聖路加第一画廊 牧 紀子 天然石ジュエリー作品展「ラ・プリマヴェーラ La Primavera」


c0089310_23245239.jpg


(左から)
1. ヴィーナスの誕生 Naissance de Venus(淡水真珠)
2. デビュタント debutante(マイカクォーツシスト、レモンクォーツ、トパーズ、チェコガラスビーズ、アクリルビーズ)
3. ジヴェルニーの庭で Les jardins de Giverny(チェコガラスビーズ、フローライト) 


聖路加第一画廊 牧 紀子 天然石ジュエリー作品展
「ラ・プリマヴェーラ La Primavera」

2018年3月26日(月)~3月31日(金)
 10:00~17:00(26日は12時から)
   
聖路加第一画廊
(東京都中央区明石町9-1 聖路加国際病院1F レストラン横)

今回のテーマは、「ラ・プリマヴェーラ La Primavera」。
イタリア語で「春」を意味する言葉です。
あたたかく、輝きに満ちた春の季節をイメージして、天然石やスワロフスキー、ガラスビーズなどで作品をつくりました。
どうぞご高覧くださいませ。

1. ヴィーナスの誕生 Naissance de Venus(淡水真珠)
2. デビュタント debutante(マイカクォーツシスト、レモンクォーツ、トパーズ、
               チェコガラスビーズ、アクリルビーズ)
3. ジヴェルニーの庭で Les jardins de Giverny(チェコガラスビーズ、フローライト) 


1. ヴィーナスの誕生 Naissance de Venus
ヴィーナスの誕生を描いた絵画はたくさんありますが、オルセー美術館のアレクサンドル・カバネルの絵がすごく好きです。
ころんとした大粒のしずく型の淡水真珠が、生まれたばかりのヴィーナスのように思えて、この作品をつくりました。

2. デビュタント debutante
デビュタントは、社交界にデビューする若い女性のこと。
この作品にはモデルにした方がいらっしゃるのですが、その方に初めてお会いした時の印象が"デビュタント"でした。
頬を染めた少女のような色合いのマイカクォーツシストをトップにつかっています。

3. ジヴェルニーの庭で Les jardins de Giverny
フランスのジヴェルニーにある、モネの旧宅。
その庭園の睡蓮の池をイメージした作品です。
憧れの場所。


今回のタイトル、「ラ・プリマヴェーラ La Primavera」は、恩田陸さんの「ライオンハート」という小説の中の「春」という章からいただきました。
ミレーの「春」という絵画を下敷きにしているお話で、描写がとても美しくて、この小説の中でいちばん好きな章です。

「ライオンハート」は、何度も生まれ変わりながら、それぞれの人生でほんの短い時間だけ出会う男女のお話。
以前知人にいただいて読んでから、とてもはまった小説で、折に触れなんとなく開いてしまう本です。

空に二重の虹。
花咲くりんごの樹。

春です。

作品展の会期中はお天気が良さそうなので、聖路加周辺の桜も見ごろだと思います♪
お時間ございましたらぜひお越しください^^




[PR]
by songsforthejetset | 2018-03-25 23:55 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)
<< 19時より、中央エフエム「Fu... 10年前のブログ記事に感じたこと >>