<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

歌舞伎座新開場記念、銀座のお練り

今日の歌舞伎座新開場記念、銀座のお練りの写真です♪

※写真は全部、人垣から腕だけ出して勘で撮ったので、いまひとつピントがあってないところが多々あります。

銀座一丁目の銀座通り口交差点。
高架の下の会場で、10時から式典が始まりました。


c0089310_14512580.jpg



10時40分くらいになって、提灯を先頭にお練りが始まりました!

左端でプラカードを持っていらっしゃるのは、「スッキリ」のテリー伊藤さん。


c0089310_145129100.jpg



鳶職の皆さんの木遣り歌の、江戸情緒を感じさせる響き。


c0089310_14513371.jpg



そして纏が続き、とても華やかです。


c0089310_14513592.jpg



スーツの皆さんは、おそらく歌舞伎座や松竹の方々でしょうか。
祝賀ムードいっぱいでした。


c0089310_14513662.jpg


c0089310_14513718.jpg



ひときわ高い声援とともに、役者の皆さんが。

わたし海老蔵さんがみたかったのですが、人垣で全然見えなくて、やみくもに何枚か撮った中に偶然写っていたのですごい嬉しかったです。
やっぱりステキo(^▽^)o


c0089310_14513987.jpg


c0089310_1451408.jpg


c0089310_14514182.jpg


c0089310_14514245.jpg


c0089310_14514334.jpg


c0089310_14514441.jpg



一丁目ではまだ皆さん間隔を狭めて歩いていらしたので、本当にあっという間。
四丁目へと向かう、お練りの最後を見送りました。


c0089310_14514536.jpg



とても華やかでした!

雨がだいぶ降っていたのですが、「後ろの人が見えないからさ、みんな傘たたもうよ。」という観客の方の声かけや、係員の方からのお願いで、皆さん傘をたたんでマナーよくご覧になっていて、素敵だなあと思いました。

お練りが終わったら皆さんびしょびしょで、でもご贔屓の役者さんを見つけられて、キラキラとした笑顔で帰って行かれました。

本当に寒くて、わたしはすぐ家に帰ってあったまりましたが、皆さん暖をとろうとカフェに入られていたので、きっと飲食店は大入り満員だったのではないでしょうか(^-^)

80歳くらいのおばあちゃまが、3時間待ったとおっしゃっていて、寒い中皆さん待たれていたので、お風邪など召されないか心配でした。

今日はあいにくの雨でしたが、雨はその土地とのつながりを強くするそうなので、役者の皆さんと銀座の土地とのつながりがさらに強くなったのではないでしょうか。

アトリエの窓から歌舞伎座のビルが見えるのですが、今日はお練りの後、ビル内で開場の式典が執り行われるそうです。

最近真夜中に電気がついていることがなくなったので、内部の工事も終わったんだなあと、引っ越し以来2年間ビルの成長を見ていて感慨深く思っています。

歌舞伎座は、たくさんの人が夢を見る場所。
日本文化の象徴のひとつ。

歌舞伎座の存在がどれほど愛されているか、開場前の盛り上がりを通じて実感しています。

銀座の希望、日本の希望の場所として大きく発展していきますよう、心よりお祈りいたしております。

開場まであと6日!o(^▽^)o
[PR]
by songsforthejetset | 2013-03-27 14:49 | つれづれ | Comments(0)

聖路加国際病院での作品展、おかげさまで無事終了しました!

聖路加国際病院の聖路加画廊での作品展、おかげさまで無事終了しました!\(^o^)/


c0089310_1533844.jpg



画廊の大きさが約11m×3mと、またも自分の最大展示スペース記録を更新する大きさだったので、どんな展示になるか、はじまるまで見当もつきませんでした。

わたしの作品だけだと、展示として寂しい気がしたので、絵画教室に通っている母の絵を一緒に飾りました。


c0089310_1534086.jpg



c0089310_1534198.jpg



スペース的にもぴったりで、雰囲気も合っているととても好評でよかったです(^-^)

壁面をつかっての本格的な展示ははじめてだったので、作品だけではさみしいと思い、作品についてのストーリーを書いたボードも一緒に展示しました。


c0089310_1534248.jpg



搬入の時には、数点の作品にしかボードをつくっていなかったのですが、展示してみたら全部にあった方がいいと思ったので、搬入の後に徹夜で全部のボードをつくりました。

まさか今回も初日が徹夜明けになるとは思ってもみませんでしたが。。

でもがんばってよかった!(T▽T)

わたしの作品はもともとバックグラウンドのストーリーからインスピレーションを得ていたり、映画や音楽、歴史にちなんだものが多いので、そういったストーリーと一緒に展示することで、見てくださった方により楽しんでいただける展示になったのではと思います。

こちらは聖路加にちなんだ作品をいくつか制作した中の、「Let the work goes on」。

聖路加国際病院の創設者、トイスラー博士が遺した、病院に関しての最後の言葉からインスピレーションをいただいてつくった作品です。


c0089310_1534392.jpg



以前、岡山の天満屋で、天満屋にちなんだ作品をつくった時も説明のボードが好評でしたが、今回も皆さんにとても喜んでいただけて、特に男性の方がじっくり読んでくださっていたのが印象的でした。

壁面の展示と、いつものデパートでの販売会のようなテーブルでの展示と、両方で見ていただけて、楽しい展示になったと思います。

画廊の奥がレストランになっているので、いらっしゃった方が足を止めてくださり、たくさんの方に見ていただけたのが本当に嬉しかったです。


c0089310_1534382.jpg



病院の中にある画廊なので、検査にいらっしゃる方が展示をいつも楽しみになさっていたり、入院中の方が来てくださったり、通院なさっている方が何度もお越しくださったりと、デパートやお店で販売するのとはまた違った出会いをたくさんいただき、毎日感動してウルウルしていました。

自分の作品を「きれいね〜」と笑顔で見てくださる方がいらっしゃることが、なによりの励みになります。

とてもとても幸せな6日間でした。
ありがとうございました!!

あと、作品を提供してくれた母にも感謝です。
綺麗な絵を本当にありがとう。
皆さんに大好評でした!

そして、ご町内の方もたくさん来てくださって、立派なお花を町会青年会からいただきました。
本当にありがとうございます!
とても嬉しかったです。


c0089310_1534475.jpg



お越しくださった皆様、聖路加でお世話になった皆様、励ましのお言葉をくださった皆様、本当にありがとうございました。

皆さんからまた次へ向かう力をいただきました。

たくさんの感謝をこめて。


c0089310_1534545.jpg

[PR]
by songsforthejetset | 2013-03-26 01:51 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)