<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

家庭画報読者ブログの記事更新しました 「『坂の上の雲』の戦艦三笠とベドウィの白旗」


家庭画報読者ブログ、更新しています^^

「坂の上の雲」の戦艦三笠とベドウィの白旗

最終回に向けて盛り上がる「坂の上の雲」。
終わってしまうのさびしいな。。

ドラマや小説がお好きな方には、横須賀の三笠記念艦は本当におすすめです!!

わたし何時間いたのかというほど、本当に「坂の上の雲」の世界にひたりました。。
いま写真のファイルを見てみたら、400枚近く撮っていました(^^;

何枚か印象的な写真を。


c0089310_0331467.jpg甲板より艦橋を望む。















c0089310_034425.jpg艦橋には、日本海海戦時に実際に東郷平八郎長官や秋山真之参謀長が立っていた場所にプレートが置いてあります。

同じ場所から海を望むことができるので、「坂の上の雲」ファンとしてはとてもテンションがあがる。。













c0089310_0432651.jpg艦橋から甲板を見たところ。














c0089310_0441075.jpg士官用の区画。

中尉以下はハンモックだったそうですが、こちらの区画は戦艦とは思えない、優雅な雰囲気でした。










c0089310_0484123.jpg秋山真之参謀長の部屋と同型の部屋。

ボックス型になったベッドが印象的でした。

落っこちないためなのかな。。









c0089310_0495141.jpg東郷長官の軍服と、明治天皇より賜った美しい刀。

東郷長官は153cmと小柄な方だったそうですが、こうした展示物を拝見しても、ご本人を前にした時の迫力が伝わってくるようでした。














c0089310_0533788.jpg東郷長官の書、「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」。

日本海海戦の開戦時に使用されたZ旗の意味です。













もっとじっくり書きたいのですが、時間がなくてざんねん。。

わたし、旅行などでものすごく感動したことは、じっくり書こうと思って寝かせておいて、結局書けなくなってしまうというパターンが多いです(T_T)

そういう写真入りの長いブログは時間がないと書けない(今この記事ですでに2時間以上が経過)ので、落ち着いて書けないと難しいのです。。

写真を選び、事実関係を検索したり、リンクをつけたり、文章を考えたり、スペースを調整したりしていたら、平均で6時間、長い記事で12時間くらいかかっています。

じっくり書くのは楽しいんですけど、そういった時間がなかなかとれなくなってきている今日この頃です。

ともあれ、「坂の上の雲」もついに最終回!!

楽しみです!!
[PR]
by songsforthejetset | 2011-12-22 01:43 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

家庭画報読者ブログ更新しました 「土居里江さんのピアノリサイタルに、作品を着用していただきました!」


家庭画報読者ブログ、更新しています^^

土居里江さんのピアノリサイタルに、作品を着用していただきました!

本当は、コンサート前にブログに書きたかったのですが、後になってしまってごめんなさい。。(T_T)

わたし、このチラシの写真を拝見しただけで感動して泣いてしまったのですが、コンサートで実際に身につけてくださっているのを拝見して、感無量でした。。

演奏が本当に素晴らしくて、キラキラした星空を思わせるような、爽やかなメロディーがずっと印象に残rました。

途中でネックレスが切れてしまわないか、イヤリングが落ちないかと気が気ではなく、がんばれ~と作品にも念を送りつつ拝見していました。

とっても幸せな気分になりました。
ありがとうございました!!
[PR]
by songsforthejetset | 2011-12-19 22:16 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

家庭画報読者ブログ更新しました 「大原美術館ミュージアムショップ 名画の美しいブックカバー」


家庭画報読者ブログ、更新しています^^

大原美術館ミュージアムショップ 名画の美しいブックカバー

昨日なんでも鑑定団をみていたら、ちょうど児島虎次郎の絵が登場していました。

「日本の印象派」って言われているんですね。

様々な作品や、大原コレクション収集などのエピソードを通じて伝わってくるのは、人柄の真面目さと、対象を見る目の確かさです。

今年の春に、大原美術館で開催されていた、児島虎次郎展は本当に素晴らしかったです。

たくさんの作品を拝見して、本当に真面目な方だったんだなあって、しみじみと感じました。

自分のできることで、日本の近代化に貢献しようという使命を持って、まっすぐな道を生きた方だったのではと思います。

わたしがいちばん好きな児島虎次郎の作品は、「里の水車」

とても美しく、胸に迫る作品です。

美しいドレスや花が描かれているわけでもなく、美人画でも風景画でもないけれど、画面の静謐さと正確な描写力、構図がとても美しいのです。

何より、これを描いた画家の心情がとても伝わってきます。

もし機会がありましたら、ぜひ実物をご覧になってみてくださいね^^
[PR]
by songsforthejetset | 2011-12-15 01:03 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(2)

家庭画報読者ブログ「ノーベル賞授賞者にも供される、スウェーデン王室御用達のお紅茶 セーデルブレンド」

家庭画報読者ブログ、更新しています(^-^)

ノーベル賞授賞者にも供される、スウェーデン王室御用達のお紅茶「セーデルブレンド」


以前こちらの業者さんが、天満屋岡山店のイベントに出店されていた際に偶然に知り合ったのですが、田園調布で北欧紅茶や素敵な生活雑貨などの販売を手がけられている、とても素敵な女性です。

ドリームウェアハウス


ちょうどいま、岡山や広島でのイベントに出店なさっています(^-^)

イベント予定
◆12月6日〜12日 広島三越「北欧展」
◆12月7日〜12日 岡山丸善「北欧雑貨展
◆12月14日〜20日 阪神梅田「阪神の北欧フェア」
◆12月16日〜26日 JR名古屋高島屋「北欧展」

可愛いお嬢さんも販売をお手伝いされていて、いまお二人ともとても忙しくなさっているそうです。

いただいたお紅茶、どれもとても美味しいのです。
特にセーデルブレンドは、ノーベル賞授賞式の受賞者にも出されるものと思うと、なんだかとてもありがたい気がして、少しずついただいています。

無農薬で、自然の素材のみを使用し、ハンドメイドでブレンドされている紅茶はとても希少なのだそうで、お紅茶好きな方へのギフトとしても喜ばれそうです。

もしお近くでしたら、ご興味のある方はぜひイベントにも足を運んでみてくださいね(^-^)





 

       
[PR]
by songsforthejetset | 2011-12-07 21:53 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

家庭画報読者ブログ更新しました「家庭画報創刊55周年、おめでとうございます!」

家庭画報読者ブログの記事、更新しています(^-^)

家庭画報創刊55周年、おめでとうございます!

いや〜、今月号の家庭画報はえらいことになってますよ!!

先月号で次号予告の目次を見ただけで豪華すぎてめまいがしましたが、こんなに豪華でいいんですか?!(T▽T)と言いたくなるような一冊です。

さすが新年号+創刊55周年記念号。。

読み物もとても充実しているので、一ヶ月かけてじっくり読みたい内容です。

あらゆる方面の美しいものがいっぱい。
おせち料理の三段重のごとく見事につめこまれていて、こっちを少し、あっちを少しとちらっと味見するだけでも、心が美で満たされます。

美しいものに心を遊ばせること、絶対に大事。

つらいことがあった今年は特に、日本中のたくさんの方が夢や美を求めていると感じます。

それを実感したのは、今回の販売会がはじまってから。

わたしの作品、大人の方はもちろんですが、いつも小さい子も喜んで見てくれるのです。

今回は特に、小さい子、それも男の子が本当にうっとりと作品をいつまでも見てくれていることが本当に多かったのが特徴的でした。

この前も、塾帰りの小学生の男の子4人組が、
「わー!たから!!」
って、結構長いことみんなで作品に見入ってくれていて、すごくうれしかったです。

子供って、まわりの大人を通して、無意識のうちに社会の不安を感じ取っているもの。
傷ついた柔らかな心が、自然に、きらきらとした輝きやきれいな色を求めているかのように思えました。

大人にも、子供にも、魂の栄養に夢や美は必須だと思うのです。

忙しいと気がつかないうちに魂も栄養不足になりがち。
定期的に補給するように心がけたいですね(^-^)

高松天満屋の販売会、あと2日になりました。
これまでにお越しくださった皆様、ありがとうございます!
がんばります!
[PR]
by songsforthejetset | 2011-12-06 22:20 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

家庭画報読者ブログ更新しました「「晴れの国」岡山とルピシアの岡山限定の紅茶・白桃ダージリン」

家庭画報読者ブログ、更新しています(^-^)

「晴れの国」岡山とルピシアの岡山限定の紅茶・白桃ダージリン

岡山駅前の桃太郎の像、なんだかとても素敵に撮れました♪

そしてこちらのお紅茶、とてもあっさりとした爽やかな味わいです。

茶葉の色も緑がかっていて、新茶っぽい感じです。

岡山のおみやげにおすすめです(^-^)
[PR]
by songsforthejetset | 2011-12-03 21:04 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

おかげさまで天満屋アルパーク店の販売会、大好評のうちに終了しました! 次回販売会も決定(^-^)

おかげさまで、天満屋アルパーク店の販売会、大好評のうちに終了しました!

お世話になった皆様、お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!!


c0089310_095435.jpg



販売会中に次回がいつかというお問い合わせも多くいただき、おかげさまで、早速次回の販売会のご依頼を来年1月にいただいています。

年明け早々にまたお邪魔させていただけることとなり、とてもうれしいですo(^▽^)o

アルパークは、わたしもはじめてお伺いさせていただいたのですが、町ひとつ分が巨大な商業施設になっているショッピングパーク。


c0089310_095231.jpg



新井口駅からアルパーク内の各建物は、動く歩道もついた連絡通路で直結されています。


c0089310_094911.jpg



駐車場も4時間まで無料だそうで、いらっしゃって1日お時間を過ごされる方も多い印象です。

アルパークで販売会をさせていただいていて、いちばん驚いたことは、いらっしゃる皆さんが、とても幸せそうなことでした。

ご家族連れがとても多く、赤ちゃんを連れた方の割合もとても高いです。
そしてお母さん方も本当に幸せに育児をされているといった印象です。

ご年配の方々も、毎日こちらにいらっしゃって、出会う方同士で仲良しグループになられたり、アルパーク内のスポーツクラブやカルチャースクールに通ったりと、いきいきと過ごされている方が多い印象です。


c0089310_095728.jpg



皆さん派手ではありませんが、それぞれにお似合いの質の良いお召し物を、楽しんで身につけていらっしゃる感じでした。

歩いていても、文句や愚痴、批判のようなネガティブな会話が全く聞こえてこず、皆さん幸せそうで、なんだかおとぎ話の世界に来たようでした。


c0089310_09596.jpg



皆さん豊かで、礼儀正しく、人間の根本的な部分の「幸せ」で満たされている、そんな印象を受けます。

日本の基盤は、こういった地方の普通の幸せな生活をしている方々によって支えられているのだって、強く実感した販売会期間でした。


c0089310_094466.jpg



残念だったのは、販売会とホテルの往復に終始して、天満屋やアルパーク内を散策する機会がほとんどなかったことでしょうか。。

ホテルも天満屋のお隣に広島サンプラザホテルがあり、とても快適に過ごすことができました(^-^)

販売会中はお天気にも恵まれ、とても快適に過ごすことができました。

ご依頼をくださった課長さんが、わたしと年齢も近く、とても素敵な女性で、快適に販売会ができるよういろいろとお気遣いくださり、本当に有難かったです。


c0089310_095688.jpg



天満屋アルパーク店の皆さん方がとてもいい方ばかりで、本当に良くしていただき、心から感謝しています。

本当にありがとうございました!!

また1月にお伺いするのが楽しみです(^-^)
どうぞよろしくお願いいたします。


c0089310_010198.jpg

[PR]
by songsforthejetset | 2011-12-01 15:27 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)