<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

龍と火の鳥に出会う夕暮れ

今日は台風がくるということもあり、お昼は雨の音を聴きながら、ソファーでうとうとしていました。

地面に雨があたるやさしい音が遠くまで聴こえる。

普段マンションにいる時には聴こえない様々な音を感じて、自然につつまれたような安らいだ気分で眠りました。

目が覚めたらもう夕方で、雨も止んでいたので、外へ買い物に。

こっちにいる時によく行っていた石高神社へごあいさつ。


c0089310_091925.jpg



石段の上からみるこの景色がすごく好き。

西の空に青空が見えてきていたので、すこし安心しました。

金光薬局に行ってハローズヘ。

ハローズは24時間営業の大型スーパー。
お店は明るいし、値段は安いし、お店の方も丁寧なので大好きですo(^▽^)o

ちょうどお顔を存じ上げているレジの方だったので、引越ししたので最近あまり来られないことをお伝えすると、きれいになったね〜!と言ってくださり舞い上がる\(//∇//)\

東京に引っ越したことをお話すると、東京は物価が高くて大変でしょう、とのお言葉。

ハローズが東京にあってほしいです!とお伝えして帰る(^-^)

ほんのすこし離れていただけでも、ふるさとで感じる人の温かさは格別です。

ほのぼのした気分になって外へ出ると、西の空が劇的に美しかった。


c0089310_092145.jpg



青い空に、二匹の龍のような夕焼けにたなびく雲。

そしてその横をみてびっくり!


c0089310_092212.jpg



なんとハローズの後ろに巨大な火の鳥が。

手塚治虫さんのというよりガッチャマンの。。

コンコルドにもみえる形。

台風の後の空が生んだ神秘的な眺めに、自転車を止めてしばし見入っていました。


c0089310_092228.jpg



飛び立とうとする金色の鳥。
暗い雲を背景に輝いていました。

後ろ髪を引かれる思いで背を向けて信号を渡り、振り返ってみると、魔法のように普通の空に戻っていました。

ほんのすこしの間の、空のドラマ。

ちょうど見ることができて嬉しかったです(^-^)

そして台風も知らないうちに遠ざかっていて安心しました。。

これから台風が来そうな地域の方は、皆さんどうぞお気をつけて(>_<)
[PR]
by songsforthejetset | 2012-06-19 22:48 | つれづれ | Comments(4)

倉敷天満屋の販売会、感動の毎日です(T▽T)

おかげさまで、倉敷天満屋での販売会、毎日たくさんの方にお越しいただき感謝です!!


c0089310_0402095.jpg



日々楽しく売場に立たせていただいていますo(^▽^)o

皆さんが嬉しそうに作品をみてくださったり、お話ししてくださるのがとても嬉しいです!

制作していて本当によかったと、販売会のたびに感動しています。

その感動が年々強くなるのは、お客様から良いご報告をどんどんいただくようになったから。

わたしの作品と出会って、いいことがたくさん起こったというお話をお伺いすることが増えました。

なんだかお客様のキラキラ度合いがどんどん上がって行っている気がします(*^^*)

きっとそれは、お客様が「素直に自分が惹かれているもの」を求められた結果、作品と人との相乗効果が起こっているのだと思うのです。


c0089310_0402421.jpg



作品と一緒に売場にいてよく実感するのは、わたしは販売をしているのではなく、作品の持ち主が迎えにくるのを一緒に待っているのだということ。

保育園の保母さんのように、預かった子どもたちのお迎えがくるのを、お世話をしながら待っている感じなのです。

わぁ。持ち主はこの方だったんだ!と思うような、ぴったりの方がお求めになられたとき、
わ〜。 お迎えきてくれた〜(*^^*)
って、心の中で作品と一緒に喜んでいます。

お客様からよく、作品をみていると癒されるとか、パワーがあると言っていただくことがあります。
生きていると言ってくださった方も。

売場に並べると、作品たちは輝きを増し、俄然オーラがでてくるのです。

自分が手がけたものながら、なんだか頼もしく思ったりします。

作品が、みてくださる方に心を開き、語りかけているよう。

そんな時、みてくださる方の心も作品と響きあっているのだと思います。


c0089310_0402677.jpg



自分でつくった作品とはいえ、材料になっているのは、地球がつくった子どもともいえる石やガラスなど。

人間だって地球がつくった子ども。

地球がエールを送りたいと思っている方へ、その思いを作品という形でお届けするのが、きっとわたしの役割なのだと思っています。

皆さんの、未来への希望につながる、
「幸せのかけら」に出会うお手伝い。

毎日毎日奇跡が起きる。

その度に、ああ自分のやっていることは役に立つことなんだって思います。

販売会を重ねるごとに、そう実感する気持ちが強くなっていっています。


c0089310_0402358.jpg



人は、いまのその人に必要なものは、必ず見えているのだと思います。

どんなに似たようなものがたくさんあろうとも、どんなに目立たないところにあろうとも、ほんの一瞬しか見ていなくても。

その人に見えているのは特別なひとつ。

つけていただくと、いままでそこになかったのが不思議なくらいぴったりとはまる。

ジグソーパズルの最後のピースがはまった時のように、ひとつの絵が完成します。

そんな瞬間を目にするたび、胸が熱くなります。

明日はどんな奇跡に出会えるでしょうか。

日々いただく感動に感謝です(^-^)


c0089310_0402769.jpg



毎回用意してくださるPOP、すごく素敵で感動しています。
いつもありがとうございます!\(^O^)/
[PR]
by songsforthejetset | 2012-06-14 23:56 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)

倉敷天満屋  Lumière Noriko Maki 販売会 「La Mer(ラ・メール)」


c0089310_23511911.jpg


(上から順に)
1. イズミールの渚 (シェル・カットガラスビーズ)
2. Le Coeur de la Mer 碧洋のハート (水晶・淡水真珠・スワロフスキー)
3. 葡萄酒いろのミストラル (シトリン・ライトアメジスト・水晶・淡水真珠・ペリドット・スワロフスキー)
4. トリトンの瞳 (淡水真珠・水晶・スワロフスキー)
5. tamatebako (珊瑚・水晶・マスカットフェルスパー・ライトアメジスト)


Lumiere Noriko Maki リュミエール ノリコ マキ 販売会
「La Mer (ラ・メール)」


*会期 2012年6月12日(火)~6月17日(日) 午前10時~午後7時30分

*会場 倉敷天満屋 1階アクセサリー売場
  (倉敷市阿知1-7-1 TEL : 086-426-2827)

Elle est retrouvee.
Quoi ? - L'Eternite.
C'est la mer allee
Avec le soleil.

今回の販売会のタイトルは、「La Mer(ラ・メール)」。

母なる海をテーマに、貝や真珠、珊瑚などの素材を使用した作品たち。

バカンスの季節を前に、きらめく海への憧れを表現しています。

どうぞご高覧下さいませ。



いつもお世話になっている、倉敷天満屋の皆さま。
またご依頼をいただき、本当に感謝です。

3月に開催させていただいた販売会の際にも、たくさんのお客様にお越しいただきました。
皆さまのご愛顧にも本当に感謝です。

今回の販売会のお話をいただいた際に、迷いなく「La Mer」のタイトルが浮かびました。

なんだか最近海が好き。

銀座は海に近いので、空気の中に海のフレーバーをたくさん感じます。

時々船の汽笛も聞こえます。

夏が近づくにつれ、どんどん海の気配を感じるようになってきました。

買い物に行くのに隅田川を渡るとき、もう河口に近いから、たっぷりの水は海の顔をしています。

とぷんとぷんと岸辺に打ち寄せる波。

木の杭についた貝殻が、波から出たりかくれたりしています。

たくさんの水をみると、とても心が癒される。

お風呂に入るとき、洗い物をするとき、川や海をみたとき、いつも思うのは、水は地球の体液なのだっていうこと。

水は地球の思いを、そのままわたしたちに伝えています。

だからわたしたちは、水に癒しを感じるのだと思うのです。

光と水の季節、夏。

何度過ごしても、限りないときめきを感じる季節です。

大好きなシャンソン、「La Mer」を今回のタイトルにいただきました。





フランス語の詩は、ランボーの詩集と、ゴダールの「気狂いピエロ」から。

見つけた
何を?永遠を
海と溶け合う太陽を


遠い夏の、懐かしい思い出。


お近くにいらっしゃる際にはぜひお立ち寄りください(^-^)/
[PR]
by songsforthejetset | 2012-06-03 02:13 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)