映画「男と女」とモンテカルロ・ラリー


c0089310_1634100.jpgモンテカルロ・ラリーを好きになったのは、映画「男と女」を観てから。

わたしがはじめて「男と女」を観たのは、1991年の冬でした。
きっとベタなラブロマンスだと思って、何の気なしにビデオを借りてきて観たのですが、予想を完全にくつがえされました。

衝撃的にすばらしかった。

クールで、情緒があって、スピードと音楽があって、ロマンティックで粋な、ほかに比べる作品がないくらい独創的な映画でした。


c0089310_132495.jpg観終わってからもう一度、またもう一度、翌日家に帰ってからもまた、という具合に、「男と女」の映画の世界から抜けられなくなってしまったくらい。

ビデオを買って、繰り返し毎日見ました。
今までに100回以上観ています。
でも何回見ても、見るたびに新しい発見があるのです。

わたしにとっては、ほんとうに特別な映画。
その後の人生が変わってしまったくらい、自分の中の世界を変えた映画でした。


c0089310_1382919.jpg

当時はまだインターネットもアマゾンもなかった時代。
サウンドトラックのCDが日本になかったので、パリまで行って買ってきたのが右下のCDです。
手に入ったときには夢のようでした。




c0089310_1414125.jpg

これもパリで買ってきたスチール写真。

主役のジャン・ルイ・トランティニヤン。







c0089310_1453758.jpg

こちらも主役のアヌーク・エメ。

女神のように美しいのです。
わたしの20代の憧れの人。




c0089310_1555727.jpg

これもパリで買ってきた、メトロの壁に貼る用のポスター。

上にあるのが普通の雑誌なので、
巨大です。

わたしはコレクターではないけど、好きだから、「男と女」に関するものが自然に集まった感じです。


c0089310_22164.jpg






こちらもパリで買ってきた、クロード・ルルーシュ監督の自伝。
しかしオールフランス語なので読めません(笑)。





c0089310_241360.jpgいちばん最初に「男と女」を知るきっかけになったのは、この右の雑誌、1984年のスタジオ・ボイスでした。

「男と女」にも出演し、あのあまりにも有名なテーマ曲を歌ったピエール・バルーと、高橋幸宏さんの対談がのっています。

当時わたしはYMOの大ファンで、この高橋幸弘さんとピエール・バルーの対談を読んで、映画も見ないうちに、その世界に強くあこがれていました。


c0089310_2281318.jpg2004年に、ピエール・バルーがライヴで岡山にいらっしゃったのです。
わたしがこの映画を大好きなことを知っている知人が、なんとご本人と会わせてくださいました!
この本やレコードのサインはその時いただいたもの。

"憧れの映画の登場人物が目の前にいる"ことが感無量だったのと、緊張してほとんどお話できませんでした。。

「男と女」は、1966年のカンヌ国際映画祭のグラン・プリを受賞した映画。
弱冠29歳の無名の映画監督クロード・ルルーシュが、わずか6名の撮影スタッフで、たった21日間で一気に撮り上げた映画です。

監督・製作・脚本・撮影・編集をひとりでこなしたルルーシュ監督のスピード感あふれる映像は、これ以上考えられないほどの完成度だと思います。

主役のジャン・ルイ・トランティニヤンは、この作品のために猛特訓を積んで、実際のモンテカルロ・ラリーに出場し、その車に撮影機を担いだルルーシュ監督が乗り込み、ラリーを戦いながら撮影を行ったのだそうです。

モンテカルロ・ラリーの他に、ル・マン24時間レースの実際の映像などもふんだんに織り込まれている映画です。

すごく詳しく解説なさっているサイトです。
http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/homme-femme.htm




こちらは途中に出てくる、サーキットでのテスト走行のシーン。
この場面大好きです。
情緒あるスピード感、その世界に情熱を注ぐ男の人たちのロマンが感じられて、こういう世界っていいなあと思って、いつも見ていたシーンです。
フランシス・レイの音楽もすばらしい!

この映像は画面の横幅が縮小されていますが、実際はもっとステキです♪




c0089310_2314384.jpg
これは「男と女」の同じスタッフとキャストが、20年後に集結して撮った作品、「男と女Ⅱ」のパンフレット。
この作品も本当にすばらしい!
20年前の前作を振り返りながら、でもまったく違った現代の作品に仕上がっています。

なんとなく、今回の角地・吉田ペアの30年ぶりのモンテカルロ・ラリー出場にも通じるものを感じたりします。
 
"人生とはレース・トラックのように同じ場所を何度も通り過ぎ、そしていつの間にか誰が先頭に立っているか、わからなくなってしまう。
人はまさにゲームかレースのように生きている。"

というのは、ルルーシュ監督の言葉。

いよいよ30日にはラリーの幕があきます。
本場のラリーに触れることができるなんて、まだ信じられません。

もうすこししたら、自分がこの世界の中にいる。
ドキドキします。

ipodシャッフルにはもちろん、
「男と女」のサントラがスタンバイ完了!!

同じ風景を見てこのテーマを聴きます。
嬉しいな♪
[PR]
by songsforthejetset | 2009-01-29 03:26 | Rallye Monte-Carlo | Comments(19)
Commented by ちーどん at 2009-01-29 08:25 x
何だか私まで、ワクワクドキドキしてきました。映画は観たことないのですが、クレモンティーヌがカバーした、男と女はよく聴いていました。映画、ぜひ観たいと思いました。

出発、もうすぐですね。間違いなく素敵な旅になるでしょう。
Commented by むらさき at 2009-01-29 10:20 x
「男と女」、私も大好きです!サントラも持っていますよ。それにしてもパリまでいってCDを買われたなんてmaki@makiさんの行動力は素晴らしい。。。今の時代はアマゾンとかで簡単に欲しいものが手に入るのでなんだかつまらないかもしれませんね。必死で探してやっと見つけたものは想いも格別だと思います。
Commented by maga-ri at 2009-01-29 17:25
makiさんの「好き」が伝わってきました^^
事の全てが、偶然のようで、もしかしたら必然なのかもしれませんね。全ての過去が今につながるわけだから・・・
毎回読みながら、ドキドキさせていただいています。

どうぞお気をつけて。
しっかり楽しんできてくださいね^^
Commented by さと at 2009-01-30 05:40 x
きゃー!
またmaki@makiさんに共感できること見つけちゃったわ♪
私も、「男と女」好きです・・・というか曲の方。
フランスの音楽にハマったことがあって、映画のサントラではないけど、
クレモンティーヌの歌ってる“超軽いノリ”の「男と女」持ってます。

それにしても「男と女」ってタイトル、
ある意味すごく直接的で単純な表現だけど、
なんかいいなって思いませんか?
Commented by コンジュ at 2009-01-30 21:05 x
ホント素敵な映画ですよね。
主題歌を歌った、夫役のピエール・バリューにOP8で会いましたよ。
もうお年をとられていたけど、素朴な感じが伝わってきました。
恥ずかしくて、見ているだけでしたけど・・・。
Commented by songsforthejetset at 2009-02-08 01:12
皆さま、温かいコメントをありがとうございました!
お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

>ちーどんさん
ありがとうございます!無事帰ってきました。

「男と女」、わたしは大好きなんです。
ストーリーで観るというよりも、その世界が好きというか。。
ぜひ一度ご覧になってみてください。

ちーどんさんがおすすめくださっていたウォーリー、飛行機の中で観ましたよ!すごく良かったです!!
ウォーリーの一途さがけなげでした。

>むらさきさん
むらさきさんもお好きなんですね!!いいですよね~。
15年前くらいですが、当時はCDの日本版がなかったんですよ。
他にも行きたいところがあったのですが、一番の目的はCDを買うことでした(笑)。
シャンゼリゼのfnacだったと思うのですが、見つけた時には本当に嬉しかったです。

>maga-riさん
ありがとうございます!
またいい旅をさせていただきました。

ほんとうに、自分の好きなことを素直に追いかけていると、いろいろなことがつながってくるものなのだなあって思います。

ラリー、映画そのままの世界でした。
感動でした!!
Commented by songsforthejetset at 2009-02-08 01:23
>さとさん
さとさんもお好きなんですね!
あの曲はいろんな方がカヴァーされたり演奏なさっていますけど、クレモンティーヌのもすごく好きです。
PVもドーヴィルで撮影してるんですよね。いいなあ。。

タイトルも撮影スタイルも、シンプルで本質的というか、余計な説明とかがなくて、ドキュメンタリータッチなところが好きなのかもしれません。
シンプルだからずっと新鮮なのかなあって思います。

>コンジュさん
コンジュさんもお好きなんですね!
わたしもOP8で会わせていただいたんですよ!!
時間がずれていたのかな?
わたしも今ほど英語が話せなかったし、とにかく緊張してバリバリでした。
年齢を重ねても、瞳はあの映画のままで、ドキドキしました。

この映画のあと、当時無名に近かったバルーさんと、人気女優だった主演のアヌーク・エメは恋に落ちて結婚されたんですよ。
たくさんのミラクルが起こった映画だったそうですが、これもその一つですよね。
Commented by 燃費男・マリーのパパ at 2009-02-14 13:56 x
”男と女”は私もLDを買って何度も見ました。映画の中でサーキットでフォードGT40とフォーミュラカーをテストするシーンが在りますが、そのGT40をロンドンに住む知り合いの実業家が持っています。その記事と写真をカーグラフィック1985年2月号に発表した事があり、懐かしいです。その本を持って、パリに行き、2月3日にマリーがパリ郊外の産婦人科病院で生まれたというわけです。
Commented by songsforthejetset at 2009-02-15 01:19
あのサーキットのシーン、わたしも大好きです!!
バンクを走りながらハンドルから手を離す場面では、画面で観ていてもすごいスピードなのでハラハラします(笑)。
あんな車を個人で持っていらっしゃるなんてすごいですね!

カーグラフィックってTV番組しか知らなかったのですが、雑誌もあることを、今回のラリーで初めて知りました。
燃費男・マリーのパパさんは多方面にご活躍でいらっしゃるのですね!
しかもマリーさんご誕生の思い出とご一緒なんて、素敵ですね。
今回のヒストリックのレポートも掲載されるそうなので、書店で探そうと思っています。
Commented by 燃費男・マリーのパパ at 2009-02-17 20:38 x
数年前からウェブの世界では「燃費男」というあだ名を付けられてしまい、それで有名になってしまいました。「燃費男」で検索してみて下さい。
その前は、「マリーのパパ」をハンドルネームに使ってました。「男と女」の中のセリフ「パパ・ドゥ・アントワン」(アントワンのパパ)のパロディなんですけど。
Commented by songsforthejetset at 2009-02-18 00:01
検索してみました!!!
めちゃめちゃすごい方じゃないですか!!!
そんな方にこのブログを読んでいただけて、とても光栄です(T▽T)。。
でも専門的なことがなにもわかっていなくて申し訳ありません。。

あ、あのジャン・ルイがアンヌのもとにかけつけるときの、「ひとり事前予習」で考える呼び方ですね(笑)。
それがもとになっていたなんてビックリです!

わたしも昔アンヌと同じ髪型していたことあります(笑)。
ほんとにたくさんの人を惹きつける映画ですね♪
Commented by マリーのパパ at 2009-02-19 13:22 x
1990年だったと思います。フォードGT40を持っている、ロンドンのホーンさんの頼みで、アヌーク・エーメに電話で連絡を取った事があります。直接話をしたのは、マリーのママですけど。どうやってアヌーク・エーメの自宅の番号が分ったかって?それは、パリに居る私のフレンチコネクションの1人が教えてくれました。
Commented by songsforthejetset at 2009-02-19 19:49
え~!!!
それはすごいですね!!
マリーズさんお話なさったんですね。いいなあ。。
お年を重ねられてもお美しい方ですよね。
カトリーヌ・ドヌーヴとアヌーク・エメはわたしの憧れの2大フランス女優さんです。

それにしても、マリーのパパさんはすごいコネクションをお持ちなんですね。
なんだかだんだんすごい話になってきています。。
Commented by マリーのパパ at 2009-02-26 23:41 x
1983年にマリーズと一緒にシベリア経由でパリから日本へ戻った時、ハバロフスクからナホトカまで乗った汽車で同じコンパートメントになって知り合ったルーシー・ホーン、彼女が、親戚で凄いレーシングカーを持っているというロバート・ホーンさんを紹介してくれたんです。ロバートさんが、この「男と女」に出て来るフォード・フランスのGT40「シャシーナンバー1003」とフェラーリ512M、それにマクラーレンM8Dというレーシングカーを持っていて、このM8Dは、1970年にデニス・ハルムが乗ってCanAmレースで4勝してチャンピオンを取ったマシン。ルーシーと同じコンパートメントにならなかったら、ロバートさんとも知り合えなかったんです。でも、この話は、もっと続きがあるんです。「見えざる手に導かれて」という話です。詳しくは、会った時にでもお話します。
Commented by songsforthejetset at 2009-02-28 00:14
出会いですね~!まさに必然ですね。
コンパートメントってヨーロッパの列車ならではで、思わぬ方と知り合ったりするので、楽しいですよね。
夜行で一人だと心細いですが。。
またお話お聞かせください☆
Commented by shio at 2009-03-11 07:55 x
makiさま,はじめまして。shioと申します。
先日私もDVDでみた「男と女」,すてきな映画だったのでいろいろ検索しておりましたら,makiさまのブログにたどり着きました。
映画への愛情いっぱいに,詳細に綴られていて,とても楽しく読ませていただきました。
また,この映画がきっかけでモンテカルロラリーも観戦されたなんて,すばらしいですね!
すてきな記事をどうもありがとうございました。
Commented by songsforthejetset at 2009-03-12 00:00
こんにちわ、shioさん、コメントありがとうございます!
「男と女」で検索していただいて、見つけてくださったなんて、とっても嬉しいです!!
ほんとにいい映画ですよね。。

わたしは映画をみて感動したくらいなのですが、今回のラリーに出場された角地さんと吉田さんはすごいですよ!!
昔「男と女」を見て、それがきっかけで79年と80年のモンテカルロ・ラリーに出場されたのです。
憧れます~。

shioさんのブログに書かれていた、「ポワレとフォルチュニィ展」、わたしも気になっていました。
東京に行く機会がありますので、ぜひ行きたいです。
ご紹介ありがとうございました♪
Commented at 2013-11-30 00:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by songsforthejetset at 2013-12-03 18:51
>かりんさま
コメントをありがとうございます。
本当にいい映画ですよね。
何回見ても、画面構成やカット割などすべて完璧というか、完成度の高さに感動します。
見るたびに新しい発見がある映画です。
これからもずっと残っていってほしい作品です^^
<< 行ってきます! 吉田社長のF1とル・マンの写真... >>