日本微生物生態学会・市民講演会&サイエンスエンターテイメントと映画「Eternal Return」


22日に開催された、日本微生物生態学会の市民講演会がとてもすばらしかったので、感想を書いてみます。

c0089310_13574068.jpg


講演会のタイトルもユニークでした。

 日本微生物生態学会 横須賀2016併催
 市民講演会&サイエンスエンターテイメント
 「サイエンスは最高のエンターテイメントやDay!
  ~大きな海と小さな微生物がくり広げる話を聞きに来ませんか?~」


プログラムはこちらから。
http://www.microbial-ecology.jp/meeting/JSME2016/PublicSymposium.html

講演会の最後に、上坂浩光監督の「Eternal Return」という映画の上映があったのでお伺いしたのですが、その前のプログラムもとても面白そうだったので、1時の開宴から参加しました。

最初に、横須賀の吉田雄人市長からのご挨拶。

横須賀でこういった学会の大会が開催されるのは、意外にもほとんど初めてのことなのだそうです。
これから誘致などもしていきたいとおっしゃっていましたが、中心部の駅から歩いて10分で会場に着けるので、すごく便利だと思いました。


その後に先生方の講演がありました。

普段あまり触れることのない微生物や海の研究のお話は、どれもとても面白くて、メモを取るのが忙しかったほど。

特に印象に残ったのが、吉澤 晋先生と、平 朝彦先生のお話。


吉澤 晋先生は、光る海の生物についてのお話でした。

なんと500m以上の水深の生物の90%が光るのだそうです。
そして、お店で売っている、イカやホタテ、イサキなど、海産食品の多くも光るそう。
20℃の暗室に置いておくと、15時間くらいで光りはじめて、時間の経過とともに光が強くなっていました。
小学生の自由研究にもすごくいいのではと思いました(実験に使ったものは食べないほうがいいそう)。

こういった光っているイカや魚を、鳥が夜くわえて飛んでいるのを見たのが人魂ではという説もあるそうです。

チョウチンアンコウが光を出している映像はとても珍しく、チョウチンアンコウ自体も手に入れるのがとても困難なので、見つけたらぜひ連絡してくださいとおっしゃっていたのが印象的でした。


平 朝彦先生は、三浦半島の城ヶ島の地層がどれほど素晴らしいかというお話でした。

北原白秋の「城ヶ島の雨」が有名ですが、死の淵にいた白秋を救ったのは、三浦半島の地層のパワーもあるのではとのこと。

城ヶ島の地層は、黒(火山噴出物でできたスコリア層)と白(火山灰層)にきれいに分かれていて、断層もはっきり見えるのが特長だそうで、とても綺麗でした。
「曲がった地層 神奈川県・城ヶ島」
 

日本は4つのプレートが会合している世界唯一の場所で、その中心が三浦半島なのだそう。
房総半島と三浦半島は、世界でほかにない特徴を持った場所(火山列島の衝突とおっしゃっていた気がする)とのことで、なんだかすごく納得しました。

地層愛が伝わってくる平先生のお話を聴いて、城ヶ島に行ってみたい!と思った。


この会を企画なさった、高井 研先生のお話も、とても楽しめました。
お話とパワーポイントの量が多くて、メモがついて行けないほど。

「海を知り、地球を知る。そして未来を知る」
深海の熱水噴出孔(チムニー)で生まれたと言われている生命。

土星の衛星・エンセラダスにも海があり、生命が存在する可能性もあると言われています。
クローズアップ現代「ついに発見!?地球外生命に挑む科学者たち」

エンセラダスの生命探査には、500~1000億円かかるけれど、今まで誰も解けなかった最大の謎、生命の起源が解ける。
海には生命の起源や、地球外生命の存在を解く鍵がある。

実際研究なさっている方からお話を聴くのは、とてもエキサイティングでした。


先生方の講演の合間に登場して、素敵に次へとつないでいたのが、

コント「未知のヨコスカとの遭遇」
劇団フォーシーズンズ(シロート) 脚本:花田 智


でした。

一体どんな感じかと思っていたのですが、
「エンセラダスの有人(!)探査船のサンプルリターンが浦賀に戻ってくる」
という設定のちゃんとしたお芝居で、本当に楽しめました。

演じていた皆さんも研究者の方かもしれないのですが、ちゃんと役者さんの発声や動きで、脚本もよくできていて、スクリーンも上手に使われていて、一本のお芝居として観たいくらい良かった。


そして、講演の中の、生命が海底の熱水噴出孔で誕生したというお話とつながる形で上映された、上坂浩光監督の「Eternal Return」

DVDを持っているのですが、大きな画面で観たことがなかったので、今回の上映があってとても嬉しかったです。



大画面で観るとさらに感動。

水に出会う場面の、ストリングスの高音が入ってくるところがすごく好き。
ラストに流れる歌を聴きながら、こういうこと全部がつながって今の自分があると思うと、いつもウルウルします。

会場でも、鼻をすする音や、涙をふいていらっしゃる方の姿があったので、皆さんも感動されていたのではと思います。


こういった学会関連の市民講演会も何度か参加したことがあるけれど、こんなに楽しくてためになる内容だったのは、今までになかったと思う。

専門性が高すぎるお話ばかりだと、観客が???となってしまうけど、わかりやすいお話を多くされていたのがとても良かったです。
それに、途中で演劇がテンポよく入ってくるのが本当に楽しかった。

全体を通じて、主催のJAMSTECの先生方の横須賀愛をすごく感じて、あたたかな気持ちになりました。

学会準備や発表だけで大変だと思うので、その上にここまで充実したプログラムをご準備されるというのは、本当に大変だったと思うのです。
地元と研究内容への深い愛情が感じられた会でした。

そして、今まで微生物ってそんなに考えたことがなかったけれど、こういう世界が自分のすぐそばに(自分の中にも)もあるのだって実感できた講演会でした。

こういった場があるから、研究者の方々の研究が様々な分野に活用されて、生活の豊かさにつながっているということに気づくことができるのだと思うのです。

もしまたこういった講演会があったら、ぜひ参加させていただきたいと思います。

外はもう暗かったのですが、なんだか幸せな気持ちで駅までの道を歩きました。

素敵な会をありがとうございました!
[PR]
# by songsforthejetset | 2016-10-24 13:58 | 芸術いろいろ | Comments(0)

2016年10月~12月の予定(11/8加筆)



2016年10月~12月の予定です^^

2016年10月

 *10.3(月)-10.8(土)
  聖路加第一画廊
  10:00-17:00(3日は12時から、8日は16時まで)
  (東京都中央区明石町9-1 聖路加国際病院 新館1F レストラン前)

2016年11月

 *11.16(水)-11.22(火)
  マルイファミリー溝口
  10:30-20:00 2階正面入口側イベントスペース
  (神奈川県川崎市高津区溝口1-4-1 tel.044-814-0101(代表))

2016年12月
 
  *12.19(月)-12.24(土)※23日はお休みします
  聖路加第二画廊
  10:00-17:00(19日は12時から、24日は16時まで)
  (東京都中央区明石町9-1 聖路加国際病院 旧館2F 形成外科横)


いつもお伺いさせていただいている聖路加画廊。

10月の第一画廊はもう来週になってしまいましたが、遅いお知らせで申し訳ありません!
テーマは、9月と同じ「祈りの風景 Oratio」です。
新しい作品も加わっています^^

11月、マルイファミリー溝口のクリスマス催事にお伺いさせていただくことになりました!
今年は3月、8月にもお伺いさせていただき、とても嬉しいです。
素敵な展示ができるようにがんばります。

12月の第二画廊は、クリスマスの時期。
いつも楽しみな、華やいだ季節の展示です。
(23日の金曜日は、祝日のため院内に人が少ないため、お休みさせていただこうと思っていますので、ご注意ください)

今年も残り3ヶ月。
素敵な期間にしていきたいです^^





※スケジュールを加筆しています(11/8)
[PR]
# by songsforthejetset | 2016-09-30 20:05 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)

クロード・ルルーシュ監督の「アンナとアントワーヌ」


大好きな映画「男と女」、なんと今年日本公開50周年だそう。

クロード・ルルーシュ監督のあの名作がまたスクリーンで観られるなんて、本当に嬉しい。
このところ自分の中で、絶賛ルルーシュ祭り開催中です。

クロード・ルルーシュ監督の最新作「アンナとアントワーヌ」を観てきました。

名匠クロード・ルルーシュ、新作「アンナとアントワーヌ」に「50年間の私の思いを盛り込んだ」
この記事を読んで、これは行かねば!と思い、他の前知識は何もなしで行ってきました。

すばらしかった。

「私達はどこから来てどこへ行くのか
 与えられた人生を生きるだけ」

この言葉がすごく印象的だった。

ルルーシュ監督の作品は、ますますみずみずしくて、人生への愛を感じる。

すべてを愛で抱きしめるアンマ、実在の人物って知らなかったけど、ルルーシュ監督も、大きな愛で作品を制作されているように思う。

カテゴライズされると、「ラブストーリー」なのだと思うけど、一般的な男女の恋物語というより、もっと大きな「人類愛」的なものを感じる。
これは他の作品についてもそう思う。

ルルーシュ監督の作品を観ると、人生という海へ漕ぎだすのが怖くなくなる。
人生を愛するということの美しさを教えてくれる。
同時代を生きられるというのは、とても大きな贈り物だと思う。

乗り物、音楽、スピード、構図の美しさ、画面の質感、
変わらない手法がとても素敵。

すべてが完璧な配分で、全体として見たときに一つの芸術作品になっている。
ラブストーリーという形をとっているけれど、とても数学的。
折り紙のような完璧な美しさを感じる。

空港からのラストにつながる一連のシーンのカメラワーク、構成は、まさに至芸といえるもので、息をとめて観てしまった場面がいくつもあった。

やっぱりさすがと感動。
終わったあと拍手したくなった。

しばらく放心して、なかなか現実の世界に戻ってこれなかった。

本当にすばらしい映画を観た後は、鏡を見るのがこわくなる。
自分はどうか?という問いをつきつけられる気がして。

すぐれた映画は、その後に出会う風景の意味も変えてしまう。
そして人生にも影響する。

ルルーシュ監督の映画は、ストーリーがどうというより、「人が生きているのを楽しむ映画」のような気がする。

主演の二人がとても素敵だった。
そしてフランシス・レイの音楽も!

ストーリーで感動させるとか、ドキドキする映像とか、音響の迫力とか、そういったことを越えて、とにかく「映画」というもの自体に感動した作品でした。

上の記事の中の、ルルーシュ監督の言葉がとても素敵です。

私が愛してやまないことが2つある。それは人生と映画だ

映画が私に人々が人生を謳歌できるようなものを作らせてくれる。
この世の怖さを痛いほど分かっていても、私は世界を愛している。
だから多くの人にも愛してほしいんだ。
ネガティブなものがポジティブなものより、重要になってきている世の中に私たちは生きている。
悪いニュースがいいニュースを凌駕している世の中で、映画を作るたびに、どうしたら人々がこの世の中を、より好きになってくれるかを考えてきた。
私は映画の持つ力が人の心を2時間で変えられると信じている


現在78歳のルルーシュ監督が、少年のようにみずみずしいときめきで映画を撮られているのが実感できる作品。

人生を愛する、ということの美しさと尊さ。
ルルーシュ監督の変わらないメッセージに感動でした。
[PR]
# by songsforthejetset | 2016-09-14 02:55 | 映画 | Comments(0)

マルイファミリー溝口の販売会、はじまりました!


マルイファミリー溝口の販売会、初日を迎えました!

2階エスカレーター横イベントスペースにお伺いしています^^


c0089310_11967.jpg



お天気も良くてよかったです。

初日はいつもバタバタしていて、落ち着くのが大体お昼過ぎてから。
お越しくださった皆様ありがとうございました!


c0089310_15853.jpg



秋の気配を感じる季節なので、お花の色を秋っぽくしてみました。

前回の際にも、お客様方に展示や作品がきれいとお褒めいただいたのですが、今日もたくさんの方にお褒めの言葉をいただき、本当に嬉しかったです。


c0089310_185042.jpg



とても素敵な方から、「久しぶりにきれいなものを見ました」と言っていただいて、その言葉に感動でした。

こうして作品を喜んでいただけると、やっていてよかったと思う。
感動していただけることが、とても嬉しい。

お世話になっているスタッフの皆様にも感謝です。
あと7日間、どうぞよろしくお願いいたします☆
[PR]
# by songsforthejetset | 2016-08-25 01:22 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)

千葉県立現代産業科学館メガスター上映会「宇宙へ」


千葉県立現代産業科学館のメガスター、今年もすばらしかった!
https://www.chiba-muse.or.jp/SCIENCE/kan/index4_12.html


「宇宙へ」は、これがまさに観たかったというものを見せてくれた作品でした。
他の星の空ってどう見えるのか、ずっと見てみたいと思っていたけど、まさに夢がかなって、とても嬉しかった。
神様の視点になって、宇宙旅行ができる作品。


(白紙の状態で作品をご覧になりたい方は、この先は読まれませんように。。)


夕暮れから星が出てくるところ、普通のプラネタリウムだと、全体が均一にだんだん暗くなって、全体からぼうっと星が出てくるのだけど、このフュージョンの番組では、消えていく夕空を追いかけるように星空がやってくる。
美しくて感動でした。

字の中に入っていくところ、フュージョンならではの迫力あるシーンで、おおっと思った。

地表を離れて宇宙に出ていくシーン、小さい子が「わぁー!」と言っていたけど、わたしも思わず椅子のひじ掛けを持ってしまったくらい、臨場感がありました。
こういうのってドームならではで楽しい。

そして宇宙へ。

火星の山(名前忘れた)の上から見る、青い夕焼け。
空の上の方はピンク。
トロピカルカクテルのような色合い。
そんな不思議な夕焼けが、火星で繰り返されているなんて、知らなかった。

エンケラドスの空には、土星が縦に浮かんでいる。
土星の輪の中に入っていくところ、すごく好き。
まるでダンスのような、優雅な天体の動き。

イオの火山は圧巻。
絶対に見ることができない光景を、目の当たりにできる。
大人も子供も息をのむような、とても迫力のある場面でした。

ずっと見たかったのが、海王星の空。
青い大気に浮かぶ白い雲。
太陽光は地球の900分の1という明るさで、とても弱い光なのだそう。

月から見た日蝕は、青い地球が太陽を隠して、赤いリングができる。
とてもきれい。

時々地球にやってくるハレー彗星、あんな形をしてるって知らなかった。。
遠い宇宙で、またこちらへ向かってやってこようとしている彗星の動き、とてもよくわかった。

いろんな星をツアーで巡る、宇宙旅行をしたような気持ちになれる作品。
去年の「星のある風景」は、身近にある美しい景色と星を楽しめる番組だったけど、今年は、誰も見たことのない風景と星が楽しめる。

SF好きな方には特におすすめです。
わたしはちょうど、上坂浩光監督の「Eternal Return」を観たばかりだったので、すごく嬉しかった。

今この瞬間も、あの星たちの上には、あんな空が広がっているのかと思うと、なんだかとても壮大な気持ちがします。
ただ自然に、そういった光景が誰もいないところで繰り返されているということ、当たり前なんだけど、なんとなくせつない。

メガスターフュージョンの番組を観ると、いつも錬金術みたいと思う。
なんでそう思うのかわからないけれど、昔の王様が、錬金術を見て驚いた気持ちって、こんな感じかなという気がする。
そのくらい、不思議に満ちている感覚が、いつもする。

エリック・アロン(Eric Aron)さんの音楽も本当にすばらしくて、宇宙空間がとても素敵に彩られています。
月とエンケラドスの場面が特に好きだった。
エリックさんの音楽はとても繊細で美しくて、メガスターとぴったりだと思う。

「宇宙へ」、あまりにすばらしくて2回観ました。
メガスターフュージョンの番組は、1回目は魔法のようでただただびっくりして終わってしまうので、2回目からやっと落ち着いて観られる感じ。

「七夕ランデブー」も、以前に観た時からまた進化していて、大きなドームだとまた臨場感もひとしおで、とても良かったです。
東京の夜景、よく見ると車が動いていて、リアルでびっくりでした。

この日はメガスター開発者の大平貴之さんの解説の中で、ギガマスクの投影もあって、それも楽しみでした。
全天ではなくて、一部だったけれど、暗い星が表現された分、よりソフトな星空が表現されている感じがした。
全天の公開が楽しみです。

大平さんの解説は、独特の味があって、やっぱり大平さんにしかできない解説で、ほのぼのと楽しい。
メガスターをつくった方自らの星空解説が聴けるというのは貴重な機会なので、わたしもいつも楽しみです。

大平さんの著書の「プラネタリウム男」の中に書かれていた、ソニーの出井伸之会長がおっしゃった、
「メガスターにはセンスオブワンダーがある」
という言葉、わたしも本当にそう感じる。

他のプラネタリウムは、ドームに星空を投影している感じなのだけど、メガスターは、宇宙がそこに広がっている感じ。
メガスターの星空にしかないときめきがあって、だからこそ、ファンが多いのだと思う。
宇宙を直接開いて見せて、その深遠さを伝えてくれているような機械。

そしてこの24日には、聖路加国際病院のトイスラーホールにメガスターがやってくる!(≧▽≦)
しかもメガスターⅡ!!(≧▽≦)

ずっと前から、トイスラーホールでメガスターの上映がされたらいいなと思っていたので、本当に嬉しいです。
わたし仕事で行けないんだけど。。(T_T)
でも思いがけず夢がかなって、とても嬉しい。
きっととてもファンタスティックだと思う。
たくさんの方に喜んでいただけるはず。

まだまだ続いていきそうなメガスターの新展開。
いつも楽しませてくださる、大平技研の皆様に感謝です。
今後もとても楽しみです^^
[PR]
# by songsforthejetset | 2016-08-20 17:07 | 芸術いろいろ | Comments(0)