくことに役立つかということを考え、実行していらっしゃる方たちばかりです。

皆さん志が高くて、努力家で、一生懸命。
ほんとうに勉強になります。
お会いするのがとても嬉しい。

皆さん、いつもありがとうございます。
明日もまた楽しみです♪
[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-12 07:12 | つれづれ | Comments(2)

書道詩人 てらきちさん in 岡山天満屋  6/13(土)


昨年11月に、高松でわたしも書き下ろしをしていただいた、書道詩人のてらきちさんが、天満屋にイベントでいらっしゃるそうです!

その時のブログ
http://songsfor.exblog.jp/10223373

このブログをいま読み返してびっくりです。。
なんだかその後、てらきちさんからいただいた言葉の通りに進んでいっているみたい。。
いただいた詩を、ずっと部屋に飾っているのですが、きっとそのおかげだと思います。

てらきちさん、ありがとう!!

相手の眼をみつめて、インスピレーションを受けた言葉を、一気に筆で書き下ろすてらきちさん。
きっと今の自分にとって、必要な言葉をいただけると思いますよ。

こちらはてらきちさんのブログ
http://terakichi.ashita-sanuki.jp/e134102.html

おすすめです。
ご興味ある方はぜひ!

以下は天満屋のHPより抜粋です♪
http://www.tenmaya.co.jp/okayama/index.html


書道詩人「てらきち」
 
■6月13日(土)のみ
■3階 上りエスカレーター横

~目を見てインスピレーションで言葉を書き下ろします~

ロサンゼルスで開催されたジャパンエキスポや日本各地での講演会、イベントを通じてのべ3万人へのメッセージを書き下ろしてきた「てらきち」が天満屋岡山店初登場です。

※当日午前10時30分より、3階上りエスカレーター前にて整理券を配布いたします。

時 間/
【1】午前11時~午後1時
【2】午後2時~午後4時
(所要時間お一人様3~5分程)
参加費/
1,000円(カード会員様/500円)

[PR]
by songsforthejetset | 2009-06-11 22:14 | 芸術いろいろ | Comments(2)