<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中央エフエム「Fun!Fun!Fun!」にて、映画「ホリデイ」のサントラをオンエア


中央区のコミュニティラジオ、中央エフエムの番組「Fun!Fun!Fun!」にて、映画「ホリデイ」のサントラをオンエアしていただけることになりました^^

わたしが大好きな映画で、クリスマスシーズンが舞台なので、この時期にぜひと思い、リクエストさせていただきました。

2006年の映画なので、もう11年も前になるんですね。。

この映画のケイト・ウィンスレット、キャメロン・ディアス、ジュード・ロウが大好きで、音楽とか、映像とか、なんだかいろんなところがとても好きな映画です。
ケイト・ウィンスレットが住んでいるイギリスの田舎のお家や風景も好き。

なにげない軽いラブストーリーなのですが、「再生」というテーマが爽やかに描かれていて、元気をもらえる映画です。
youtubeに予告編がありました。

映画全体の雰囲気がハッピーで、ナンシー・マイヤーズ監督作品の中でいちばん好き。
あとハンス・ジマーの音楽が軽やかで繊細で、映画とぴったりでまた良いのです!

どの曲も好きだけど、やっぱりメインタイトルに使われている「Maestro」とラストの「Cry」が大好き。

最初の曲「Maestro」は、映画にも登場する「この風が吹くと何かが起こる」というカリフォルニアの風、「サンタ・アナ」を思わせるような曲。
風とともに運命が展開して、希望とともに前に向かって歩き出すような曲です。

最後の曲「Cry」は、キャメロン・ディアスのとても素敵なラストシーンにつかわれている曲。
花が一気に開くようなときめきを感じる、ストリングスのパートがとても好き。

クリスマス前のひとときにぜひお聴きください^^

12月22日(金)19時~19時44分 中央エフエム「Fun!Fun!Fun!」
 映画「ホリデイ」サウンドトラック


おかげさまで、聖路加第二画廊の作品展、あと2日となりました。
毎日素敵な出会いをいただいていて、この場所で作品展をすることが、本当に自分にとって大きな意味を持っていると実感しています。

c0089310_23271719.jpg

病院は、日常から切り離されて、誰もが「命」の尊さを実感する場所。
たくさんの光を感じる場所。

日常へ戻っていく方の、華やいで、キラキラとした光。
人と人とがいたわり合う光。
希望を他の方へ届けようとする光。
生まれたての命の光。

そんな中で、自分が人の役に立てることがとても嬉しい。
作品を喜んでいただけることに、日々感謝しています。

c0089310_23282473.jpg
明日はどんな出会いがあるでしょうか。

窓の外の桜、枝にいっぱい「お花のもと」がついています。
とてもきれい。

c0089310_23320381.jpg

もういますでに、お花が桜の中ではできていて、その開花に必要なのが「冬の寒さ」なのだそう。

再生の春に向け、歩みを進めている桜。
四季折々の姿がとても愛おしい。

窓の外の風景からも、たくさんの光をいただいています。







[PR]
by songsforthejetset | 2017-12-20 23:48 | 芸術いろいろ | Comments(0)

聖路加第二画廊 牧 紀子 天然石ジュエリー作品展「Twinkle, twinkle 輝く星に」


c0089310_05535588.jpg

(左上から時計回りに)
1. サン・ピエトロの光の鳩(ガーネット、淡水真珠) 
2. 木星の水(スワロフスキー、チェコガラスビーズ)
3. 2017年前の夜空に(バイオタイト、淡水真珠)
4. 彗星のイオンテイル(スワロフスキー、クラックオーラクォーツ) 
5. シューメーカー・レヴィ彗星の夢(スワロフスキー、アクアマリン) 
6. 貴婦人と一角獣のロザリオ・ユニコーン(淡水真珠)
7. グランドトレース(カットガラスビーズ)
8. フォーマルハウトの女神(スワロフスキー)


聖路加第二画廊 牧 紀子 天然石ジュエリー作品展
「Twinkle, twinkle 輝く星に」

2017年12月18日(月)~12月22日(金)※23は休
 10:00~17:00(18日は12時から)
   
(東京都中央区明石町9-1 聖路加国際病院 旧館2F 形成外科横)

今回のテーマは、「Twinkle, twinkle 輝く星に」。
遠い昔から私たちを見つめている、夜空に輝く美しい星。
星は希望の象徴であり、未来への道標でもありました。
聖夜に輝く星たちをイメージして、天然石やスワロフスキー、
ガラスビーズなどで作品をつくりました。
どうぞご高覧くださいませ。


あっという間に年末、早いものですね。
先月の八丈島の作品展の模様も書かなくてはと思いつつ、来週の作品展のお知らせです。

今回は大好きな星をテーマにしてみました。
さっくり作品解説。

1. サン・ピエトロの光の鳩
ローマのバチカン市国にあるサン・ピエトロ寺院の後陣(教会の一番奥)にある、鳩のステンドグラス。
荘厳かつ豪華な教会の中でもひときわ明るく、星のように輝いています。
トップにつかっている飾りを見たときに、このステンドグラスを思い出しました。

2. 木星の水
5の作品のテーマにもなっている、シューメーカー・レヴィ彗星。
1994年に木星に衝突したことで有名なのですが、この彗星が衝突したことで、木星に水がもたらされたのだそう。
彗星が運んだ、木星の大気の中の水をイメージしました。

3. 2017年前の夜空に
イエス・キリストがベツレヘムに誕生した時、その夜空には誰も見たことがないような明るく大きな星が輝いたと言われています。
「ベツレヘムの星」と呼ばれるこの星は、通常8つの角がある星の形で表され、クリスマスツリーのてっぺんの星の飾りも、このお話にちなんだもの。
星のような模様のあるパーツをつかって、2017年前のクリスマスのベツレヘムの夜空と、そこに輝く星をイメージしました。

4. 彗星のイオンテイル
ハレー彗星やへール・ボップ彗星など、彗星というと長い尾を引いているイメージがあります。
彗星は水と塵でできていて、太陽に近づくと表面が融け、尾ができるのだそう。
成分が煙のようになったダストテイルと、表面のガスがイオン化してできるイオンテイル。
虹のような輝きのスワロフスキーを、彗星のイオンテイルに見立てました。

5. シューメーカー・レヴィ彗星の夢
1993年に発見されて、翌年7月に木星に衝突したシューメーカー・レヴィ彗星(正確にはシューメーカー・レヴィ第9彗星)。
星と星が衝突するというのはとても大きなニュースで、その模様は世界各地で観測されました。
シューメーカー・レヴィ彗星の衝突によって、木星には水がもたらされたのだそう。
木星の中で形を変えて、まどろんでいるような彗星の魂をイメージしました。

6. 貴婦人と一角獣のロザリオ・ユニコーン
大好きな作品「貴婦人と一角獣」。
15世紀末にフランドルで製作されたと言われている美しいタペストリーです。
赤い地に草花やウサギ、鳥などの小動物が一面に広がっている世界は、小宇宙とも呼ばれています。
前回の作品展では、赤いガーネットを使った「貴婦人」のイメージのロザリオをつくりました。
今回は白い淡水真珠をつかった「ユニコーン」のイメージです。

7. グランドトレース
地球を周回している人工衛星などの軌道を地図上に表すと、波型にうねった軌跡になり、グランドトレース(地上軌跡)と呼ばれます。
キラキラ輝くカットガラスのビーズが描く曲線が、地上から眺める衛星の軌道のように思えて、作品をつくりました。

8. フォーマルハウトの女神
みなみのうお座にある一等星、フォーマルハウト。
秋の南の空低くに輝くことから、「南の一つ星」「秋の一つ星」とも呼ばれています。
ギリシャのエレシウスでは、ギリシャ神話の豊穣の女神・デーメーテールを表すとして崇拝されていたのだそう。
大きく輝くフォーマルハウトの光と、豊穣を表す麦の穂をイメージして作品をつくりました。


星の世界は奥深くて、たくさんのインスピレーションを与えてくれます。
自分のまわりのいろいろなものともつながっている。
そんな思いで作品をつくりました。

お時間ございましたらぜひお越しください^^






[PR]
by songsforthejetset | 2017-12-13 07:39 | アクセサリー・Lumiere | Comments(0)