<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"12月号連載エッセイ      「すべての『出会い』は人」


こんにちは。
12月も終わりに近づき、いよいよ来年がすぐそこにやってきています。
皆さんもお元気でお過ごしでしょうか?

今年は皆さんにとって、どんな一年でしたか?
きっとたくさんの「出会い」を経験された1年だったのではないでしょうか。

わたし達の人生は、毎日の「出会い」に大きく影響されながら進んでいきます。

「出会い」とは、人はもちろんですが、物や出来事、芸術や本、旅、仕事、講演会、映画やテレビ番組など、それまでの自分の生活になかったものとの出会い、すべてのこと。

そんなものも「出会い」?
って思われるかもしれませんね。

でも、よく考えてみれば、「人以外の出会い」も、結局は全部、「人との出会い」なのです。

たとえば、
物は、それを作った人との出会い。
本は、それを書いた人と。
旅は、そこで出会った人と。
芸術作品は、それを表現した人と。
仕事は、仕事をしていて出会う人と。
歴史は、昔に生きていた人と。

現実もそうでないものも含めて、実はすべてが「人との出会い」なのです。

そうした「出会い」を通じて、わたし達は日々、影響されたり、幸せを感じたりしています。

旅も、仕事も、
歴史も、国も、
人生も、幸せも、
実感するのは、「人」を通じてなのです。

「自分が住む世界」とは結局、「自分が出会う人」のこと。

そして、自分をわかるのも、「人」と出会うからなのだと思います。

わたし達は、比較する対象と出会ってはじめて、自分の特色がわかります。
日本にいたら黄色人種だって思わないけれど、欧米に行ったら実感するように。

出会いの中で自分がわかる。

人と出会うことは、実は今までに自分が気付いていない、自分との出会いでもあるのです。

「自分で動かなければ何もはじまらない」と言いますが、それは、
「動いたら、かならず何かが変わる」ということ。

動けば人に出会うし、出会えば自分のことがもっとよくわかり、人生も変わっていくからです。

人生をよりよい方向へ向けたいと思ったら、日々の「出会い」に、善意と勇気と努力、そして感謝を持って接することが大切なのだと思います。

センスとスピードとタイミングも重要です。

今年1年、このエッセイと出会ってくださった皆さんへ、心からの感謝をこめて。

皆様の来年にたくさんのよい出会いがありますようお祈り申し上げます(^-^)/


*************************************


ツールアシスト発行のニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"2010年12月号に書かせていただいたエッセイです。

本当にそう。
「世界」って人なんです。

学校や会社、ご近所やサークル、旅で訪れる場所や国、結局は「人」なんですよね。

「世界」と出会うことで、「自分」がわかる。

「動いたら、かならず何かが変わる」って、わたし書いていますが、それはこのブログを書いた2年前よりももっとそう思います。

自分についてもそう思うし、わたしのお客さまや生徒さん、周りにいらっしゃる方をみていても、「動く」人は前向きに自分の人生を変えて行かれている方。

知らない世界に飛び出してみる、新しい世界に触れてみる。

心配していてもはじまらないのだから、とにかく動いてみるということは、すごく大事なのだと思う。

いいこと、そうでないこと、いろいろなことが起こるけれど、その都度対処していけばいいのだって、チャレンジを重ねるごとに心づもりができてきます。

そういった中で実感するのは、人との出会いやご縁は本当にありがたいものだということ。

日々の出会いに感謝することで、未来は広がっていくと思うのです。

出会いは人だけではなく、物との出会いもあります。

自分の周りにあるものも、自然のもの以外はぜんぶ、人がつくったもの。
その材料も、自然も、人も、地球がつくったもの。

地球がつくったものが仲良く、地球の上で手をとりあって暮らしている、というのが、この世界の理想のように思います。

そして人でも物でも、本当に自分とつながるのは、「自分と同じ」もの。

だから、「自分のまわりの世界」というのは、「自分の心」の表れでもあるのだと思います。

自分の世界は、自分の心がつくっている。

そう思うと、前向きな考え方や、善意の解釈って大事だなあと思うのです。

ひとりひとりが、自分のまわりに「幸せな世界」をつくっていくことが、「みんなが幸せになる世界」につながるのではと思っています。

みんなが幸せな世界へ。

それはまず自分が幸せになることから。

がんばろ~^^
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-23 03:41 | 連載エッセイ | Comments(0)

家庭画報読者ブログ 「ローマ時代から続く温泉地 エクス・アン・プロヴァンスのテルム・セクスティウス」


家庭画報読者ブログ、更新しています^^

ローマ時代から続く温泉地 エクス・アン・プロヴァンスのテルム・セクスティウス


3年前に行った南仏の旅行で、どうしてもルルドに行きたかったんです。

でも、ルルドがあるのはピレネー山脈の近く、もうすこしでスペイン国境のあたり。
ニースからルルドに移動するには、ほとんど1日つかわないといけません。

それはもったいないので、途中に一泊入れることにしました。
せっかくなので、行ってみたかったエクス・アン・プロヴァンスに。

宿泊場所をさがしていたらなんと!

温泉があるではないですか!!!(>▽<)ノ

ヨーロッパの温泉は、日本のようにホカホカなお湯につかるというより、水着で温水プールに入ってる感じなのですが、温泉は温泉!!

ここしかない!

と思って宿泊。

なにしろホテルに温泉がくっついているので、とても便利でした。
テルメ・セクスティウス Thermes Sextius

ホテルも感じよくて、とてもよかった^^
アクアベラ Aquabella

中継地だったこともあり、エクス・アン・プロヴァンスの街の観光がほとんどできなかったので、また行きたい!
その時にはゆっくりしたいな(^-^)♪
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-23 00:41 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

ニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"11月号連載エッセイ     「Beauty is truth」


こんにちは。秋も深まり、本格的な冬の気配が感じられる今日この頃、皆様もお元気でお過ごしですか?

秋といえば芸術の秋、読書の秋とも言われますね。
今日は皆さんに、19世紀イギリスのロマン派の詩人、ジョン・キーツの詩の一節をご紹介します。

“Beauty is truth, truth beauty,”―that is all
Ye know on earth, and all ye need to know.
 
 「美は真であり、真は美である」―これは地上にて
  汝らの知る一切であり、知るべきすべてである。

この言葉のように、「美」に触れて理解することは、私たちの人生にとても大きな意味を持つことです。

なぜなら、わたし達が人生で何を選ぶかは、自分が持っている美しさの基準によるからです。

美しさの基準は、人それぞれ違っていますが、一方、誰にでも、いつの時代にも通じる、普遍的な美しさというものがあります。

それは自然の美しさであったり、
芸術であったり、
家族や親しい人を大切に思う心であったり、
歴史を尊ぶ心であったり、
夢に向かうひたむきな情熱であったり、
美しいものを美しいと感じる素直さであったりします。

「普遍的な美しさ」というのは、言ってみれば、
「輝きを放つ善のかたち」のようなもの。

そういった、普遍的な美しさを理解する心をはぐくむには、自然の美しさや、美術、音楽、工芸、映像、舞台、文学などの芸術や、美しいものにたくさん触れることが大切です。

自然の美しさは、地球が作ったものだし、芸術は、人の心の美しさが形になったもの。

そういったものを、素直に美しいと思う心が大事なのだと思います。

人は、自分と同じ美の基準を持っている人とつながるものです。
普遍的な美しさを基準として持っていると、より多くの人と、善意に基づいたつながりを持ちやすくなります。

また、他人に配慮する想像力があれば、その場その場に自分を合わせるということができるので、つながった人が安心して自分のテリトリーに誘うことができます。

結果、色々な場所に顔を出し、新たなつながりを得て、自分の世界をさらに広げることができます。

想像力をはぐくむには、自分がいろいろな経験をすることと、幅広く読書をすることが大事です。
人は本を読むことで、その内容を「自分の経験」として学習するのだそうです。

いろいろなことを、私たちは正しいか、間違っているかで判断します。
だけど、善悪の判断は、それぞれの事情や置かれた環境、人や時代によっても変わってくるものです。

一方、心で感じる「普遍的な美しさ」は、いつの時代も変化しないものです。

大切なのは、美しいことを貴ぶ気持ちと、想像力。
それは、いつの時代も、誰にとっても、幸せへと導いてくれる星となって、輝き続けるものだと思います。


*************************************


ツールアシスト発行のニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"2010年11月号に書かせていただいたエッセイです。


久しぶりに読み返してみて、書いた文章は忘れているのですが、書いた内容はしっかり自分の中にインストールされているって思いました。

美しいものを素直に美しいと感じること、普遍的な美を尊重すること、これは自分の軸にもなっていることだと思う。

でもわたし、この文章を書いた時より今のほうがずっと子どもに近づいています。。

今は考えるよりも感じることのほうが主流になっているみたい。

どんどん単純になっていっています(^^;

毎日毎日、きれいだなあと思うものに出会う。
そして、同じものをきれいと思う人とつながる。

なんだかその繰り返しで人生が進んでいっている気がして、それは本当に有り難いことだと思うのです。

同じものをきれいと思ってくださる皆さまに感謝です(^-^)。
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-22 00:30 | 連載エッセイ | Comments(0)

ニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"10月号連載エッセイ     「幸せになる方法『Yesで生きる』」


こんにちは。すこしずつ秋の気配が感じられるようになった今日この頃ですね。
皆様もお元気でお過ごしですか?

うまくいっている人、成功している人と話すとき、必ず感じることがあります。
それは、その人が「Yesで生きている人」だということです。

特徴は、相手をとにかく肯定すること。
たとえ相手の言ったことが自分の意見と違っていても、「その人の意見」として受けとめる会話をする人が多いのです。

話していると、自分の言うことを聞いて、認めてくれ、励ましてくれるので、気持ちよくどんどん話が続いていきます。
楽しいし、自分を認めてくれるので、もっとその人と話していたくなります。
"受容すること"を大切にしている、「Yes」で生きている人です。

「Yes」は相手を認める言葉。

受け入れて、お互いの未来への扉を開き、ものごとを流れさせる言葉です。

自分が「Yes」を示している扉からは、他の人が入ってこれます。
物事の流れや、人と人の間の流れがよくなります。

幸せは人から人へやってくるものだから、幸せもやってきます。
刻々と移り変わる状況に合わせて、自分もどんどん新しくなっていきます。

「No」は相手を拒絶する言葉。

跳ね返すことで、未来の可能性をなくし、流れを止めてしまう言葉です。

幸せは人から人へやってくるものだから、クルミの殻のように閉じた場所には、幸せもやってこないのです。

「Yes」で生きている人は、相手を認め、一緒によりよい未来をつくろうとしています。

「No」で生きている人は、相手に勝ちたい人です。
だけど、勝とうと思っていること自体、もう負けているということです。

「Yes」の扉をたくさん持つと、自分が受容できることが多くなり、世界が広がります。
人がいっぱい入ってきて、いっしょに幸せも連れてきてくれます。

そしてまた自分も、他の人の持つ「Yes」の扉から、誰かに幸せを持っていってあげられるのです。

「No」は行き止まりになっている壁ですが、「Yes」は自分の世界をどこまでも果てしなく広げてくれる扉です。

認めること、受容すること、そういうこともありかなと思うこと。

受け入れれば、すべて自分のものになります。

いちばん簡単な「Yes」、受容のサインは、
笑顔です。

「Yes」で生きている人ほど、素敵な笑顔の人が多いと思いませんか?

(^-^)人(^-^)人(^-^)


*************************************


ツールアシスト発行のニュースレター"Ca・et・La(サエラ)"2010年10月号に書かせていただいたエッセイです。

サエラのエッセイ、ずっと書かせていただいているのですが、こちらにずっとアップできていないことに気づきました(>_<)

ちょっとまとめてアップしていきたいと思います!!

2年前に書いたものですが、いま自分で読んでも、確かに!って思うことばかりです。

昔の自分が書いたものから発見があったり、はげまされたり、本当に書いておいてよかったなあって思います。

実はこういった文章を書いて、いちばん恩恵をいただいているのは自分なんです。

書いたり、言ったりするのって実はすごいことで、人って「自分が書いたり、言ったりした言葉の世界」に行くんだと思うのです。

言葉には運命を変える力があるって、ずっとブログを書いていて実感しています。

2年前の自分が書いた文章をいくつか読んで、こういった前向きな内容のエッセイをずっと連載させていただけていて、本当にありがたいと思いました。

ツールアシストの皆さまに感謝です(^-^)
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-22 00:01 | 連載エッセイ | Comments(0)

家庭画報読者ブログ 「今森光彦さんの作品とノエビア銀座ギャラリー」


家庭画報読者ブログ、更新しています^^

今森光彦さんの作品とノエビア銀座ギャラリー


こちらのノエビア銀座ギャラリー、並木通り沿いにあって、小さいけれど楽しみな展示をしているギャラリーです。

このモダン東京1930もとても素敵でした!


c0089310_221457.jpg



ノエビアといえば、わたしはやはりこれ!(>▽<)





ノエビアのCMででてくる飛行機って、小型のプライベートジェットみたいなのが多くて、それをいつも女性がかっこよく操縦していて、憧れた思い出があります。

ちなみにこの、シーナ・イーストンの「マシーナリー」、わたしが中1の時にドーナツ盤をおこづかいで買った、思い出深い曲です^^

そういえば、なぜ飛行機なんだろう?

と思って調べてみたらなんと!

ノエビアは、最初は航空機の部品や航空機用品をアメリカから輸入されていた会社だったのだそうです。

その後、西ドイツから薬草化粧品を輸入販売する仕事を手がけられるようになったのだとか。

会社に歴史ありですね^^

以前天満屋にちなんだ作品をつくらせていただいた際に、社史を読んで、ひとつの会社の歩みの奥深さに感動しました。

それ以来、会社の歴史を知るのがけっこう好きです。

大きな会社には、必ずといって個性的な歴史があって、HPなどで公開されていたりするので、とても楽しいです。

ノエビアのCMといえば、こちらも印象深かった!





懐かしいな~^^
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-21 22:55 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

物語が流れだすとき


10月の倉敷天満屋の販売会用の作品をつくりはじめています^^

制作していて不思議なのが、ある時に急にターボがかかること。
これは自分でコントロールとかできないのです。

今日は一気に物語が流れはじめました。

今回の販売会のお話をいただいたのが、8月の初めごろだったのですが、その時にポンと頭に浮かんだテーマは、

Love Lights

愛の光が、たくさんの人の心にともって、キラキラと輝いているところが思い浮かびました。

わたしはいつも、その時その時に自分の中にあるもので、テーマや作品が生まれてきます。

なぜそういうのが出てくるのかは、自分でもわからなくって、つくっていくうちに見えてくる世界で、ああ、そうなんだって納得していきます。

言ってみれば、いまの自分をみつけに行くみたいなもの。

それはつくればつくるほど広がっていって、きりがないくらいにあふれてきます。

毎回自分が思った作品の2割くらいしかつくれないのですが、つくっている間は、本当にさまざまな世界が自分の中に広がっています。

ペンチを持って、ワイヤーを曲げ、ちいさな石をひとつひとつ止めつけていくごとに、雲が晴れて景色が見えてくるように、自分がこれから訪ねていく世界がみえてきます。

今日は、まるで昔の屏風の市中図絵のように、金色の雲のあいだを降りていく感じ。

そこにはたくさんの物語が広がっていて、まるでテーマパークの地図みたい。

手元にある石とお話ししつつ、その物語を作品にして、自分の中から外へと出していきます。

つくっている時から、これを迎えに来る方のためにつくってるんだなあと思いながら、手を動かしています。

石は何億年も長生きしている、地球のこども。
とても賢くて、まっすぐで、深遠で、無邪気。

手に取っていると、それぞれにメッセージを発しているのが伝わってきます。
持っている人を元気づけたり、応援したり、アドバイスしてくれるみたいに。

わたしたちも、地球が作ったこども。
“アドバイスや応援を必要としている人のもとへ、その石が行けるように”
という地球の想いがわたしに届いて、つくっているのかなと思う。

そのくらい、不思議なことがよくあるのです。
たくさんの人の幸せにつながる仕事をさせていただいている。
本当に作品をつくっていてよかった、と販売会を重ねるごとに実感しています。

つくるときは、意外に短距離走。
自分の中の世界にどっぷりひたって、旅をするようなものなので、短い期間に集中してアウトプットするほうがむいているようです。

石がきれいに見えるように。
つけた方がきれいに見えるように。

その2つを考えながら、頭に浮かぶ世界を映画のように眺めながら、手先をひたすら動かしていきます。

今日は一気にたくさんの世界が動き出して、物語が流れだした感じ
^^

ほほ~ぅ。
なかなかロマンチックじゃのう。

どんな世界が広がるのか、わたしにもまだわかりませんが、いっこいっこ作品にしていきます
^^

あとはファイトあるのみ!!!

がんばります(^0^)/♪
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-18 22:33 | アクセサリー・Lumiere | Comments(2)

家庭画報読者ブログ 「ロスチャイルド家の夢の館 ヴィラ・エフルッシ・ド・ロスチャイルド」



家庭画報読者ブログ、更新しています^^

ロスチャイルド家の夢の館 ヴィラ・エフルッシ・ド・ロスチャイルド


ここは本当に素敵な場所なんです!!

3年前に訪れた際に、バラ園から投稿したブログ。
ヴィラ・エフルッシ・ド・ロスチャイルドのバラ園にいます

こんな風に、帰りたくなくなるくらい素敵な場所です(>_<)

こちらはHP。
Villa Ephrussi de Rothschild
http://www.villa-ephrussi.com/

上品な色調でまとめられたお部屋も、ため息が出るほど素敵でした。。

また写真アップします♪

メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランスのHPでも、素敵にご紹介されています。
ヴィラ・エフルッシ・ド・ロスチャイルドとヴィラ・グレック・ケリロス

ヴィラ・ケリロスは2回も近くを通りながら、ヴィラ・エフルッシ・ド・ロスチャイルドで時間を費やしすぎて、結局行けていないところです。。

次こそ行ってみたい!
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-13 18:55 | 家庭画報読者ブログの記事 | Comments(0)

ブルームーンの魔法


8月31日はブルームーンでした!

もう一週間前なんですね^^
皆さんご覧になりましたか?

こちらはその時の、隅田川と月島の上にかかる月。


c0089310_158360.jpg



ごくまれに、ひと月に2回満月があることがあり、その2回目の満月がブルームーンと呼ばれています。

「ブルームーンを見ると幸せになれる」
「ブルームーンにお願いすると叶う」

そんな風に言われているブルームーン。

なんだかとっても素敵ですね(^-^)♪


これは夕方6時半ごろの、東の空に昇ったばかりのブルームーン。

美しい金色でした!


c0089310_1534645.jpg



月を観に、自転車で外へ。

よく見えそうな場所を探していたら、月島にきていました。

なんと月島って英語で“Moon Island”なんです。
ロマンチック。

相生橋のたもとの川岸が、テラスになっていて、そこからの眺めがなんともいえずすばらしかった。


c0089310_2142320.jpg



しずかな、しずかな夜と、波と、月。

神々しい光が、夜の闇から世界を守るように、しとやかに照らしていました。


ときどき屋形船がとおる。


c0089310_2194437.jpg



周りにはお月見されている方もいらっしゃって、みなさんブルームーンを観に来られているようでした^^

かえりみち、最初の写真と同じ場所から。
マンハッタン風味月島。

わたしはこの景色を見るたび、ニューヨーク・シティ・セレナーデが浮かんできます。。


c0089310_2251839.jpg



その後に有楽町まで行ってきたら、銀座柳通りにお月さまが。
風流でした^^


c0089310_230405.jpg



家に帰って、ベランダに折りたたみ椅子を持ち出して、ワインを片手にお月見(>▽<)。

(普段こんなことしないですよ。。)

月の光でとても明るい。

満月の光は、天然石の浄化にいいそうなので、せっかくのブルームーンだし、材料の石たちもベランダに出してあげる。

いっしょにお月見~^^


満月の時刻、22:58には、ブルームーンにお祈り。

きっとたくさんの方が、同じ時間に夜空を見上げていたことでしょう。

これはそのすこし後のお月さま。

本当にブルーに輝いてみえた、神秘的で美しい月でした!


c0089310_2423895.jpg



スタンダードジャズの「ブルームーン」は大好きな曲。

ひとり淋しかったわたしが、ブルームーンの魔法で愛する人と出会い、月は金色に変わった、というロマンチックな歌詞で、ロジャース&ハートの名曲です。

このDiane Shawさんの歌すごくいい!





そしてブルームーンといえば、「こちらブルームーン探偵社」^^

高校の時、毎回録画して見ていて、このシーンも大好きでした!





次のブルームーンは、2015年7月31日だそうです。
その後は、2018年1月31日、同じ年の3月31日と続くそう。

前回は2010年3月30日だったそうなので、その日自分が何をしていたのかブログをみてみたら、
モンブランを食べていました。。

その前が同じ年の1月30日。
なんとわたし、銀座にいました

たまたま国際宝飾展に来ていて、その時には、このブルームーンのことを偶然知っていて、お友達と一緒に、
「今日の月を見るとすごいラッキーらしい!」
と大はしゃぎで見た記憶があります。

その前はというと、2007年6月30日。
この日、絶対見おぼえがある!
と思ったら。。

わたしの初個展の初日だった!!(T▽T)。。

ブルームーンだったのね。。

懐かしい~!
個展期間中の風景

もう6年前。
ほんのこの前みたいに思えるけど。

新月の願いごとのイベントもこの時だったんだ!
月のパワーに恵まれた初個展だったんだなあって、いま振り返って思いました。
お月さまに感謝。

ブルームーンには本当に、魔法があると思う。
今回願いをかけた方のお願いがたくさん叶いますように。

また3年後も楽しみにしましょう(^-^)♪
[PR]
by songsforthejetset | 2012-09-08 04:17 | つれづれ | Comments(0)